1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 直視無理!! 取り憑かれた女を払う最大4人の協力型ホラーゲーム 『DEVOUR』【Steamハック:第3回】

直視無理!! 取り憑かれた女を払う最大4人の協力型ホラーゲーム 『DEVOUR』【Steamハック:第3回】

2021-02-10 17:48 投稿

走る姿に味がある奇妙なホラーサバイバル

儀式の代償かそれとも望んだカタチなのか。

悪魔に取り憑かれてしまったカルト教団のリーダーを払うため、メンバーが一丸となって立ち向かう。

それが本記事で紹介するSteamの最新ホラーサバイバル『DEVOUR』だ。

最大4人で協力するオンライ要素はもちろん、腕を試すシングルモードも搭載。

実況動画界隈でも注目を集める絶叫系ホラーは本当におもしろいのか?

ホラーゲーム大好きライター・深津庵の目線で本作の手応え、リモートプレイができるアプリ“Steam Link”との相性と合わせて紹介するぞ。

devour01

ゲームの見どころ
●ヤギを生贄に悪魔祓いを行うノンストップホラー
●今後の展開にも期待できる意欲的なアップデート

ヤギを生贄に悪魔祓いを行うノンストップホラー

カルト教団メンバーの一員となってアゼーゼルの呪いに取り憑かれたカルト教団のリーダー、アナを解放するのが最初の使命だ。

それを実現させるには周囲の藁を使って10匹のヤギを捕獲、祭壇の釜に生贄として捧げなければならない。

devour02書き込み
devour03書き込み

正面玄関は閉ざされているのでまずは館の裏手に移動

儀式に使う祭壇の側にある小屋で鍵を入手して、複数のヤギが閉じ込められているケージを開放するのが最初のステップだ。

devour04書き込み
devour05書き込み

ヤギを捕まえるためには藁が、祭壇に捧げるには燃料となるガソリンが必要。

そこでオススメしたいのが点在する藁を集めておく場所決めと、ガゾリンを祭壇前に運搬しておくということだ。

アナと遭遇する最初のイベントを発生させなければ徘徊は始まらない。

とくに不慣れな序盤は何をするにも大慌て。

事前に館の周辺にある藁とガソリン、アナに捕まった仲間を助ける回復アイテムをある程度かき集めておくだけで心に余裕ができるだろう。

devour06書き込み
devour07書き込み

また、UVライトを使えば召喚される悪魔たちを排除。さらに駆け寄るアナを一時的に足止めすることもできる。

ただし、誰かを捕まえた後のインターバル中は無効。捕まったプレイヤーは這うことしかできないが、点在するアイテムの位置を可視化できるので、回復アイテムのある場所を指示orそこまで移動して蘇生を待つといった立ち回りもいい。

ヤギを生贄に捧げていくことでアナがパワーアップ。悪魔の数も増えていくので十分注意しておこう。

devour08書き込み
devour09書き込み

なお、シングルモードでプレイすると捕らえられているヤギが“何なのか”を知ることができる。

「マジかよ、そーいうことか!!」

思わず驚いてしまった真実と周囲に残された手記を通じてストーリーも楽しんでもらいたい。

devour10書き込み

今後の展開にも期待できる意欲的なアップデート

2021年1月28日にリリースされたばかりの本作。

最初は館のみのシンプルな内容だったが、さっそく新ステージ“精神病院”が実装された。

devour11書き込み

また、公式のコメントによれば、新マップを早ければ数ヵ月以内に公開予定であること。新機能の実装に関しても積極的に行っていくことが明かされている。

さらに、アナに捕まったときに発生することがあったスタックや藁の再ポップ速度の改善など、リリース当初発生していた問題や遊びにくい要素は概ね解消。

スマホでリモートプレイできるアプリ“Steam Link”との相性も良好で、多少のキー設定は必要だが十分楽しめるバランスだった。

devour12書き込み

定価が600円弱という低価格設定を考えれば十分楽しめるクオリティー。

説明が少なく最初は困惑するが、それでも1・2回遊べば十分理解できるだろう。

devour13書き込み

ただし、ヤギを捕まえて捧げることのくり返しは作業感が強め

アナや悪魔たちに対抗するトラップやキャラクターを育ててパークを開放していくなど、周回しても楽しめる要素もあったらよかったなというのが現在の感想だ。

予定されている新機能がどういったものなのか。

十分期待できる協力型のサバイバルホラーゲームだぞ。

devour14書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧