1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第148回『ラフロイグを迎撃せよ!(その1)』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第148回『ラフロイグを迎撃せよ!(その1)』

2013-03-08 13:39 投稿

【ファミ通Appアプリ配信中】
こっちのほうが見やすいよ!

iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●ラフロイグを迎撃せよ!(その1)

あらゆるスペシャルダンジョンで失敗をくり返し、将来有望なモンスターをことごとく取り逃がしてきた実績を誇る(?)ワタクシ、大塚角満。いつもそれをネタとして記事にしているわけだが、内心、四十男のガラスハートにはピシピシとヒビが入り、毎夜ふとんの中で「ボ、ボクだってやればできるんだぞ……!>< 本気出せばスゴイんだぞ(ρ_;)」と涙を流しながら、割れた心の修復に勤しんでいるのである(……って、言うほど傷ついてはいない)。

そんな俺ではあったが、「こいつらだけは意地でも、全モンスター揃えてみたい!!」と思ったシリーズがある。それが、この正月から絶賛襲来中のドラゴン、“歴龍”シリーズだ。これまでに火の歴龍・アードベッグ、水の歴龍・ボウモア、木の歴龍・ラガヴーリンが現れて、全国900万の地球防衛軍(パズドラーのことね)とガチンコバトルをくり広げた。そして現在(3月8)、4番目の刺客である“光の歴龍・ラフロイグ”がスペシャルダンジョンで暴れまくっている。……そう、またまた地球防衛軍の出番がやってきたというわけだ!

かくいう俺も、地球防衛軍の一員である。これまでの歴龍どもはマニフェスト(?)通り、すべて討伐&捕獲に成功し、モンスターボックスにぶち込んである(地獄級に挑んでいないのはナイショ)。となればもちろん、ラフロイグも飲み尽くしてやらねばならない。

ちなみにラフロイグとは、スコットランドのアイラ島で作られているシングルモルトウィスキーの名前だ。アードベッグやボウモア、ラガヴーリンよりもポピュラーなので、下戸(げこ)や未成年の方々でも聞いたことがあるのではなかろうか。バーにいけばほぼ間違いなく置いてあるので、俺もよく飲む銘柄のひとつ。非常にスモーキーかつ繊細な味わいで、ホレたら最後、「ウィスキーはラフロイグばっかでいい!」と虜にされること請け合いである。

そんなラフロイグがドラゴンに姿を変えて襲ってきたのだ。ここはしっかりとフンドシを締めて、本気で迎え撃ってやろうではないか。

しかし、ここで問題となるのが我が軍のモンスターたちである。“光の歴龍”ってくらいだから、ラフロイグはおそらく、光属性なのだろう(あたりめーだ)。となれば、彼(彼女?)が棲まうこのダンジョンは光属性モンスターの巣窟であることはわかりきった話で、それに対抗するには反発属性の“闇軍団”を結成するのがいちばんいい。そんなことは、いかな俺でも十分に承知しているのである。

では何が問題なのか? 殿堂(社員食堂)でころもだらけのジャンボチキンカツを頬張りながら、俺はため息をついた。

「はぁ~……。ラフロイグ討伐に行きたいんだけど、俺、闇属性はロクなモンスターがいないんだわ……」

すると、ざるそば+おにぎり+かき揚げ天ぷらという“オリジナル目黒定食”なるものをむさぼり食っていた中目黒目黒は、「……いや、ロクなのいないのは闇だけじゃないような……www」と聞き捨てならないことを言い、続けてこんな質問をしてきた。

「ちなみに、いまいる最強の闇属性モンスターってどれですか?」

俺、「………………」と三点リーダーを6つほど飛び出させたあと、黙って↓この画面を目黒に見せた。

目黒、思わずソバを吹き出しそうになる。

「デタ!!!!www 素材!!!wwww ……いや確かに虹の番人は優秀ですけど、ほかになんかいないんすか?www」

そう言われても、いないものはいないのだからしかたがない。……いや、メンツ的にはそれなりのモンスターがいるにはいるのだけど……。俺、モジモジしながら目黒に言う。

「こ、こんなことになるんだったら、ヘラとロキとヨミとヴァンパイアロードとデスピナスを育てておくんだった……><」

目黒が「ぷぷぷ!www」と吹き出した。

「いつも同じこと言ってるじゃないっすかww 火のダンジョンを前にして“プレシオスとアルデバランとニライカナイを育てときゃよかった><”って言ってたし、木のダンジョンに挑む前には“ティラノスとイフリートとエルドラドとエキドナに力を注ぐべきだった><”って泣いてたしwwww」

俺は二の句が継げなくなり、闇雲にチキンカツを口に放り込んだ。

しかし、いまさら悔やんでも仕方がないのだ。ない袖は振れない以上、現有戦力でどうにか対抗するしかないのである。

今回の“光の歴龍”というダンジョンは、サブタイトルに“水木闇3色限定”とある通り、ドロップはこの3色+回復しか落ちてこないようだ。てことは、ダメージ減用にライトニングホーリードラゴンや慈愛神・コスモスヴィーナスを連れて行っても、彼らはいっさい攻撃してくれないということになる。

「うーん、なるほど」

俺はひとりごちた。「……まあ俺、ライトニングホーリードラゴンもヴィーナスも持ってないけどナ」

戦力が少ない人間は、悩み事も少なくていい。

しかしこれは弱ったぞ。どんなパーティーを作ったら、光の歴龍の超級以上に対抗することができるんだ??

……と、長くなりそうなので、ここで区切ろうと思います。続きは、光の歴龍が去ってから書くことになりそうですが(苦笑)。

……というのも、じつは今週末から2週間ほど、失禁しそうなほど仕事が立て込んでしまいまして、プレイ日記を書く時間を捻出できなそうなのです。もちろん、隙あらば書いて更新したいのですが、これまでのようなペースは不可能かなと……。

なんて言いつつ順調に更新されていたら「なんだ。忙しいアピールだったのかwww」と笑い飛ばしてくださいw

ではでは、つぎの更新で~。

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 


■書名:パズル&ドラゴンズ モンスター図鑑
■発売:2012年12月19日
■価格:998円[税込]
■体裁:308ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧