『ミナシゴノシゴト』ダークな世界観が織りなす重厚なストーリーは必見!やり込み要素も充実したターン性RPG

2021-09-27 18:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ミナシゴノシゴト

やり込み要素も充実した遊び応えのあるRPG

DMM GAMESより配信中のターン制コマンドバトルRPG『ミナシゴノシゴト』。

IMG_0297

本作は、史実などにも登場する英雄たちの特徴を秘めた孤児のヒロイン“ミナシゴ”や、神話や実在した“戦場”を擬人化した“戦神”とともに、世界の平和を取り戻すために戦うコマンド制のRPGだ。

本作の見どころはなんといっても、細部まで練られた設定から生まれる重厚なストーリー。主人公もしっかりと個性があり、ストーリーで活躍するダークファンタジーの物語は、ぜひ一度読んでみてほしいクオリティに仕上がっている。

本記事では、アプリ版の配信もスタートした『ミナシゴノシゴト』の魅力を紹介していく。

ゲームの見どころ
・“戦場”が擬人化!壮大な設定で描かれるダークファンタジー
・武器種や属性、相性が勝敗を決める奥深いコマンドバトル
・育成やレイドなど充実したやり込み要素でトコトン遊べる

“戦場”が擬人化!壮大な設定で描かれるダークファンタジー

本作で特徴的なのはなんといっても、“戦場”が擬人化されている点だ。

アーサー王やジャンヌダルクが美少女として登場するのは、アプリゲームではもはや定番と化している。しかし、本作の場合はさらに“ミッドウェー”をはじめとする史実で大きな戦闘があった“戦場”が、“戦神”というキャラクターとして登場しているのだ。

各キャラクターの設定も細部までこだわっており、当時の戦場での経験から暴走する者や、異常なほどなにかに固執したりと、個性的な性格になっている。

IMG_0499

もちろん、戦場がモチーフとなった戦神だけでなく、英雄や著名人の名を冠するキャラクターたちも登場。

これらのキャラは“ミナシゴ”と呼ばれるのだが、こちらもただ名前を付けているだけでなく、元ネタの設定をうまく活用している点もポイントだ。元ネタのキャラクター像をベースに、本作の世界観に合わせた設定も盛り込まれているので、どのキャラもプロフィールを見ているだけでもおもしろい。

イベントストーリーなどで彼女らが登場する際はその設定が十分に活かされ、さまざまなトラブルを起こしたり、あるいは解決のために奮闘してくれる。

IMG_0502

そんな本作のメインストーリーは、“災禍”と呼ばれる強大な存在に一度敗北し、大陸の半分以上が消滅した“ニルヴァーナ”を舞台に進んでいく。

大魔王である災禍に一度敗北しているため、人類の戦況としてはスタート時点からかなり絶望的。そんな状況下でプレイヤーは世界を守る黒騎士として、ミナシゴや戦神と協力して世界を取り戻していくことになる。

IMG_0453

ストーリーの大まかな流れは、災禍の支配下におかれた魔王たちを倒し、世界を少しずつ取り戻していくというもの。

拠点となる湾港国家ゼタから始まり、ひとりずつ魔王を倒して世界を解放していくのが目的だ。

IMG_0472

ストーリーのボリューム自体も厚く、ダークな設定ながらその絶望に抗おうと戦うキャラクターたちの熱い物語が楽しめる。

伏線や後々明かされる秘密なども多く散りばめられており、とくにメインキャラのひとりであるジャンヌにまつわる設定は非常に読み応えがあった。

IMG_0469
IMG_0470

先の気になる展開が続くだけでなく、読み進めるほどにキャラクターへの愛着も湧くのが本作のストーリーの魅力。

これから始める人には、ぜひ衝撃の展開が続くキャプチャー5まで物語を読み進めてみてほしい。

IMG_0313

武器種や属性、相性が勝敗を決める奥深いコマンドバトル

本作のバトルシステムは、シンプルなターン性コマンド式。

5体のキャラクターとその装備、そして戦神を編成してバトルに挑む流れだ。

IMG_0507

▲編成する5キャラには、ふたつまで任意の装備をセットできる。また、覚醒によって専用武器が自動的に装備される。

IMG_0509

▲戦神は任意のタイミングで召喚すると、3ターンのみ戦場で戦ってくれるサポート役のような存在。

バトルがスタートしたら、5キャラの使用する技を選択して攻撃を開始するだけでオーケー。

各キャラのコマンドは通常攻撃のほか、装備した武器のアビリティも扱える。また、攻撃でゲージが100%になると、必殺技のブレイブスキルも発動可能だ。

武器アビリティは使用できる回数が限られているので、どこで使用するかがバトルのキモになるだろう。

IMG_0327

ブレイブスキルは、キャラクターのカットインとともに固有の演出付きで発動!

ちなみに、これらの演出やエフェクトは簡略化もでき、オート周回などで手早く回りたいときの設定も充実しているのがありがたい。

IMG_0435
IMG_0436

バトルの操作自体はシンプルな本作だが、編成などで細かく戦略が練れるのがポイントだ。

たとえば、一定ターン場に出せる戦神には、召喚中に味方を支援する戦神フィールド効果というものが用意されている。属性や特定の武器種に応じてコンボが発生しダメージ量が増加するなど、戦神フィールドの効果はバトルにおいて欠かせない存在だ。

IMG_0525

装備する武器にも固有のアビリティがあるため、ミナシゴにとって効果的な組み合わせを模索するのもひとつの楽しみ。

ミナシゴ、装備、戦神の3軸をうまく合致させ、属性べつに最適なパーティーを作り出すことが、プレイヤーの大きな目標にもなっている。

IMG_0526

育成やレイドなど充実したやり込み要素でトコトン遊べる

期間限定で開催されるイベントをはじめ、本作には日常的に遊べるコンテンツも豊富だ。

キャラクターの育成は定番のレベルアップや限界突破、素材を集めてステータスをアップする“覚醒”などがある。

IMG_0305

育成要素の中でも覚醒はやり込みが必要で、素材を集めてひとつずつパネルを解放していく仕組み。

素材集めには苦労するのだが、最後までパネルを解放すればスキルも強化され、解放前とは比較にならないほどパワーアップする。時間はかかるものの、お気に入りのキャラを最後まで強化できた時の達成感はひとしおだ。

IMG_0307

プレイヤーが日常的に遊ぶことになるのは、経験値素材などを集める修練場クエスト、1日1回だけチャレンジできるダンジョン、そしてレイドバトルだ。

プレイサイクルとしては挑戦回数の限られる修練場クエストとダンジョンをクリアーしたら、目当ての素材を求めてストーリークエストを周回するか、レイドバトルに挑むことになる。

IMG_0440

レイドバトルはストーリーでもボスとして登場したキャラを筆頭に、強力な敵にマルチで挑戦していくコンテンツ。くり返し挑んでコインを集めキャラや素材をゲットする、大きなやり込み要素のひとつになっている。

戦闘開始時にほかのプレイヤーに救援を要請でき、膨大なHPを持つ敵の撃破を目指していく。もちろん、単独での撃破を目指すことも可能だ。

IMG_0322

育成素材集めにレイドなど、やり込み要素が充実している本作だが、そのぶん自動周回などのシステムも充実しているのがありがたい。

定期的に開催されるイベントでもキャラクターや装備が手に入り、気軽に長期間遊ぶのに適したタイトルになっているので、ぜひ一度プレイしてみてほしい。

ミナシゴノシゴト

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーEXNOA
公式サイトhttps://entry-site.minashigo-yusya.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧