1. サイトTOP>
  2. 元祖カーアクションゲーム『ランナバウト』がスマホで登場! 『ランナバウト・コンボイ』2019年10月日本先行リリース決定

元祖カーアクションゲーム『ランナバウト』がスマホで登場! 『ランナバウト・コンボイ』2019年10月日本先行リリース決定

2019-09-19 17:38 投稿

映画さながらのカースタントが味わえる!?

ランナバウト・エンヂニアリングは、新作スマホアプリ『ランナバウト・コンボイ』を2019年10月に日本先行でリリースすることを発表した。

また、本作のプロデューサーとして『ランナバウト』シリーズでおなじみの内藤寛氏が参加することも明かされた。

ラン_0

本作はプレイステーションで販売された元祖カーアクションゲーム『ランナバウト』シリーズの最新作となるタイトル。ゴミ箱や信号機を蹴散らす爽快感、ビルの中や裏道を走るワクワク感など映画のカースタントシーンさながらのプレイを楽しめる。

プレイヤーはレーシングカーやスーパーカーだけでなく、バスやダンプ、道路清掃車、スクーター、戦車など100種以上のの車種を運転できるのも魅力のひとつ。

【『ランナバウト・コンボイ』~ストーリー~】
約10年前、 全てのクルマに自動運転システムが搭載。ドライバーの労力は軽減されるようになった。

しかし、それはドライバーのスキル低下を招き、 皮肉にも新たな社会問題に。それでも自動車メーカー各社は、 技術の進歩と更なるシステム改良改善を日々進めていった…。

そんな中、新興メーカー・ランナバウト社が開発した“ヴォルテックシステム”が業界の注目を集める。クルマに高性能自立AI“タマシイ”を搭載し、低下するドライバーのスキルを向上させるという画期的なシステムだ。

だが、某国メーカーは“タマシイ”を悪用。兵器への転用をしたことで深刻な国際問題へと発展。

さらに畳みかけるように数年前までは無尽蔵にあると言われてきた原油が急激に枯渇し始める。ドライバーのスキル問題、 悪用システム、 原油の枯渇問題に加え、代替エネルギーの利権争いを巻き込んだ戦いが2035年を舞台に静かに始まった。

1
6
5

【アプリ概要】
アプリ名:ランナバウト・コンボイ
ジャンル:未来型カーアクション
サービス開始日:2019年10月リリース
予定対応OS:Android、iOS
言語:日本語、英語(予定)
配布地域(予定):アジア、北米、南米、欧州
価格:無料(ゲーム内課金あり)
『ランナバウト・コンボイ』公式Webサイト:http://www.runabout.games/
『ランナバウト・コンボイ』公式Twitter:https://twitter.com/RAC_Official_JP

ランナバウト・コンボイ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーランナバウト・エンヂニアリング
公式サイトhttp://www.runabout.games/
配信日2019年10月
コピーライト

この記事のタグ

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧