1. サイトTOP>
  2. ウィジェット機能の追加、ホーム画面の仕様変更でユーザビリティが大幅に向上するかも!?WWDC 2020でわかったiOS 14、iPad OSの新情報まとめ

ウィジェット機能の追加、ホーム画面の仕様変更でユーザビリティが大幅に向上するかも!?WWDC 2020でわかったiOS 14、iPad OSの新情報まとめ

2020-06-23 04:33 投稿

iOS 14発表!

2020年6月23日、Appleが開発者向けカンファレンスWWDC 2020を開催した。ここでは、その中の基調講演となるSpecial Eventで発表された、新型iOSを始めとするスマートフォン関連情報をまとめてお届けしていこう。

なお今回のWWDCは昨今の事情を鑑み、オンラインで実施されている。

main
IMG_1416

次期バージョン“iOS 14”

まずまとめていくのは、iPhoneの次期バージョンとなるiOS 14について。今回は新たなアプリこそ登場しなかったが、ホームスクリーンやUI、新たな操作システムの追加など、ユーザビリティ向上が図られるアップデートがメインにとなるようだ。

では、それぞれの新機能について項目ごとに紹介していこう。

IMG_1515

App Library

IMG_1439

自動的にアプリを整理してくれる機能。これまではインストールされたすべてのアプリがタイル状に並べられるホームスクリーンとなっていたが、この機能はジャンルごとに自動でまとめられたページを用意してくれるので、アプリの検索性が向上する。

またページそのものを非表示にする機能も追加されるため、アプリのインストール数に応じて増え、乱雑になっていくホームスクリーンをスッキリと整理できるようになる。

IMG_1442

Widget

IMG_1445

かねてよりユーザーから希望の声が上がっていた、ウィジェットがついに実装される。

ウィジェットに対応するアプリの詳細は不明だが、配置位置の調整やウィジェットサイズの変更など、基本的な機能は備わっているようだ。また、同一ウィジェット内で表示内容を切り換える“スマートスタック”と呼ばれる機能も実装されるようだ。

IMG_1447
IMG_1448

Picture in Picture

ホーム画面にビデオを表示できる機能。

IMG_1451

これを活用すれば、ほかのアプリを起動しているときでもビデオを表示したままにできる。ビデオのサイズや表示位置はユーザーが任意で変更できるようになっているほか、ビデオ画面をスクリーン外に移動させ音声だけを視聴し続けることも可能。フルスクリーン再生にも対応。

asff
a

なお、この機能がどういった動画再生アプリで利用できるのかは現時点では不明。

Siri

これまで、Siriを起動する専用の画面が全画面で表示されていたが、iOS 14からはそれが排除される。

Siri起動中は画面上にSiriアイコンが表示されるだけになるため、それまでに行っていたユーザー体験を中断することなく、シームレスな使用が可能になる。

IMG_1459

またこうしたインターフェースの変更のほか、Siriにオーディオメッセージの依頼が可能になったり、文字起こしの機能も追加される。

しかしもっとも注目すべきアップデートは、会話の翻訳に対応するという点だろう。これはオフラインで稼働し、日本語を含めた11の言語に対応するという。

IMG_1461
IMG_1463

iMessage

ユーザー数を大幅に伸ばし続けているiMessageもアップデートされる。これまで煩雑になっていたメッセージの一覧を整理するため、特定のメッセージウインドーをピン留めし、つねにトップに固定表示させられるようになる。

IMG_1466

グループチャット機能においても、ユーザビリティが向上される。具体的には大人数が参加しチャットが流れやすい環境でも、特定のメッセージをキープし、そこにメンションを送りやすくなるようになるという。またチャットウインドーの上部にユーザーアイコンをまとめて表示できるようになり、グループにどんな人が参加しているのかの視認性が向上する。

IMG_1470
IMG_1473

マップ

残念ながら、iOS 13で実装されたルックアラウンド(Googleストリートビューのようなシステム)の日本対応は発表されなかった。今回発表されたのは、Cycling、EV Routingという新機能について。

Cyclingは、自転車ユーザーから待望されていた機能で、自転車ユーザーに向けたルート検索・提案機能がされるというもの。ルートにある階段や勾配、標識といった情報も表示されるということだが、本サービスの対応エリアは世界中でもごくごく限られたエリアのみで、そこに日本は含まれていない。

IMG_1482
IMG_1484

EV Routingは、電気自動車に向けた機能となっており、充電できるスポットを知らせてくれるという。なおこちらのシステムの日本対応は不明。

IMG_1487

Car Play

北米を中心に劇的にシェアを伸ばしているCar Playが、さらに強化される。

IMG_1490

壁紙機能が追加されるほか、先に紹介したEV Routingなども追加されるが、注目すべきはiPhoneが車のキーになる新システム。iPhoneでクルマのカギを開けられるようになるだけでなく、エンジン稼働のセキュリティキーにすることも可能になるという。車中の特定の場所にiPhoneを置くことでエンジンをかけられるようになるため、自動車に新たなセキュリティを持たせられるようになるとのこと。

IMG_1493

また特定のユーザーにこうしたセキュリティ権限を付与することも可能となっており、家族間のカーシェアなどもしやすくなるという。なおこのCar PlayはiOS 13でも利用できるようになるという。

App Clips

これは、アプリを起動しなくてもアプリの一部をホームスクリーン上に呼び出せる機能で、NFC(近距離無線通信)や独自のQRコードを介して起動するものになるという。

IMG_1501

具体的には、コーヒーショップでメニューにあるApple ClipsのQRコードを読み込むと、そのコーヒーショップのアプリから注文・支払いの画面だけがピックアップされた状態で表示され、そこで支払いも可能になったりするという。

IMG_1507

それまで利用していたアプリを終わらせて、わざわざシーンに合わせた専用アプリを起動しなくても済むようになるため、さまざまなアプリやサービスのアクセシビリティが向上する。

iPad OS 14

iPad独自の経験を追求するため、iOSから分離したiPad OSも進化する。

IMG_1545

フォト

ブラウジングや、整理がよりシンプルに。画面左上に表示されるボタンをタップすることでサイドメニューが登場し、そこに任意の写真をドラッグ&ドロップすることだけで写真を整理できるようになるため、より直感的な操作が実現する。

IMG_1522

ミュージックアプリ

iPadの大きな画面をより活用できるようにするため、全画面用の新しいプレイヤーを実装。そこに歌詞も表示されるようになる。

IMG_1526

通話

これまでは、電話を受けると専用の画面が表示され、そのとき利用していたすべてのアプリが中断されていたが、新たなiPad OSではアプリを中断させずに通話が行えるようになる。

IMG_1529

なおこちらの通話UIの刷新については、iOS 14でも行なわれるという。

サーチ

UIが刷新されるほか、メールやアプリ、ドキュメントなどすべてが検索できるようになる。

ペンシル

新たにScribbleという機能が実装される。これは、手書きのテキストをシステムが認識し、打ち込みのテキストとして処理してくれるというもの。

IMG_1536

これを利用すれば、ブラウザの検索欄に文字を手書きするだけで検索が行えるようになるほか、書き込んだテキストを選択し、コピーペースト出来るようにもなるという。日本語への対応については語られていなかったため、日本語環境でも利用できるのかは不明。

IMG_1540

Air Pods

Apple純正のポータブルオーディオデバイス“Air Pods Pro”に新機能“Spatial Audio”が追加される。シンプルに言ってしまえば立体音響への対応となるが、それだけでなくジャイロセンサー、加速度センサーを用いてユーザーの位置、姿勢を認識し、それに合わせた音響調整をしてくれるという。

IMG_1548
IMG_1550

 

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧