1. サイトTOP>
  2. LINEとNetEase Gamesが包括契約を締結!複数のゲームタイトルでLINEのソーシャル機能をゲーム内で活用するチャネリングモデルを導入予定

【年末年始休業のお知らせ】
2019年12月27日(金)15時~2020年1月6日(月)11時まで、お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

LINEとNetEase Gamesが包括契約を締結!複数のゲームタイトルでLINEのソーシャル機能をゲーム内で活用するチャネリングモデルを導入予定

2019-12-19 12:52 投稿

LINEは、『第五人格』や『荒野行動』など数多くの人気タイトルを配信しているNetEase Gamesと、LINEのチャネリングモデル導入における包括契約を締結した。

以下、プレスリリースを引用

LINE と中国大手パブリッシャー NetEase Games、複数ゲームタイトルでの包括契約を締結「荒野行動」や「Identity V 第五人格」につづき、複数ゲームタイトルでチャネリングモデルの導入を予定

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下「LINE」)は、NetEase Games(本社:中華人民共和国広東省広州市天河区、代表者:丁 磊)と、LINEのチャネリングモデル導入における包括契約を締結しました。

Line_1

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」を入り口として、人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、全てが完結するスマートポータル戦略を推進し、日本国内で月間利用者8,200万人を超えるユーザーに付加価値の高いサービスを提供しております。ゲーム事業ではそのユーザー基盤を活かしたチャネリングモデル*1をスマホ向けゲームアプリに提供しており、NetEase Gamesの大ヒットタイトル「荒野行動」や「Identity V 第五人格」をはじめ、これまで幅広いタイトルに導入いただいております。

*1:LINEがゲームアプリに展開するチャネリングモデルとは「LINE」のソーシャル機能をゲーム内で活用するサービスです。本サービスを導入することで「LINE」上のソーシャルグラフを活用でき、ユーザーは自分が遊んでいるゲームにLINEの友だちを招待できたり、同じゲームで遊んでいる LINEの友だちがゲーム内ランキングで表示されたり、ゲーム内アイテムを送りあったりとゲームの楽しさを友だちと共有することが出来ます。

NetEase GamesはNetEase、Inc.(NASDAQ:NTES)が設立したオンラインゲーム部門で、中国では最も人気のあるPCおよびスマホゲームの開発と運営を行っております。 高品質なオンラインゲームコンテンツを提供する世界最大のゲームメーカーの1つとして、NetEase Gamesは世界中のオリジナルなスタジオの成長をサポートし続けながら、国際的な存在感を増々高めています。そして、自社開発と世界レベルの研究開発能力を上げるために、ブリザード・エンターテイメント、 モージャンAB(マイクロソフトの子会社)等、世界的なゲームメーカーと提携し、中国で最も人気のある国際オンラインゲームを運営しております。

LINEとNetEase Gamesは、LINEが持つプラットフォーム基盤を活用したサービスとNetEase Gamesが展開する強力なタイトルとの連携により、アジア市場への新しいゲーム体験の提供を推進してまいります。

■NetEase 副社長 王怡(Ethan Wang)よりコメント
LINEと深く提携を行うことに弊社は嬉しく存じます。LINEは世界中で、特に日本では幅広い年齢層のユーザーを抱えております。ソーシャル機能は人と人をより緊密に結ぶことができます。

「荒野行動」及び「Identity V 第五人格」での実行段階を経て、チャネリングモデルを導入することでユーザーの満足度が向上することができました。Lineとの提携をもとに、より質の高いゲームでユーザーの体験を向上できることを期待し ております。

■LINE 株式会社 執行役員 奥井 麻矢 よりコメント
LINEが「LINE GAME」サービスをはじめてから7 年、私たちは様々な企業様と共に「LINE」のプラットフォーム力を活かしたゲーム体験を提供してまいりました。そして今回新たに、グローバルでヒット作を生み出すNetEase Gamesとパートナーを組めることを大変嬉しく思います。良質なゲームコンテンツと「LINE」のソーシャル機能を活かした新しいゲーム体験を、ともに世界中のユーザーに提供していきたいと思います。

LINEでは、今後も「CLOSING THE DISTANCE」をミッションとして、「LINE GAME」をはじめ、様々な連携サービス・コンテンツを拡充することにより、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図って参ります。

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧