1. サイトTOP>
  2. 『荒野行動』が舞台に!?『ゲームしませんか?~荒野行動~』主演の杉江大志&三浦海里インタビュー

『荒野行動』が舞台に!?『ゲームしませんか?~荒野行動~』主演の杉江大志&三浦海里インタビュー

2019-10-24 17:30 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

荒野行動

『荒野行動』が舞台に! その魅力に迫る!!

スマ―トフォンやPCでプレイできる大人気バトルロイヤルゲーム『荒野行動』。それを題材とした『舞台 ゲームしませんか?~荒野行動~』が、2019年10月30日から上演予定となっている。

『舞台 ゲームしませんか?~荒野行動~』は、さまざまな悩みを抱える5人のプレイヤーが、ゲームやリアルの交流を経て悩みや困難に挑んでいくというヒューマンドラマ。『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、『ゆうべはお楽しみでしたね』、『弱虫ペダル』などの脚本を務める吹原幸太氏と、『劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪』や『艶漢』などの代表作がある演出家ほさかよう氏がタッグを組んで手掛けることでも話題を集めている。

001

>『舞台 ゲームしませんか?~荒野行動~』公式サイト

今回は、舞台稽古が行われているスタジオにお邪魔し、斎藤ショウ役の杉江大志さんと堀 ミキオ役の三浦海里さんにインタビュー。現在鋭意稽古中の舞台の注目ポイントや意気込みなどを伺った。

■プロフィール
杉江大志(斎藤ショウ役)
『文豪とアルケミスト』や『KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-』といった、アニメ・ゲームを題材とする“2.5次元舞台”での出演を中心に人気を集める。

三浦海里(堀 ミキオ役)
『ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!』、舞台劇『からくりサーカス』、ミュージカル『HARUTO』、『誰ガ為のアルケミスト』舞台版などに出演。2.5次元舞台を中心に活躍中。

01

▲杉江大志さん(写真右。文中は、杉江)、三浦海里さん(写真左。文中は、三浦)

『荒野行動』を介して描かれる人間模様に注目!

――まずは、ご自身が演じるキャラクターのご紹介をしていただけますでしょうか。

杉江 ショウは、現実では冴えないヴィジュアル系バンドのボーカル兼リーダーをしています。ゲームでも、今回の5人のリーダーとしてみんなをまとめ上げる役割です。ヴィジュアル系バンドのほうは活動が全然うまくいかないでいるのですが、彼自身はすごくいいヤツなんです。

三浦 ミキオは久ヶ沢 徹さん演じる堀 ヒデキの息子なのですが、とある事情から父親と不仲になってしまっていて、さらに現実世界ではイジメにあっているという、ちょっと暗めなキャラクターです。その反動か、ゲーム内では明るく振る舞って敵に突っ込んでいくような性格でもあります。ショウもですけど、“イマドキ”の男の子なんじゃないでしょうか。

杉江 ゲーム内でははしゃいでいるけど、実際に会ってみるとこんな大人しいんだっていうのは、今風かもしれないですね。本来ならそうでありたい姿は現実では出せなくて、いろいろ我慢しているところがある子なのかも。

三浦 そのとおりです!(笑)

杉江 自分から言って(笑)。

――(笑)。それでは、リーダーであるショウ役の杉江さんから、本作のストーリー・あらすじとなるところを教えていただけますか?

杉江 すごく個性のある5人が登場して、『荒野行動』を通じて出会い、交流していくヒューマンドラマになっています。それぞれに悩みや課題があって、それをクリアーするのにお金が必要になってきて、それがきっかけで『荒野行動』の大会に出るというのがストーリーの大筋です。

――おふたりは2.5次元舞台の演劇を多数経験されていますが、今回の舞台は、“ゲームをプレイする現実の人を演じる”という、ちょっと雰囲気の異なるものになっていますね。

三浦 ゲームやアニメなどのキャラクターを演じるのとはちょっと違いますね。やることはいっしょですけど、今回はオリジナル作品なので、自分次第でどんなキャラクターにも持っていけるのが楽しいですね。

――稽古を拝見したのですが、各シーンの練習をしながら、皆さんで「やっぱりこうしよう」と相談しながら演技を調整されているのが印象的でした。

杉江 今回は、とくにそういう雰囲気ができあがっていますね。思ったことを素直に共有して試行錯誤できる環境になっているので、すごくいいなって思います。ふだんよりもいろいろな意見が飛び交っている現場だなと。

――今回の舞台は『荒野行動』を題材とした物語になっていますが、ゲームをプレイされてどういった感想を持たれていますか?

三浦 まず画面がきれいですよね。ゲームはすごい進化しているなと思います。

杉江 スマートフォンなのにボイスチャットしながらできるのがすごいですね。いままではゲーム機にマイクをセットしないとできなかったじゃないですか。ゲーム性もすごい楽しいし、のめり込んじゃいますよね。

――本作はバトルロイヤルのアクションシューティングなのですが、ゲームとしてはけっこう難しいですよね。

三浦 いや~勝てないですよね。

杉江 それが腹立たしく(笑)。僕はこの舞台があったので、挫折しそうになりながらもプレイし続けていたらそこそこうまくなりました。そうしたら俄然楽しくなりましたね。

三浦 僕は『荒野行動』がすごいブームになっていたときにプレイを始めたのですが、めちゃくちゃハマりました。その当時は本番中も、その日の公演が終わった夜に共演者の方とずっとプレイしていましたね。

――すでにアップされているYouTubeの動画では、杉江さんは1位を取られていましたね。

杉江 あのときは4人チームでプレイしていたんですけど、1位取れちゃいました。

三浦 僕も先日YouTubeの動画用に収録しながらプレイしたんですけど、ボッコボコにされてしまいました(笑)。

杉江 プレイする時間帯によって、プレイヤーの強さがけっこう違う気がしていますね。

三浦 僕がプレイしたのは22時くらいだったので、ガチな人たちが集まっていたのかも。

TN4_2205

――まさにコアタイムですね。アクションシーンもあり見どころ満載な本舞台ですが、お二方それぞれが”見どころだと思うシーン”を教えていただけますでしょうか。

三浦 アクションのシーンは、ステージだけでなく客席も縦横無尽に走り回るという臨場感のある舞台になっています。観るだけじゃなくて体感して楽しめるんじゃないかと。好きなシーンとしては、ショウが壁にぶつかっているときにみんなで会話する場面があるのですが、そこが個人的にすごい好きなんですよね。芝居をしているときに僕と杉江さんの目が合うのですが、そのときの杉江さんの目と表情が、言葉で言い表せられないくらいすごくて。

――アクションシーンの演技に期待ですね。杉江さんはいかがでしょうか。

杉江 見どころは本当にたくさんありますよ。アクションシーンは、舞台ではあまりない銃撃戦になっていて、そこがまずひとつ。あとは、個性の強い人たちが織り成すヒューマンドラマにも注目していただきたいです。コメディータッチな作品ではあるのですが、それぞれのキャラクターに悩みや葛藤があって、それが最後にどうなるのかっていう人間模様も楽しんでいただけるんじゃないでしょうか。僕が好きなのは、ミキオとヒデキがぶつかり合っているところに美津乃あわさん演じるセツコが割って入ってきて、ミキオをひっぱたくシーンですね。あそこの迫力と臨場感はすごくいいなと。

三浦 あと、今回は舞台装置もかなりダイナミックなものになっていて、そこにも注目していただきたいです。

杉江 稽古ではまだ使ったことがないのですが、早く実物を見てみたいですね。すごく大きなハコが動いて、そこの周囲でアクションしたりするんです。いままでにない演劇が観られるんじゃないかと。

――なるほど。観客が驚くような仕掛けがあるんですね。それ以外には、いかがでしょうか。

杉江 あとは、ゲームの初心者ならではの動きを演技で表現したりとか、『荒野行動』のあるあるネタなんかも随所に盛り込んでいきたいなと。

――知っている人ならクスっとできるようなネタにも注目したいですね。最後に、これからの本番に向けての意気込みとメッセージをお願いできますでしょうか。

三浦 演出のほさかさん筆頭に個性の強い皆さんが集まっています。いまは稽古をしている最中ですが、いまの段階でも絶対におもしろくなると確信しています。『荒野行動』という題材はありますが、ゲームを遊んだことがない人でも楽しめるような内容になっていて、観ていただければ絶対に満足して帰っていただけるはずなので、ぜひご覧いただきたいです。

杉江 ゲームのあるあるネタやコメディー要素はありますが、軸になっているのはキャラクターどうしの交流を描く群像劇とヒューマンドラマです。そんな彼らが『荒野行動』を介してどう成長していくのかを観ていただきたいです。最初から最後までずっと笑って楽しめる内容ですが、最後には皆さんの心に何か残せるほろりと泣けるシーンもあるハートフルな作品です。いままで舞台を観たことがない『荒野行動』プレイヤーの方が観たら、舞台にハマれるきっかけになると確信していますので、足を運んでいただけるとうれしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲取材の日は、ガンアクションシーンを中心に稽古。『荒野行動』が題材とだけあり、ダイナミックなアクションも見どころだ。

TN4_2119

荒野行動

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルFPS/TPS
メーカーNetEase Games
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧