【先行プレイ】吹奏楽部復活を目指して!男子高校生の青春群像劇『ウインドボーイズ!』でちょっと青春してみた

2021-11-12 18:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウインドボーイズ!

キラキラした青春時代を大人目線で楽しめる!

DMM GAMESの新作『ウインドボーイズ!』は、吹奏楽部復活を目指す男子高校生の青春群像劇が楽しめるスマホアプリゲームです。(PCブラウザ版も配信予定)

2018年に発表されたのち、配信延期が発表された本作。3年の月日を経て、いよいよ11月15日に配信!

3

今回は配信に先駆け、一足先に触らせてもらうことができたので、本稿ではその内容とインプレッションをお届けします。

※本記事で使用している画像は開発中のもののため、実装時は異なる場合があります

吹奏楽に、さまざまな思いを乗せて

本作の舞台となるのは、威吹高等学校(以下、イブキ)。プレイヤーは、この高校の新任教師として赴任することになります。

5

イブキ高校は、かつて吹奏楽の強豪校だったのですが、とある事情で部活は活動停止中……。部員は、それぞれ思いを抱えながら、受験勉強に励んだり、あるいは別の部活や活動に取り組んだりしています。

そんな中、風来坊のようにやってきたのは、新入生の“飯塚ミナト”くん。

 
32

彼は特殊な環境で育っており、なんと学校へ行くのも初めて! 彼はイブキの吹奏楽部に入りたくて、わざわざこの学校を選んだのです。

ミナトくんは吹奏楽部が活動してないことを知り、“自分たちの手で吹奏楽部を再建する!”という強い決意を見せ、部再建に向けて立ち上がるのです。

 
10

この学校にはミナトくんと同じように、吹奏楽をやりたくて入ってきた新入生たちがたくさんおり、そんな生徒たちと力を合わせていくことに。

純粋で熱いミナトくんの周りにたくさんの仲間たちが集い、少しずつ吹奏楽部は形になっていきます。

 
16

プレイヤーは教師という少し俯瞰した立場から、彼らを見守りながらも、いっしょに青春物語を体験していきます。

ちなみにプレイヤーは、男女どちらかを選ぶことができます。どちらを選んでも物語の進行が変わることはないので、好きな方を選びましょう。

IMG_6534

ハイタッチや、美麗スチルで読み手を飽きさせない工夫が!

ストーリーはボリュームたっぷりで、かなり読み応えがあります。

ミナトくんに限らず、26人の吹奏楽部員のメンバーみんなに焦点を当てながら進んでいくので、じっくりとキャラクターやストーリーに没入できるようになっています。

 
37

読み手を飽きさせないようにか、ストーリーパートの中に様々な工夫が仕掛けられています。

ボイス付きなのはもちろん、「こんなに見せていいの!?」と思うほどのたくさんの美麗スチル。SSRカードのイラストにもなっているカットも入ります。

さらに会話の中で、キャラクターたちとハイタッチができるなんて仕掛けも!

 
35

▲出し惜しみされることなく、頻繁に美麗なスチルがカットイン。

 
12

▲タッチの異なるイラストも楽しめます!

13

▲没入感を高めてくれるハイタッチ!

本作のメインストーリーは全123話と大ボリューム。配信後に小分けに配信されていくものではなく、解放すれば一気に最後まで読むことができます。

イブキの吹奏楽部がどうなってしまうのか……!? そのラストを見届けつつ、彼らといっしょに物語を紡ぎましょう。

リトル部員たちがとっても可愛い♪みんなの部活動の様子を応援しよう!

部活動を行うとストーリーが解放され、ストーリーを読むと新たな部活動のステージが増えていく、というように、本作は大まかに言うと部活動⇒ストーリーを交互に行っていくサイクル。

部活動の遊び方は簡単。最大5枚のキャラクターカードをセットして、あとは“練習開始”を押すだけ。

 
23

ちびキャラになった部員たちが、各々のパート(担当している楽器)を練習したり、休憩したり活動している姿を見守ることができます。リトル部員と呼ぶらしいのですが、このSDもとっても可愛い!

 
34

彼らが演奏する楽曲はステージに設定された課題曲で異なります。また、部活動中に流れる音色は、登場する部員のパートで変わったりするといった細かい演出も。

スキップはできないのですが、このように飽きさせない工夫がそこかしこに散りばめられています。

部活動の最後にはお披露目の場があり、そこで高評価を目指します。

■ステージに合わせた属性をセットすれば高得点が狙える!

ステージには、“Rh”(リズム)、“Me”(メロディ)、“Ha”(ハーモニー)の3つの属性が用意されています。

セットするキャラクターカードにも、同じ属性が割り振られており、同じ属性のカードをセットして挑む方が評価が高くなり、もらえるアイテムなども多くなります。

 
26

ただ、同じ属性でなくてもレアリティの高いカードは評価ポイントも高いので、序盤は属性を考えずに、レアリティの高いカードからどんどんセットして良さそう。お任せ編成もあるので、活用してみましょう。

部活動に参加したカードのキャラクターは、親密度パラメーターである“絆”も上がっていくので、お気に入りのキャラクターから優先にセットしていくというのもアリ。

また、セットする部員の組み合わせによって、“ユニゾンスキル”が発動し、評価ポイントが高くなるので、これからイベントなどが始まって高得点を出さなければいけないときは意識するといいかもしれません。誰と誰の組み合わせで発動するかを探してみるのも楽しいですね。

部活動を行うとそのステージに応じたミニトークなども解放されるので、積極的に進めましょう。

 
IMG_6566

カードを手に入れてとことん育てよう!

カードはガチャで手に入れることができます。

 
25

レアリティの高いカードほど、当然性能もいいしイラストも豪華なのですが、本作の場合、SSRはもちろんSRにも背景がついて、かなりリッチ。

推しキャラであればSSRはもちろん、SRもゲットしたい!

IMG_6991
IMG_6993

ちなみに、本作ではゲームを始めると早速初回の10連ガチャが回せるようになります。

面白いのが、この10連ガチャを引くタイミングを、最初に引くかストーリーを読んだ後に引くか、選べるところ。

ビジュアルで推しを決める人もいれば、ストーリーを見て推しが決まる人もいるはず。何しろ26人も部員がいるので悩みどころですが、これはそのどちらにも対応した神システム!

 
4

しかも、SSRが2枚確定&引き直し無制限という太っ腹な対応!

カードの成長軸は、レベル、レコード、楽才開花があります。

 
29

▲レベルは部活動で経験値を上げられるほか、アイテムを使うことで成長できます。

 
28

▲レコードはスキルツリーのように、解放することで設定された能力値が上がるほか、アイテムなどのプレゼントも用意されています。

レアリティがR以上のカードは、同じものが出るとピースに変換され、“楽才開花”を行うことができます。全部で4回行えて、その都度上限レベルがあがるほか、1回の楽才開花でイラストが変わります。

また、カードに紐づいているカードストーリーのほか、キャラクターそのものにも親密度が設定されているので、推しのことを知れる機会がたくさん。

 
IMG_6577

▲親密度は編成に入れて部活動を行うほか、“ご褒美”から食べ物などのアイテムであげることができます。親密度をあげることで特別なストーリーが解放されます。

ほかにも、衣装を変えたり全身を表示させたりと、1人のキャラに対しさまざまな要素があるので、生徒名簿からチェックしてみましょう。

IMG_6576

そのほか遊び要素がいっぱい♪

本作には、そのほかにも遊び要素が盛りだくさん。

◆マイボード

マイボードは、手持ちのカードを自分で装飾して遊べる機能です。

 
19

自分の推しのカードをひたすら並べてもよし、お気に入りのキャラクターの組み合わせで配置してもよし。

カードだけでなくフレーム、ステッカーなどもカスタマイズが可能で、これらはショップで販売されているほか、今後開催が予定されているイベントの報酬などで手に入るとのこと。

 
17

自分で自由に配置してもいいですが、苦手な方のために予め飾る位置が決まっているテンプレートも用意されています。

「センスがなくて不安」という方も、是非恐れずに楽しんでみてください!

 
IMG_6555

◆アルバム

本作では、ストーリーの進行に合わせて、自動でアルバムが生成されていきます。

 
38

獲得したスチルと、部員たちのコメントやデコレーションでどんどんアルバムが埋まっていくのは、本当に彼らといっしょに思い出を紡いでいるよう。

ストーリーを振り返るだけでなく、「このコメントは誰が書いたのかな?」など推測しながら見るのも楽しいです。誰の字なのかは全員の手書きプロフィールで筆跡をチェックしてみましょう!

◆日々移り変わる天気

本作は、金沢を舞台にした物語。じつはこのトップメニュー、実際の石川県の天気と連動しています。金沢が晴れなら、このページの空も晴れているというわけですね。

11

雷雨の日は稲光が走るなど、この背景が実にリアル。

IMG_6604

▲雨の日。窓に貼りついた水滴がすごくリアルで感動……!

地域は変更できるので、金沢のままにしてキャラたちと同じ場所にいる気分を味わうのもよし、自分の住んでいる地域を設定するのもよし。

IMG_6564

とにかくストーリーを読んでほしい!

これまで様々な遊び要素を紹介してきましたが、『ウインドボーイズ!』の一番の魅力は、やはりストーリー。地方に住む、ふつうの高校生たちの部活をテーマにし、時にぶつかりあいながらも仲間との友情を深めてひとつの目標に進んでいく青春ド真ん中のストーリーは、王道といえば王道ですが、だからこそ真っ直ぐ心に刺さるものがあります。

頑張る彼らの姿に、同世代のプレイヤーは共感することもあるでしょう。また、筆者のように彼らよりだいぶ世代が上になってしまったプレイヤーにとっても、青春の追体験とでもいうのでしょうか……彼らを通して、かつての自分にあったかもしれない青春を思い出させてくれる、そんなストーリーになっています。

9

きっと、彼らの姿を見て、誰しもが「自分もまたがんばらなくちゃ」と思うのではないでしょうか。

また、BGMで流れる柔らかい吹奏楽の音色も温かく、作品全体としてもアイドルゲームとはまた少し違った味わいがあります。

『ウインドボーイズ!』はいよいよ11月15日配信。「こんなゲームを求めてた!」という方も既にいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと青春してみたくなった方も、ぜひダウンロードしてみてください。

ウインドボーイズ!

対応機種iOS/Android/ブラウザ
このゲームの詳細を見る
メーカーEXNOA
公式サイトhttp://windboys.jp
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧