1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】商業タワーは対モンスター防衛線!? 中毒性バツグンの『クレイジータワー』

【注目アプリレビュー】商業タワーは対モンスター防衛線!? 中毒性バツグンの『クレイジータワー』

2012-10-11 12:28 投稿

●ガンホー、ヒット作連発の予感!? 今話題の作品をプレイ

ガンホー・オンライン・エンターテイメントと聞けば、『パズル&ドラゴンズ』や『ケリ姫クエスト』を思い浮かべる人が多いだろう。名作を誕生させ続けている同社から2012年9月にiPhone、Android向けに配信された新作アプリが『クレイジータワー』だ。本作は、経営シミュレーションとタワーディフェンスを混成させたような新感覚ゲームで、カオスな雰囲気をかもしだしているキャラクターや世界観が、どこかポップでハマる! その魅力を受け、既報でもお伝えしているとおり、累計ダウンロード数が40万を突破、日本国内のGoogle Playにてゲーム人気(無料)ランキング1位を獲得(2012年9月29日時点)したことが発表されたばかり。今回は”カオスな世界観”と”中毒性”たっぷりな『クレイジータワー』のプレイインプレッションをお伝えしよう。

[関連記事]
※ガンホー、『クレイジータワー』がGoogle Playで1位を獲得 累計DL数40万突破

※【遅くなってごめんなさい】ファミ通Appのアプリがやっとできました
iPhone版はこちら
Android版はこちら

『クレイジータワー』のここが
・経営シミュは基本放置オーケーで気楽
・スロットが暇つぶしになる
・タワーディフェンスが苦手な人でも遊びやすい
ここが×
・ガッツリゲーマーには物足りないかも?
こんな人にオススメ
・経営シミュレーションが好きな人
・流行りものが好きな人
・高層ビルに登るモンスターと聞くと、ついつい興奮してしまう人

●ついつい遊んじゃう『クレイジータワー』はこんなゲーム

経営シミュレーションとタワーディフェンスが混成とは、一体どういうことなのか? まずはそこから説明していこう。『クレイジータワー』では、その名の通り”タワー”が舞台となっている作品だ。プレイヤーは、そのタワーを経営し、たくさんのテナントに店を誘致することで、階数をどんどん増やしていくことになる。では、なぜタワーを高くする必要があるのか? それは、モンスターがこのタワーの頂上にあるアイテムを目指して登ってくるところにある。そう、ここでタワーディフェンス要素の登場だ。モンスターは、ただひたすらにタワーを登ってくるので、そのコースとなるタワーが高ければ高いほどコースは長くなり、攻撃していられる時間が伸びるということ。経営シミュレーションとタワーディフェンス、一見すると直結していなさそうな2ジャンルは、しっかりと直結して、ゲームを構成する要素となっているのだ。


▲ひたすら高いタワーを建てて、迫りくるモンスターを退治せよ!

それでは、ここからは各ジャンルはどのようなテイストとなっているのかに着目していく。まずは経営シミュレーション部分から。本作の経営シミュレーションの作りは、至ってシンプル。マンションに人を呼び、テナントに店を誘致し、マンションの住人に働かせるだけ。店の運営も、品物を入荷するだけと非常に簡単。その入荷も、時間がかかるものが多いので、一度入荷の指示を出してしまえば、数分~数時間以上放置していられるようになっている。手が空いたときにパパッと遊べるような作りなので、バッテリーを気にしながら長時間プレイというプチストレスが強いられることもない。そして、お金が溜まったらタワーを増築して階層を増やし、そこにまたマンションやテナントに設定すればいいのだ。とってもお手軽!

 


▲経営での目標はタワーを高くすること。いろんなネーミングのお店がズラリと並ぶと爽快です♪ どこかで聞いたことあるような名前ばかりだけどね(笑)。ドンドン稼いで、どんどんテナントを増やしていこう。

▲アパートに人を入居させるには、スロットを回して、人がアパートの階に到着するか、もしくは自ら誘致するかの2択になる。誘致する場合は、Twitterなどからフレンドを呼び出すこともできるぞ。

▲住民を住まわせたら、今度は仕事を紹介してあげよう。住人の希望職種に沿った仕事を斡旋してあげれば、働く気力がアップして、より効率的に作業をしてくれる。あまりにも働き手がいなければ、適正外の仕事でも就かせるべきか……迷うところ。

続いてはタワーディフェンスについて。本作のディフェンス要素は、通常のそれとは違い、多様なユニットという概念がない。攻撃ができるのはタワーの階にいる住人と、プレイヤーのみとなっている。また、住人にはモンスターの進行を遅くさせたり、状態異常を起こさせるような特殊能力がないというのも、また本作の特徴。しかし、特殊能力がない住人たちには、属性の概念が与えられている。属性といっても、火や水、雷といったありきたりのものではない。飲食や小売り、サービスといった風に、その住人が働いている業種が属性となるのだ。もちろん、この属性には意味があり、モンスターには弱点属性が設けられている。

はたして、モンスターがなぜ飲食や娯楽に弱かったりするのかは謎だが、それもまたユニークなポイントなのでヨシ! ちなみに、住人はタワーにいるだけで勝手に攻撃をしてくれるぞ。では、プレイヤーは何をすればいいのか? プレイヤーの役目は、モンスターに網をかけて鈍足効果を与えたり、毒や爆弾を浴びせて直接ダメージ与えるといった、住人たちのサポートになる。なお、プレイヤーの行動にはエネルギーが必要となり、乱発することは適わない。そのため、どのタイミングでどんなサポートをするのかが、本作のディフェンスではキモになってくるのだ。


▲住民、もとい店員たちはお店の商品を投げつけて、モンスターを攻撃してくれるぞ。この投げつけている住民の姿がとにかくかわいいんですよ(笑) 自由気ままに動き回っていた住民たちが団結する瞬間でもある。


▲プレイヤーは、下にあるコマンドからサポート方法を選ぶことができる。サポートに必要なエネルギーは、時間とともに溜まっていくので、サポートするタイミングをよく考えて使うといい。モンスターによっては効果的なサポートアイテムが異なるので、使いどころにを模索してみるといいかも?

そんなこんなでモンスターを倒すことができれば、お店がレベルアップしたり、新しい商品が手に入ったりするぞ。タワーの高さを確保したら、どんどんモンスターを倒していこう!

▲モンスターを撃退できれば、その報酬としてレベルアップや新商品が待っている。ガンガン倒してガンガンタワーを強化してしまえ!

このほかにも『クレイジータワー』には若干の遊び要素がある。そのひとつがスロットだ。スロットは回し放題で、なにかの目がそろえば特典ゲットというもの。特典の中には、お金が手に入るものから、建設が一瞬で終わるもの、店の売り上げがあがるものなど多数あるぞ。また、一日に1回だけ、目が確実に揃うラッキータイムというものがあるので、この絶対的なチャンスを逃さないよう、スロットには欠かさず回すよう心がけるように。また、このラッキータイムはフレンドが増えるごとに、その時間が増えていく。デフォルトでは10秒間のみとなっているが、フレンドが増えていくたびに、その時間が10秒ずつ伸びていくぞ。フレンドをたくさん増やして、ゲームを有利に運ぼう。


▲スロットで777(スリーセブン)が揃えば、一攫千金丸儲けのチャンス! ラッキータイムを活かして、いい出目を狙え! 

モンスターと戦う場面以外は、ホントにちょっとした手間だけで遊べるゲームなので、スマートフォンとの親和性は非常に高い。そのため、中毒性も手伝って、空き時間についつい遊んでしまいたくなってしまう。最近増えてきた、少し触ってひたすら放置する系のゲームに、少しのアクセントを加えただけでこんなにも魅力的なゲームになるというのは、新たな発見かもしれない。タワーの高さの限界を目指してみたり、何もしなくてもどんなモンスターにも勝てるという最強のタワーを目指してみたりと、やり込める要素も非常に豊富だ。ガッツリとしたゲームを期待する人には物足りないかもしれないが、ちょっと片手間に遊ぶゲームを探している人は、ダウンロードしてみてはいかがだろうか?

クレイジータワー

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧