1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. バーコードフットボーラー>
  4. 【(新)BFB攻略ガイド】第2回:『BFB』といえはコレは外せない! 定例ランキングイベント“代表戦”に挑め!

【(新)BFB攻略ガイド】第2回:『BFB』といえはコレは外せない! 定例ランキングイベント“代表戦”に挑め!

2013-08-23 21:00 投稿

『BFB』の祭典、代表戦が間もなく開幕!

2012年末に配信されたiPhone版とAndroid版を合わせて80万ユーザーを突破した、サイバードの本格サッカーシミュレーション『バーコードフットボーラー』(以下、『BFB』)。この夏には待望のAndroid版の配信が始まり、新規ユーザーを増やしながら熱く再燃中! 装いも新たに“(新)BFB攻略ガイド”と銘打った攻略連載第2回では、『BFB』を代表する大型イベント“代表戦”で勝利するヒケツをお届けしよう。

[関連記事]
※【バーコードフットボーラーまとめ】攻略&関連情報まとめページはこちら

代表戦とは、全プレイヤーを対象にした『BFB』最大の定例イベント。ホームタウンから勝ち上がり、日本代表を目指して4つのフェーズを戦い抜く。フェーズの勝敗判定は規定試合数をこなして得られた勝点で決まり、勝ち進むにつれて徐々に狭き門になっていく。だが、晴れて最終フェーズまで勝ち残り、好成績を修めれば超豪華な褒賞をゲットできる。

Andorid版で開催される記念すべき第1回代表戦の日程は、8月29日から4日間。これまでには前哨戦に当たる“プレ代表戦”が2回開催されたが、今回がいよいよ本番! 基本的な流れは同じだが、試合コストが-5になっていたり、ルールが異なる部分もあるのでしっかりチェック!

第1回代表戦のルール

参加資格:開催日の20日前の00:00:00~開催1時間までにゲームをプレイし、事前に参加登録を行ったレベル2以上のチーム
フォーマット:無制限代表戦(クラブレベル不問、すべての選手を自由に選べる)
勝点:勝利+3/引き分け+1/敗北±0
試合コスト:-5

 

第1フェーズ ホームタウン代表戦

開催期間
:2013年8月29日(木)12:00~22:59
試合数:最大60試合
ルール:市町村別に、20チームが1グループとしてマッチングされる。開催期間に最大60試合をこなし、上位8チームが第2フェーズへ進出。
通過褒賞(第1~8位):ゴールドガチャチケット×2、スタミナドリンク×2
参加褒賞(第9~20位):マイゴールドガチャチケット×1、マイスタミナドリンク×3、マイトレーニングサプリ×3

 


第2フェーズ 都道府県代表戦

開催期間:2013年8月30日(金)12:00~22:59
試合数:最大60試合
ルール:第1フェーズを勝ち抜いた、都道府県の20チームが1グループとしてマッチングされる。開催期間に試合をこなし、上位5チームが第3フェーズへ進出。
通過褒賞(第1~5位):ゴールドガチャチケット×2、スタミナドリンク×5
参加褒賞(第6~10位):マイゴールドガチャチケット×1、マイスタミナドリンク×3、マイトレーニングサプリ×3
参加褒賞(第11~20位):マイゴールドガチャチケット×1、マイスタミナドリンク×2、マイトレーニングサプリ×2

 

第3フェーズ 地域代表戦

開催期間:2013年8月31日(土)6:00~22:59
試合数:最大80試合
ルール:第2フェーズを勝ち抜いた、北海道・東北、関東、中部などの地域別に分かれた10チームが1グループとしてマッチングされる。開催期間に試合をこなし、上位4チームが第4フェーズへ進出。
通過褒賞(第1~4位):ゴールドガチャチケット×2、スタミナドリンク×5
参加褒賞(第5~7位):マイゴールドガチャチケット×2、マイスタミナドリンク×3、マイトレーニングサプリ×3
参加褒賞(第8~10位):マイゴールドガチャチケット×1、マイスタミナドリンク×2、マイトレーニングサプリ×2

 

第4フェーズ 日本代表戦

開催期間:2013年9月1日(日)6:00~22:59
試合数:最大100試合
ルール:第3フェーズを勝ち抜いたチームが同じグループとしてマッチングされる最終戦。開催期間に試合をこなし、ランキング上位を目指して競い合う。
勝利褒賞(第1~50位)特別選手([L]ベラドーナ)、ブラック×ゴールドユニフォーム、アスレタ杯優勝ユニフォーム、アスレタ杯入賞ユニフォーム、ゴールドガチャチケット×2、スタミナドリンク×5、トレーニングサプリ×5
勝利褒賞(第51~200位)特別選手([Y]ベラドーナ)、アスレタ杯入賞ユニフォーム、ゴールドガチャチケット×2、スタミナドリンク×4、トレーニングサプリ×4
キリ番賞(第250、300、350、400、450、500位):特別選手([Y]ベラドーナ)、アスレタ杯入賞ユニフォーム、ゴールドガチャチケット×1、スタミナドリンク×3、トレーニングサプリ×3、マイゴールドガチャチケット×1、マイスタミナドリンク×3、マイトレーニングサプリ×3

▲ベラドーナにつく[L]はレジェンド、[Y]はヤングの略。両選手ともに★7となっている。[L]ベラドーナのほうがポテンシャルは高いが、どちらにしても強力! 即戦力間違いなしだ。

 

▲勝利すればするほど褒賞は追加されていく。仮にフェーズ1で敗れても参加褒賞はもらえるので、気軽に参加してみよう!

 

代表戦で勝利するためのコツ

ここからは、代表戦で好成績を残すために有効な知識や攻略情報を解説していこう。とはいっても、やはり重要なのは基礎。日々の練習と試合をしっかりこなしていれば、相応の実力はついてくるはず。

また、(マイ)ゴールドガチャチケットでのゴールドガチャ、クラブマネーでのシルバーガチャは積極的に引いて、ポテンシャルの高い選手をより早く、より多く獲得することも大切だ。チケットがもらえる機会は多いので、溜め込まずにどんどん使っていこう。また、試合コストを回復するマイ)スタミナドリンクは、代表戦でフルに試合をこなすのであればあったほうが便利。ふだんは多用しすぎず、代表戦のために温存しておこう。

▲チケットを残しておいてもあまり意味はない。ドンドン引いて、いい選手が来たらスタメン入りさせて鍛えよう。

 

[1]日々精進! 練習やリーグやしっかりこなす!

代表戦で好成績を収めるには、より多くの勝点を得る必要がある。消化できる試合数は60~100試合と多いものの、上限が決まっている以上、やはり大事なのは勝率だ。勝率を高めるためには、日々の練習やリーグをしっかりこなしつつ、プレイヤーと選手のレベルをともに上げることが大事。

とくに練習は重要なメニューで、全体練習で習得したフォーメーションの数が増えれば、相手のフォーメーションや選手に合わせた采配も取りやすくなる。個人練習もひとりの選手を集中して鍛えられるので、手に入れたのが遅い選手の集中特訓などに役立つ。

▲クラブレベルレベルが上がるほど、(マイ)スタミナドリンク1本でこなせる試合の数も増える。

 


▲本日から8月26日(月)までは、経験値2倍キャンペーンを開催中! 代表戦に備えて、欠かさず利用しよう。

 

 

[2]ちょっと待って! パラメータの割り振りについて

選手のレベルが上がるとポーナスポイントがもらえ、好きなパラメータを強化できる。この割り振りは地味だが非常に重要だ。ポジションや選手の特性によってベストな割り振りは変わってくるが、最初に判断材料にしたいのが戦術力(黄色字)の対象になっているかどうかだ。というのも、チームの総合力を示す“チーム力”は、選手力と戦術力の合計で決まるため、戦術力がアップするということは、チーム力がより大きく上がることにつながるのだ。

どのパラメーターに戦術力が影響をおよぼすかは、フォーメーションとポジションで決まる。メインに使うフォーメーションと、起用する選手のポジション(FW、MF等の区分ではなく、センター、サイド等)が確定したら、戦術力パラメータを中心に割り振っていこう。逆に言えば、そこが決まらないうちは、不用意に割り振らないほうがいいかもしれない。ただし、戦術力パラメーターに割り振っても上がらない場合もあれば、逆に1ポイントの割り振りで2ポイント以上上がることもある。

さらに例外として、戦術理解(およびスタミナ)が黄数字になることはないが、ここに割り振ると戦術力ボーナスが高くなり、チーム力がアップしやすい。このあたりは複雑な計算式が絡んでいるようだが、総合すると、“スタメン起用時に黄色くなるパラメーター(および戦術理解)を中心に割り振ると、チーム力が上がりやすい”と覚えておこう。なお、各パラメータが持つ意味は、こちらを参照してほしい。スキルも併せてチェック!

 

▲フォーメーションやポジションを変更すると、戦術力も変化することがある。こまめに組み替え、ベストポジションを探し出せ!

 

▲ベンチやリザーブの選手はスタメン起用すれば確認できるが、あえて割り振らずに放置しておくのも手だ。

 

 

▲代表戦の試合前には対戦相手のフォーメーションもチェックできる。相手のフォーメーションに合わせて自分のフォーメーションを変更しよう。

 

[3]絆の力が強さに! フレンドをたくさん作ろう

代表戦のベンチ選手は、直近でインしたフレンドが持っている、最もレベルの高い選手がが選ばれるのが原則。ただし、代表戦メニューには“フレンド応援要請”のタグがあり、ここをタッチするとレンタル対象にするかどうかをフレンドごとに設定できる。

逆に自分が派遣する選手ひとりを設定する“派遣選手選択”もある。フレンドとコミュニケーションを取りつつ、この便利機能を活用していこう。いずれにせよ、フレンドをたくさん作ることは、ベンチ選手の選択肢を増やすことにつながる。気になるプレイヤーがいたら、どんどんフレンド申請を送ってみよう。

▲フレンドの選手には白いオーラがつく。欲しいポジションがある場合は、事前に伝えておこう。

 

代表戦に勝つために、強いチームを作ろう!

最後に、より具体性のある攻略情報として強いチームを作るためのポイントをお届けしておこう。強いチームを作る際は、“相手ゴールに近いポジションから選手を配置していく”という考えかたを基本にして、以下の4ステップを踏んで挑戦してみよう。

 

STEP1 FWの中からストライカー候補を決める

まず最初に、もっとも点を取るエースストライカー候補のFWをチョイス。パラメータとスキルが、以下の条件を満たしている選手がいるかを探してみよう。

エースストライカーの条件
  • 【A】キック、ヘディング、スピード、タフネス、決定力のすべてがまんべんなく高い→センターフォワードタイプ
  • 【B】キック、ヘディング、スピード、タフネスはそこまで高くないが、決定力がきわめて高い点取り屋タイプ
  • 【C】コントロールシュート、スーパーヘディングのどちらかのスキルを所持しており、スキルレベルが3以上

 

ここでA+C、またはB+Cを満たしている選手がいれば、STEP2に進もう。

 

STEP2 FWの人数を決める

非常に基本的なことだが、サッカーのフォーメーションを示す数字は、DF→MF→FWの順に並んでいる。4-2-3-1ならFWはひとり(ワントップ)、4-3-1-2であればふたり(ツートップ)、4-1-2-3ならば3人(スリートップ)だ。このことを踏まえたうえで、以下の条件でフォワード人数を決めよう。これで、フォーメーションの候補が絞られることになる。

STEP1を考慮したFWの人数配分の仕かた
  • ①STEP1の条件を満たす選手の人数がひとり
    ワントップ
  • ②STEP1の条件を満たす選手の人数が複数 or ストライカーがAで、別にスピードが高いFWがいる
    ツートップ
  • →利点:ストライカーが競り合いで落としたボールを拾える
  • ③ストライカーが①で、別にスピードとアシストの高いFWがいる
  • ストライカーをセンターに置くスリートップ
    →利点:左右からのクロスボールにストライカーがヘディングを合わせやすい
  • ④ストライカーがAで、別にBもいる
    ツートップ
    →利点:タイプの違うFWのツートップで得点機会を増やす
  • ⑤ストライカーがBで、別にAもいる
    ツートップ
    →利点:クロスボールにヘディングを合わせられないのを補う


▲4-4-2のフォーメーション。ツートップの例だ。

 

STEP3 MFの人数と候補を決める

MFも、ストライカーとのコンビネーションを考えて選択する。

STEP1を考慮したMFの配置方法
  • 【ストライカーがAの場合】
    4-4-2や3-4-3など、サイドハーフのあるフォーメーションを選ぶ
    利点:アーリークロスにストライカーがヘディングを合わせられる
  • トップ下にスピードの高いMFを置く
    →4-4-1-1にする(トップ下の選手のスピード値に高い戦術ポイントがつく)
    利点:Aが競り落としたボールを拾える
  • 【ストライカーがBの場合】
    アシストが高く、キラーパスを持ったMFを中央に集める
    →4-3-X-Xなど、センターハーフに3人並ぶフォーメーションにする。
    利点:3人ともアシストが高い場合、スルーパスで得点する機会が増える。なお、4-2-3-1や3-2-3-2など、2列目に集めても同様の効果がある

 

 

STEP4 DFの人数を決める

センターバック、サイドバックのどちらに能力の高い選手が多くいるかで選択するといいが、相手チームに合わせてスリーバックとフォーバックを切り替えるのがべストだ。

エースストライカーの条件
  • 対策例1)相手チームのFWが⑦のスリートップの場合
    フォーバックにして、左右にスピードの高いサイドバックを置く
  • 対策例2)相手チームのストライカーがAの場合
    タフネスとヘディングの高いセンターバックを置く
  • 対策例3)相手チームのストライカーがBの場合
    ディフェンスが高く、スーパークリアを持ったストッパーを置く


代表戦は定期的に開催されることが決まっており、すでに第2回代表戦のフォーマットも発表されている。末永く付き合っていくことになるイベントなので、毎回積極的に参加して、好成績を残せるように高みを目指してみよう!

 

▲第2回代表戦はバーコード選手限定のバーコード杯! 今ならまだ名付け親になれる可能性もある。今のうちから、バーコード選手をガシガシ作っておくといい。

バーコードフットボーラー

メーカー
サイバード
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4、iPhone4S、iPhone5、iPad2、iPad(第3世代)、iPad(第4世代)、 iPad mini  / 対象OSバージョン: iOS 4.3以降   Android 4.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧