1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『薄桜鬼』の真のトキメキは日常でこそ感じられる!

【注目アプリレビュー】『薄桜鬼』の真のトキメキは日常でこそ感じられる!

2013-05-16 11:00 投稿

●日常にあるトキメキで心をあたためませんか?

いきなりですが私たちの日常は、そうそう剣を握って戦ったりするような事件は起こりませんよね。真のトキメキは、日常で感じ取るものではないでしょうかっ! ……と、ライター岩崎ちょっとアツくなってしまいました。久しぶりに乙女ゲームのレビューなので、気合いがボーダーを超えているようです。今回ご紹介するタイトルは、『薄桜鬼 懐古録』です。多くの女性を泣かせた人気タイトル『薄桜鬼 ~新選組奇譚~』のファンに向けたアナザーストーリー。新選組隊士との日常が語られています。あたたかい、だけどちょっと切ない気持ちを味わってください。

 

●たまにはみんなでお茶でも飲みましょう

本作は、お話が数巻にわかれています。まずは序巻からプレイしてみましょう。何事もない、ごくふつうの一日。掃除の最中、主人公は山崎さんに呼び止められます。彼はこれまでの、新選組の活動や隊士たちの記録をつけようとしているとのこと。そういうことであれば、集まって話すのがいちばん早い! ということで、お茶を飲みながら思い出話をすることになりました。

▲指1本タッチで進む、1本長押しで自動進行、2本タッチでメニュー呼び出し……など、操作がものすごくスムーズです!
▲記録をつけるために、思い出話で過去を振り返るという形式で、本作は進んでいきます。
▲お茶を飲みながら話を……ということに。
 
▲続々とみんなが集まってきました。この雰囲気、つい目が細くなりますね。

こうやってみんなが集まり、お茶を飲みながらゆっくり話をするなんて、珍しいこと。主人公は、平助君や原田さんの手を借りて、お茶の用意をしました。穏やかで貴重な日常が始まります。

▲ここからは、あらすじを参考に遊びたい巻から購入することができます。
▲私は順番通り派ですので、巻ノ一を選びました。
▲読み進めると、ときどき選択肢が出現します。
▲それぞれ、別のお話に繋がっていますので、ぜひすべて読んでください!

巻ノ一は、主人公が屯所で暮らすようになってから数ヵ月のころのことが語られます。ただ居るだけというのも申し訳なく思った主人公は、屯所の手伝いを始めます。そんな主人公の様子を見守る隊士たちは……。まだ完全に打ち解けていない、手探りでお互いを理解しようとしている主人公と隊士たちが初々しいです!

▲俺の部屋へ来い? いきなり大胆なシーンが出て来ました! ええ行きます、行きますとも。
▲まだ信頼が得られず、外出を許されない主人公。そんなとき、沖田さんが主人公を、意外な場所に連れ出します。意外な一面が見られますよ!
▲巻ノ二では、池田屋襲撃の裏側を見てみましょう。
▲原田さんを追うと、秘められていた命を巡るドラマが展開されます。

●読み物以外のコンテンツでもドキドキ!

読み進める合間に、ぜひ動画や人物紹介といったコンテンツも楽しんでください。こちらは、メニュー画面から無料でいつでも見ることができます。人物紹介を眺めているだけで、かなり長い時間ニヤニヤできると思いますよ!

▲オープニング、クレジットムービーは吉岡亜衣加さんによる歌が流れます。私はダウンロード以来、毎日再生しています!
▲人物紹介では、サンプルボイスの試聴もできます! しかもこのサンプルボイス、セリフが甘~い。再生ボタンを連打です!
▲一巻クリアするごとに、懐古絵図に隊士が一人ずつ現れます。もちろん、全巻クリアすると全員揃うとのこと。全員揃った画像はそのまま、隊士たちとの思い出の証ですね。

分岐でいくつかのお話が読めるうえに、全編フルボイスですから、一巻でたっぷり楽しめますよ。本作とはぜひ、長いお付き合いをしてください。ゆっくり、隊士たちと思い出を振り返り、気がついたら懐古絵図が賑やかになっていた……という遊びかたをしていただきたいです!

薄桜鬼 懐古録

メーカー
アイディアファクトリー
配信日
配信中
価格
序章無料、各話350円[税込]
対応機種
iOS4.3以降/AndroidOS2.3以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧