1. サイトTOP>
  2. ゴミの日を忘れても“曜日クエスト”は忘れるな 『FF レコードキーパー』プレイリポート(3)

ゴミの日を忘れても“曜日クエスト”は忘れるな 『FF レコードキーパー』プレイリポート(3)

2014-10-23 13:40 投稿

プレイリポート第3回:育てて勝つ! それがナンバーワンへの道

スクウェア・エニックスとDeNAがタッグを組んで放つ、iPhone、Android向けのRPG『ファイナルファンタジー レコードキーパー』。そのすべてがヒット作という、歴代シリーズ作品の世界を舞台に、おなじみのキャラクターを育てたり、装備やアビリティを集め、強化していくのだ。今回のプレイリポートでは、“曜日イベント”を中心に、育成には欠かせないさまざまな要素を紹介する。


[関連記事]
※うろ覚えの記憶はケガのもと! 『FF レコードキーパー』プレイリポート(2)
※30代完全ノックアウトの神仕様! 『FF レコードキーパー』プレイリポート(1)

本作のクエストには、攻略の目安となるものが表示されているものが多い。通常のワールド/ダンジョンであれば“難易度○”曜日イベントのダンジョンであれば“初級”、“中級”といった具合だ。

もっとも、ある程度ゲームが進むと、レベルだけでなく装備やアビリティの強さもモノを言うようになるため、難易度=レベルとはならないのだが……。

0102
▲通常のワールドのダンジョンには“難易度”、曜日イベントのダンジョンには“級”などの形でわかりやすく目安がある。

やり込みがメインとなる本作のようなゲームでは、こういった目安があると「ここまで育てればいいのか」と目標ができるので、非常にやりやすい。

だがしかし! やりやすくはなっているのだが、育成そのものはなかなか骨の折れる作業であり、できればラクをしたいというのが人情である。とくに、年を取ると肩こりや眼精疲労といったゲーム外の困難も待ち受けていたりするので、効率のよし悪しは死活問題なのだ。

というわけで、まずは効率のいい育成にはもってこいの“曜日イベント”に注目してみたいと思う。

03

ゲーム内にもリンクが貼られている、公式Wikiなどにも書いてあるのだが、曜日イベントは以下のようなローテーションで開催されている。

~曜日イベントの内容~

●月曜日 黒魔法の塔……黒のオーブが出やすい

●火曜日 白魔法の神殿……白のオーブが出やすい

●水曜日 武器の鍛冶町……武器やヒヒイロカネ(合成用素材)が出やすい

●木曜日 防具商の沈没船……防具屋アダマンタイト(合成用素材)が出やすい

●金曜日 属性の空洞……各属性(炎、氷、雷、地、風)のオーブが出やすい

●土曜日 力の戦場……力のオーブが出やすい / ギルの洞窟……ギルを大量に獲得可能

●日曜日 ギルの洞窟……ギルを大量に獲得可能 / 経験の砂漠……経験値を大量に獲得可能

序盤でとくに重要な曜日はどれ?

このなかで、序盤とくに重要なのが水・木・土・日の各ダンジョン

週末にギルを稼ぎ、それを元手に水・木でゲットした素材を使って装備を強化する……というのが、装備強化の最短ルートである。もちろん、そのためには強化すべき武器や防具もどこかで手に入れなければならないのだが。

ちなみに、合成用素材を使った場合とそうでない場合では、かかるコストと素材の量にかなりの差が出てくる。

たとえば、☆3つの装備をレベル1から強化しようと思ったら、☆1のアイテムを素材とすると、最大の10個を投入してもレベルは4までしか上がらず、レベル10まで上げようと思っても、さらにその3倍以上の素材とコストが必要となってしまう。しかし、ヒヒイロカネやアダマンタイトを10個使えば、☆1の極小素材でもほぼ最大まで上がるのだ。足りないぶんは、☆1のアイテム4つくらいでオーケー。

0405
▲通常の素材と合成用素材では、経験値効率に大きな差がある。ちなみに、合成用素材はダンジョンひとつにつきだいたい2、3個くらい手に入る。

また、日曜日の“経験の砂漠”では、クリアーすると同じスタミナ(5)を消費する通常のダンジョンの2倍~3倍ほどの経験値が入るため、レベル上げには欠かせないと言っていい。新しくキャラクターが加入して、急いで育成したいときなど、高レベルのキャラクター4人のパーティーに入れて経験の砂漠をプレイすれば、あっという間にレベル20くらいには到達可能である。

これは美味しい、あまりにも美味しい。日常生活でも、これだけ美味しい結果が得られるのなら喜んで過ごせるのに! 同じなのは、日々の内容が毎週ルーティーンになっていることだけである。

そんな毎日を脱出するなら、“すっぴん=無職”になるという道もあるにはあるが……。ジョブチェンジ(転職)は、そんな簡単なものではないのだ。がっくし。

0607
▲新加入のキャラクターは、強力な仲間の力を借りて育てよう。ほかのプレイヤー頼みではないので、これは“寄生”ではない。念のため。

曜日イベントのダンジョンでの攻略の目安(あくまで筆者の個人的な主観)だが、中級はパーティーの平均レベルが15以上(HP1000以上)で、☆3以上の武器を持った前衛向けのキャラクターが3人いると、とりあえずクリアーは可能になると考えていい。

これが上級になると、HP2000以上、攻撃力120くらいのキャラクターが3人は必要となる。それだけに、見返りもかなり大きいのだが、パーティーの平均レベルが40に到達していてもなお難しいほどなので、気合を入れて挑むといい。

08
▲上級は、敵の攻撃によるダメージがとてつもなく痛い。戦力が整うまでは、ダンジョンひとつクリアーしてアイテムや経験値を稼いで撤退するくらいでいい。

筆者のパーティーは平均レベルが30くらい。装備品も全員☆3~4で揃えているが、それでもなお上級はきびしいほどである。一方、このくらいになると中級は楽勝。オートバトルで放っておいても十分なくらいだ。期間限定イベントでは、最初の“闇を切り裂く光”では最後の暗黒騎士には到達(ただし倒せず)し、“神羅の野望と再誕せし伝説”ではそれほど苦労せずにクリアーして、セフィロスもゲットできた。

毎日ログインしつつ、各ダンジョンをこまめにクリアーしていれば、相当量のミスリルが手に入るので、それを使ってレア装備召喚をしていれば、☆3~4くらいの装備は自然と揃っていく。もし、イベントダンジョンなどで先に進めず「詰んだ~!」と嘆いているなら、まずはそういったところからコツコツ積み重ね、先の曜日イベントで手に入れた素材やギルを使ってパーティーを強化していくことをオススメする。

09
▲コツコツプレイしていれば、ミスリルはけっこうアッサリ貯まっていく。自分磨きは面倒くさくても、ゲームならやれるはずである(経験者は語る)。

なお、(小)までのオーブが欲しい人は、曜日イベントのほか、ワールドの『VI』のフィガロ城などがオススメ。手ごろな難易度ながらオーブのドロップ率が高く、しかも曜日イベントでは出にくい“聖”や“闇”のオーブもボロボロと出てくる。とくに“ケアルラ”習得に使える聖のオーブの存在はデカい。ケアルラが使えるかどうかは本作の難易度を大きく左右する要素なので、オーブを集めるなら、曜日を問わず通常のダンジョンに挑もう。

10
▲ダンジョンの数や手に入るオーブなど、ゲーム前半戦ではかなりお世話になることになるフィガロ城。ほかにも、『IV』のバロン城も必要なスタミナが少なくてオススメ。

ちなみに、筆者は溜め込んだミスリルを使って装備召喚をしまくったのだが、なぜか10回以上引いて防具が1個も出ないという奇跡を起こしてしまった……。☆4の武器が余っているのに、防御は進化させた元☆2がほとんどで、上級に挑むには非常に心もとない状態である。育成プランは完璧だったのだが……。世の中、そんな人もいる。皆さんも、元気を出して日々の育成に励んでいただきたい。

※『ファイナルファンタジー レコードキーパー』公式サイトはこちら

ファイナルファンタジー レコードキーパー

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス/ディー・エヌ・エー
配信日
配信中
価格
アイテム課金制
対応機種
iOS6.0、Android2.3以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧