1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. レベルキャップ解放&新PvPコンテンツなど追加要素盛りだくさん!イベントで発表された『リネレボ』新情報まとめ

【お問い合わせ窓口 休業のお知らせ】
お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
【休業期間】2020年8月4日(火)17時~2020年8月13日(木)11時

レベルキャップ解放&新PvPコンテンツなど追加要素盛りだくさん!イベントで発表された『リネレボ』新情報まとめ

2020-02-22 20:01 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

リネージュ2 レボリューション

レベルキャップは440に!

2020年2月22日、ネットマーブルが『リネージュ2 レボリューション』における国内最強血盟を決めるイベント“血盟王者決定戦”を開催し、その中で本作に関する新情報発表を行った。

01

ここでは、そこで明らかになった新情報をまとめて紹介していく。

5vs5の新たなPvP

まず発表されたのは、新たなPvPコンテンツ“栄光の戦場”について。こちらは5対5で争うリアルタイムPvPコンテンツとなっており、決められた時間内で多くのポイントを集めたチームが勝利となる。ポイントは、敵を倒したり、特定のオブジェクトに刻印を施すことによって獲得できるという。

02

なおこちらのPvPコンテンツは、血盟に入っていないユーザーでもPvPが楽しめるようにと用意されたもので、今後こちらを使った大会を開催するビジョンもあるとのこと。

新システム“エンチャントボード”

続いて発表されたのは、新システム“エンチャントボード”。こちらは、パーツを集めてパズルを完成させると、特定のスキルが使えるようになるというもの。ここで手に入ったスキルは、既存のスキルボタンに割り当てられるものではなく、新たに設置されるボタンに割り当てられるという。

03

なお、発表の際には巨大なチェシャ猫が召喚され、周囲の敵にダメージとスタンを与える様子が確認された。

コスチューム&騎乗ペット

こちらは見ての通りの内容。スケートボードが騎乗ペットにあたるという。

04

今後は変わったテイストのものも実装されるとのことなので、カスタマイズもより楽しめるようになりそうだ。

全サーバー要塞戦

こちらも名前から想像できる通りの内容。土曜日に開催される要塞戦で、“最上位要塞戦”に入札した最大120の血盟で要塞をめぐる戦いをくり広げることになるという。

05

こちらでは、報酬として先に紹介されたエンチャントボードのピースが手に入るほか、専用のショップでアイテム交換に使える“要塞の証”というアイテムが手に入るという。

レベルキャップ開放

待望のレベルキャップ開放も4月に実施される予定であることが発表された。これでレベルキャップは440になる。また合わせて新領地“アデン東部”、そして“悪魔特性”装備が実装されることも明らかに。

06

なおレベル440までの経験値テーブルは、前回とほぼ同様に、そこまでキツくない内容になっているとのこと。新たなコンテンツを楽しんでもらうことを第一に作られた経験値テーブルということなので、悪魔特性の装備は、その新たなコンテンツで活きるものだと予想される。

全サーバー攻城戦

攻城戦における最強を決める戦いも実施される。

07

気になる具体的な実装日は明かされなかったものの、5月実装に向けて開発を進めているとのこと。なお、こちらの攻城戦は“光の城”、“闇の城”の2種類が用意され、それぞれの戦いで優勝した血盟には、画像にもあるコスチュームが獲得できるほか、城に合わせた特典が手に入るという。

なお、こちらの攻城戦におけるルールは、3ラウンド制の血盟総力戦。

第1ラウンドには全サーバーから最大36の血盟戦が参加でき、ここでの各試合は3つの血盟が10分間での獲得ポイントを争うことになるという。なおポイントは、ある特定のタイミングが訪れたとき、マップ中央のエリアに入っていた血盟員の人数分だけ加算されていく仕様が想定されているという。

08

続く第2ラウンドは、第1ラウンドを勝ち抜いた最大12の血盟が参加できるラウンドで、1試合に4つの血盟が参加する形になるという。

試合のルールは、制限時間(15分)内に、もっとも多くの旗ポイントを獲得した血盟が勝利を収めるというもの。旗ポイントは、マップに点在している旗に刻印を施し、旗を保有することで旗に応じたポイントを獲得できるという。

09

第3ラウンドは、ここまですべてのラウンドを勝ち抜いてきた3血盟が雌雄を決する最終決戦。

ここでのルールは、通常の攻城戦とほぼ同じく、試合時間中(30分)に聖物への刻印を成功させた血盟が勝利するという内容。通常の攻城戦と異なるポイントは、リスポーン位置を更新できる前進基地と呼ばれる仮拠点を設置できるという点。このシステムは、1試合中に2回だけ使えるものとなっているので、どのタイミングで使っていくかが勝敗を分けるポイントになりそうだ。

10

要塞戦に新要素

要塞戦もリニューアル。

11

こちらの詳細はバランス調整が難しく、まだ検討を重ねている段階ということで多くは明かされなかったが、要塞の中にモンスターを召喚して、それが防御塔を攻撃してくれるような機能の実装を検討していることが語られた。

クラス覚醒&バックグラウンドモード実装

発表の最後を飾ったのは、その他アップデート情報。

12

バックグラウンドモードは、その名からも想像できる通り、バックグラウンドで自動戦闘が行えるというもの。

工匠マスターアガシオンは、日本でのみ実装される機能で、工匠を最大レベルにまで上げたプレイヤーだけが得られるアガシオンで、その労力を称える意味合いを持つという。アガシオンはそれぞれスライドに掲載されているイラストになるという。

クラス覚醒は、スキルツリーのような形のシステムで、覚醒させると新しいスキルが使えるようになるという。戦闘にも大きな影響を与える要素であるため詳細が気になるところ。クラスバランス調整は、こうした新規要素の実装に合わせて行われるという。

これらのアップデートは、すべて上半期中の実装が予定されるとのこと。

リネージュ2 レボリューション

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルMMORPG
メーカーネットマーブル
公式サイトhttp://l2.netmarble.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧