キャラクターたちが枠組を超えて出会う“新世界“とは?『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』開発者インタビュー

2021-11-29 16:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

白猫プロジェクト NEW WORLD'S

『白猫』にどんな新世界が待ち受けている!?

『白猫プロジェクト』は『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』になる――

int001

コロプラのスマートフォン向け3DアクションRPG『白猫プロジェクト』は2021年11月29日に『白猫プロジェクト NEW WORLD’s』(『以下、白猫NW』)に変更になった。NEW WORLD’S……新世界と題されたことで、この先の白猫の未来はどうなっていくのか。本作のプロデューサー兼ディレクターの冒険家A氏にお話を伺いにいった。

現在もプレイしているファン、そしていまはプレイから離れていたり、興味はあるけどまだプレイしていない人など、この先の『白猫』がどうなっていくかを本インタビューで確認してほしい。

『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』冒険家A氏インタビュー

メインストーリーにあの人気キャラたちが参戦!?

――2021年11月末から『白猫プロジェクト』は『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』になるとお伺いしました。率直にタイトルが変化することでどうなるのでしょうか。

冒険家A コンセプトは“新しい冒険”を届けることです。元来冒険というものはすごくワクワクするものだと考えていて、『白猫』を知っていただいているすべてのひとをさらにワクワクさせるために、今回新題にさせていただきました。この“ワクワク”を届けるためには、「このあと何が起こるんだろう?」とプレイしている方々に感じていただかなくてはいけません。想像をかきたてつつも、その想像を超えるようなものを提供していきます。

――みんなの想像を超えてくる、と。

冒険家A ただ、まったく想像できないものであってはいけないと考えていて、“想像はできるけども想像しきれないもの”を生み出すことが“NEW WORLD’S”のコンセプトです。知らない土地だったり、はじめて会う人だったり、体験したことのない戦いだったり、冒険にはさまざまなファクターがあるのですが、統括して新しいものを組み立てていこうというのが『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』となります。

――『白猫NW』最初のワクワクですが、ストーリーに登場する4周年記念キャラのエレノアと5周年記念キャラであるヴァイス、セレナとの邂逅でしょうか。“白猫おせニャん”の収録時にこのはなしをお伺いしたとき、正直興奮しました。メインストーリーにイベントキャラが登場するのはほぼ初めてというか。

int002

▲エレノア、ヴァイス、セレナのビジュアル

冒険家A ワクワクするためには可能性が広がっていくことが大事だと思っています。最近の『白猫』ではさまざまなイベント間のキャラクターたちが交じりあうストーリーが展開していますが、やはりメインストーリーにはある意味閉鎖的な部分があって、まずはそこをつなげようと。ストーリー展開そのものももちろんなのですが、ここから何が起こる、つぎに誰が登場するのか……そういった『白猫』にある可能性が広がっていく世界観を作りたいという感じですね。

――率直に今回、エレノアとヴァイスとセレナの3人が登場するメインストーリーが展開するということは、ただ1回限りではなく、連続で物語が紡がれていく?

冒険家A いままでメインストーリーはおまたせするケースが多かったと思います。間隔はこれまでより短く、より皆さまに『白猫NW』の中核であるメインストーリーを楽しんでいただけばと考えております。

――ちなみにほかに登場するキャラは誰なのでしょうか?

冒険家A そこ、聞いちゃいます?(笑)。それは今後のストーリー展開のお楽しみということで。でも完全に無関係なキャラクターを急に登場するというよりは、何かしら関係性があったキャラが登場するとは思うのですが、もちろん意外な展開もあるでしょう。……ぶっちゃけたはなしですが、私もまだ誰が来るか完全にはわからない状態ではあります(笑)。

――それはキャラクターたちがどう動くか、作り手としても楽しみですね。今回新たに紡がれていくストーリーのコンセプトに関してお聞きます。7周年に行われた「-白と黒の章- 光と闇が紡ぐ未来」のエンディング時点で“冬に続編が来る“と告知されていました。この時点でエレノアたちの登場は決まっていたのでしょうか。

冒険家A 7周年で闇の王を倒した時点で決めていました。まず主人公とアイリスの物語にひとつ区切りをつけた後にはこれまでにない新しい展開を作っていこうという。このストーリー展開が決まったのがちょうど昨年のいまごろでしょうか。闇の王との決着をつけて、つぎの可能性を模索しようと決めた記憶があります。

――7周年記念イベントのボスである闇の王は主人公、アイリスの宿敵。今後敵となる相手は『白猫』ワールド全体の敵として立ちはだかっていく。『白猫』に数多く存在するスターキャラたちが共演してその強敵に立ち向かっていく、と。

冒険家A その通りです。NEW WORLD’Sのストーリーを考え始めたタイミングから、コンセプトは“白猫の世界VS世界の敵”と決めていました。主人公たち飛行島キャラVS闇の王から、世界はもっと広がっていきます。

――ありがとうございます。7年プレイしている僕としてはすごく楽しみな展開です。新章初回に登場するエレノアが記憶喪失というのが彼女にとって原点回帰というか。そしてどんな敵が登場して、どんな味方が登場するか。想像するだけで興奮していまいます。

パーティー編成がより大事なバトルシステムに

――それではつぎに変化するバトルシステムについてお聞きしたいと思います。今回は大きくキャラクターチェンジが変化しますが、これによりどのようなプレイ、遊びをしていくことになるのでしょうか。

冒険家A アクション面に何か変化をもたらしたいとはつねに考えています。『白猫NW』では物語が大きく広がるだけでなく、物語に連動する形でアクション面も大きな広がりを作り、ゲーム全体としてワクワクできるようにしたいと考えていました。まず、目を付けたのがキャラクターチェンジなのですが、先程おはなしした新たなストーリー展開、世界観を考えていた時に「ここだ!」と。キャラクターたちがつながって、みんなで戦うという世界感である以上、パーティーも全員で立ち向かうシステムであるべきと至りました。

――軽くプレイさせていただきましたが、キャラクターをつぎつぎと入れ替えていくバトルはスピーディで新鮮です。スキルからスキルへつなぐ“スキルコンビネーション”は攻略のカギになる予感がしますが、個人的にはダウン中にキャラクターチェンジができるようになったのも嬉しいですね。よりテンポよく、気持ちがいいバトルができそうです。

int003

▲スキルコンビネーション

このように“パーティーみんなで戦える”バトルシステムに変化することで、気になるのはクエスト内容です。ある意味スキルからスキルをつなげられるようになり、ダメージを与えるバリエーションが増えたと思うのですが、それに対抗する敵側の仕組みなどはあるのでしょうか。

冒険家A クエストも変化する予定で、まずは敵の弱点を突くという遊びを強調しようと考えています。現在はひとつのクエスト内で敵の弱点、耐性が大きく切り替わる瞬間はないと思います。

――そうですね、だいたい敵弱点は統一して作られている印象です。

冒険家A ランサーが有利なクエストでは突タイプ(ランサー、アーチャー、ドラゴンライダー)ひとりで突き進める、という感じですよね。そこをある程度難しいクエストでは手を加えていく予定です。

キャラクターチェンジは『白猫NW』でスピーディーになっているので、敵の弱点に合わせてキャラクターを切り換えながら攻撃していくことが大事になっていきます。イベントのノーマルなどストーリーを楽しむ部分はスムーズに遊べるようにする予定ですが、高難度クエストではこの弱点を突く気持ちよさと戦略を楽しんでほしいです。

――イベントのナイトメアが変化する?

冒険家A 現在はイベントのノーマルクエストが15個あるとしたら、高難度版のナイトメアも大体15個ぐらいあります。今後のナイトメアはクエストの数を凝縮し、弱点を突きながら攻略するクエストをしっかりと制作するといった具合です。「え?クエスト数が減ることでもらえるジュエルが減る?」。そこはご心配なく、1回のクエストクリアーでジュエルをかなり多く獲得できるようにします。

――ナイトメアが歯ごたえのある難易度になると! 難易度が高くクリアーできないひとのために助っ人を呼べると楽しそうですね。ふたり協力はパーティを組んでプレイできるので、もしかしてこの新しいバトルシステムが活用できそうですし。

冒険家A そうですね。もちろんふたり協力バトルでも『白猫NW』のキャラクターチェンジが使えます。2021年11月末からスタートする新イベントの協力バトルではふたり協力も導入する予定ですので、プレイヤー同士いっしょに新バトルシステムを楽しんでみてください。

――難しいところがあったら「ここだけちょっと手伝って!」みたいな、新たなユーザー間の交流も生まれそうですね。そのほか、新しいキャラクターチェンジはどういった遊びかたができそうですか。

冒険家A アクションをライトに楽しんでいるひとにとっては難しくなっていないか心配かもしれませんが、そこは安心してください。根本の操作感に関してはほとんど変化ありません。それでいて、キャラクター同士がシームレスに切り換えられたり、スキルを重ねられたりできるので、オリジナルの合体攻撃を生み出すこと自体も楽しんでほしいです。

スキルをつなげているだけで「……うまく動かせているな!」という感覚を味わえるはず。自分のお気に入りのキャラや、主人公とアイリス、ルカとレインみたいな関係性が深いキャラクター同士のオリジナル合体攻撃を生み出すなど、キャラクターを動かすこと自体の楽しさを味わってください。

int004

▲キャラクター同士の合体攻撃

――確かにアイシャとジュダや、ティナ、ブラッド、ファルファラ、ヴィンセントたちトライドルシリーズの合体攻撃はやってみたい!

冒険家A そうですね、動かすだけで楽しい遊びかたがひとつできるかなって。アクション性にこだわって遊ぶプレイヤーの方々は、どのようなパーティー、どのようなキャラクターたちのスキルの組み合わせの効率がいいか、など模索するのもおもしろいと思います。

――そうですね。現在の『白猫』では演出が長いスキルはダメージ効率的に敬遠されたりするケースもありますが、スキル演出が長い部分をスキルコンビネーションでフォローするといった動きも想像できます。キャラクターの動かしかた、扱いかたも大きく変わってきそうですね。

ちなみにストーリー、バトルシステム以外に、『白猫NW』になることで大きく変化することはありますか。

冒険家A ストーリー、バトルシステム以外だとUI面を大きく変えようと動いています。ゲームはタイトル画面を表示するところから冒険だと考えています。実際、7年以上も続いて『白猫』も情報が多くなり、初プレイのかたや久しぶりのかたが戸惑うシーンも多いので、そこを改善するためにも、メニューまわりは手を入れていく予定です。

――長年運営されているゲームあるある問題ですね。情報が多くなりすぎて積み重なっていくという(笑)。そのあたりの見た目が変わるだけで親切ですし、普段目にしている部分が変化するのはNEW WORLD’S感あります。

冒険家A はい、お知らせのUIやイベントリストも変えてもっと分かりやすくします。

――ありがとうございます。最後にファンの方々に向けたメッセージをお願いします。

冒険家A いつも『白猫』をプレイしていただき、本当にありがとうございます。『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』になりますが、これまで本作をプレイし続けてくれているかたはもちろん、一度離れてしまったかた、興味を持っているがまだプレイしていないかたなど、この機会に一度怖がらずプレイしていただけるとありがたいです。

『白猫』は冒険物語です。冒険にはワクワクを感じていただくことが重要と先程も言いましたが、今後もストーリー、バトルで興奮を感じていただけるよう制作していきます。また『白猫NW』に変わってメインストーリーの位置づけが若干変化しますが、その他のイベントなどこれまでと変わらず続いていく部分もあります。その点は安心してもらって構いません。

さらにパワーアップする『白猫』ワールドを今後ともよろしくお願いいたします。

――長時間、ありがとうございました。

ストーリー、バトルの進化でどうなる『白猫』!?

『白猫NW』になることで今後『白猫』ワールドがどうなっていくのか、ある程度見えてきた感がある。個人的には『白猫』の楽しさの根幹はほかのプレイヤーとの協力感にあると考えているので、ふたり協力バトルが再度深堀りされることで、プレイヤー同士の絆が深まるような世界観になるとうれしい。

また、バトルシステムが増加することでの難易度アップを心配したが、その分もおはなしを聞くと安心してよさそう。難しい部分はほかのプレイヤーに手伝ってもらえるような世界観になり、手伝った人に報酬があったりするとより協力感が増す気がする。

妄想レベルではあるが、タイムアタックタイプのクエストはこれよりも戦略性がアップしそうではある。これまでひとりのキャラクターで進めていた部分をシームレスにチェンジして進められるようになるので、よりパーティー編成やスキルの発動順番などの戦略が深まる可能性が高い。やり込み勢にとってはよりその腕を発揮するシーンも生まれそうだ。

int005

アクションが得意ではない人は誰かと協力してクエストクリアーを目指す。そして上手いプレイヤーはバトルシステムの進化により、より実現できる戦略、戦法が増えるなど、『白猫NW』になることでグレードアップする点は多いと実感できたのはシンプルにうれしい。

さらなる進化を遂げた『白猫プロジェクト NEW WORLD’S』。今後進化する『白猫』の未来を楽しみに待ちたいところだ。

※画像は開発中のものも含みます。
©COLOPL, Inc.

白猫プロジェクト NEW WORLD'S

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG
メーカーコロプラ
公式サイトhttp://colopl.co.jp/shironekoproject/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧