1. サイトTOP>
  2. LINE QUICK GAMEに“事件を改変”していく本格チャットノベル『夏の終わりのパラドックス』が登場

LINE QUICK GAMEに“事件を改変”していく本格チャットノベル『夏の終わりのパラドックス』が登場

2019-09-18 14:35 投稿

タイムパラドックス・青春ミステリー!

2019年9月18日、WFSは“LINE QUICK GAME”向け第3弾タイトルとしてHTML5テクノロジーを活用した新作チャットノベル『夏の終わりのパラドックス』の配信を開始した。

キービジュアル1

“LINE QUICK GAME”でいますぐプレイ!

本作は、1998年を舞台に、過去からのメッセージが現代に突然チャット形式で送られ、選択肢によるカキコミで“事件”を“改変”していくという、チャットとノベルが融合した作品。

主人公ハズキを中心に、パソコン部の仲間たちが織りなす、青春、SF、サスペンスが一体となった本格チャットノベルとなっている。

イントロダクション
アナタはある⽇、⾃分のスマホに⾒覚えのないチャットのメッセージが届いているのに気づく。 名前は── 〝ハヅキ〟 。彼⼥は、とある地⽅都市に住む⼥⼦⾼⽣で、パソコン部の教室からそのメッセージを送信しているらしい。「最近、やっとピッチ買ったんだ! もうポケベル卒業だよ!」 「ワールドカップのフランス⼤会、⽇本勝てるかなー?」 「もうすぐアンゴルモアの⼤王きちゃうよー! チョベリバ!」 ……かみ合わない会話。謎のジェネレーション・ギャップ……それもそのはず、彼⼥が⽣きている世界は……なんと1998年!? アナタのスマホは時空を超え、21年前の過去と繋がってしまったのだ!
現在と過去──ふたつの時代を舞台に繰り広げられるタイムパラドックス・青春ミステリー! 忘れられないあの夏の物語を……もう一度……。

ゲーム画面1ゲーム画面3
ゲーム画面4ゲーム画面5

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧