1. サイトTOP>
  2. 『Superbrothers』世界が認めたあのiPhoneゲームが日本語化

『Superbrothers』世界が認めたあのiPhoneゲームが日本語化

2012-05-21 21:46 投稿

●日本語版の情報が金環日食に合わせて解禁

CAPYの『Superbrothers: Sword & Sworcery EP』という作品を、スマートフォンゲーマーなら一度は目にしたことがあるんじゃないだろうか?

このゲームは、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)の、世界のゲーム開発者によるゲーム開発者のための賞、GDCアワード(Game Developers Choice Award)で、並みいる有名作品を抑えて、Best Handheld/Mobile Game(携帯ゲーム機/ケータイゲーム賞)を受賞したiPhone向けアドベンチャーゲーム。

おとぎ話のような不思議な世界観、ユーザーを包み込むようなやさしい音楽、少し触っただけでそのアーティスティックな魅力が伝わってくるんだけども、ひとつだけ大きな難点が! 謎解きがメインのゲームなんだけど、すべて英語表記……ゆえに、プレイを見送ってたユーザーも多いはず(申し訳ないですが記者もそのひとり)。前置きが長くなりましたが、そのタイトルが、ついに日本語化されるとのニュースが舞い込んできたのです!

ハチノヨンが、配信元のCAPYとパートナーシップを組み、日本語版を制作することを発表。月の満ち欠けにゆかりの深いストーリーにちなんで、金環日食の本日5月21日の午前7時30分に公式Webサイトがオープンしており、ここで、邦題が『スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』で、リリース日が2012年6月21日予定であること。同日にリミックスアルバムが発売されることも明らかになっている。

スキタイのムスメ:音響的冒剣劇』の音楽は英語圏で、「まったりできるプログレッシブ・ロックコンサートのレコード」などと評されているようで、実際、作曲家ジム・ガスリー公式のサウンドトラック『Sword & Sworcery LP: The Ballad of the Space Babies』もヒットを飛ばしているという。今回のリミックスアルバムは、そのジム・ガスリーの楽曲7つを“再解釈”したもになるとのことで、参加作曲家は、山根ミチル氏(『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』)、山岡晃氏 (『サイレントヒル』)、Baiyon氏(『PixelJunk 4am』)、鈴木 光人氏 (『ファイナルファンタジー XIII-2』)、そしてチップチューンアーティストのmacotom3氏、スーパーヒーローのDecassegui Hipなど錚々たる顔ぶれとなる。

ちなみにハチノヨンはコンシューマーゲーム業界では名の知れたローカライズをメインとした会社。スマホ分野では『ねじ巻きナイト』のローカライズを手掛け、国内市場でのヒットの火付け役となっているだけに、『スキタイのムスメ』も大いに期待できそうだ。そう言えば、すでに本作を持ってる人はどうなるのか? アップデートで対応されるのかどうかも気になるところ。プレスリリースによれば、「もしあなたが 『Superbrothers: Sword & Sworcery EP』(スキムスの原題) をお買い求め済みで、日本語版のニュースを聞いてソワソワしていらっしゃるようなら、どうぞ気持ちを落ち着けてください。もちろん何らかの対処をさせていただきますよ」と書かれており、こちらも神アプデを期待したいが……!? (中目黒目黒)

【スキタイのムスメ:音響的冒剣劇】
メーカー:CAPY
配信日:2012年6月21日配信予定
価格:マイクロバージョン (iPhone、iPod Touch 専用) 250円[税込] ユニバーサルバージョン (iPhone、iPod Touch、iPad) 450円[税込] PCバージョン (Steam): 650円[税込]
対応機種:iPhone、iPad、PC
【リミックアルバム情報】
タイトル名:『スキタイのリミックス:冒剣的音楽劇』
発売日:2012年6月21日
プロデュース、発売元:Jim Guthrie
制作:有限会社ハチノヨン
購入方法:iTunes Store、Bandcamp
価格:450円[税込]

※『スキタイのムスメ:音楽的冒剣劇』の公式サイトはこちら
※ハチノヨンの公式サイトはこちら


Superbrothers: Sword & Sworcery EP

メーカー
Capybara Games Inc.
配信日
配信中
価格
450円[税込]
対応機種
iPhone、iPad、PC

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧