1. サイトTOP>
  2. 事前予約開始から5日で300万人を突破!韓国NCSOFTの大本命タイトル『リネージュ2M』発表会リポート

事前予約開始から5日で300万人を突破!韓国NCSOFTの大本命タイトル『リネージュ2M』発表会リポート

2019-09-11 13:00 投稿

他を寄せ付けない圧倒的技術力

韓国NCSOFTの2019年最注目タイトル『リネージュ2M』が本格始動。
2019年9月5日、韓国・ソウルにてプレス向け発表会“Lineage2M 2ND IMPACT”を開催。同日12時より事前登録が開始され、18時間後には事前登録200万件を突破、さらに5日目には300万件突破を記録。
この数字は3日で200万件を突破した同社の『リネージュM』の超える歴代ゲーム最短記録となり、本作の注目の高さがうかがえる。

[엔씨] 리니지2M_01
[엔씨] 엔씨(NC) 리니지2M 미디어 쇼케이스 2nd IMPACT

すべての基準を変えるモバイル新時代のMMORPG

『リネージュ2M』は2004年にPCで登場したMMORPG『リネージュ2』のオリジナリティと体験を受け継いだ作品。『リネージュM』に続きリリースされるNCSOFTの2本目の“M”タイトルで、2019年第4四半期に韓国でリリース予定。※日本での展開は未定。

発表会の冒頭に登壇したキム・テクジン代表は「『リネージュ2M』はフル3Dグラフィックを実装し、モバイル-PC間のクロスプレイ、シームレスな世界を実現」、「今後数年は他のゲームが追い付けないような高い技術力でゲームを作ろうと努力した」と述べた。

[엔씨] 엔씨(NC) 김택진 CCO_01

スピーチに続き『リネージュ2M』の紹介、クロスプレイを実現させる新たなプラットフォーム“Purple(パープル)”の情報が公開されたので、内容をまとめてお届けしていこう。

【シームレスワールド】
イ・ソング総括プロデューサーは 「『リネージュ2M』は目に見えるすべてのエリアを歩いて渡ることができる完全な3Dフィールドを作ることに焦点を置いた。また、ロードせずにテレポートを通じても移動可能である」とし、完成度の高いシームレスワールドを実現させることを強調した。

また、チャンネルの区別なく数万人以上のユーザーがひとつのワールドでゲームを楽しむことができることも明らかにした。

【キャラクター表現】
キャラクターの表現については、「大勢の人が見逃しがちな点も細部までこだわった」とし、文字のコントラストから各種装飾などのグラフィック表現の精細さも追求。拡大して見ても鑑賞に耐えられるという。

クラスについては、原作をそのまま継承しながら、新しい形のキャラクターにも出会えることができると明らかにした。これにより、多彩なパーティーの組み合わせを活用した戦闘もできると説明した。

【戦闘パート】
戦闘も原作の雰囲気をそのまま再現。モバイル環境でも原作の感覚のままプレイをすることができると説明した。

また『リネージュ2M』はキャラクター同士が重なったり通り抜けてしまう現象が発生しない。キャラクターとモンスター、地形や地物が現実のように、それぞれの空間を保有し、これを活用した戦術でリアルな戦闘が行われるように設計されているという。

[엔씨] 리니지2M_03
[엔씨] 리니지2M_02
DSC06481

新ゲームプラットフォーム・Purple(パープル)

発表会ではNCSOFTの新たなサービス“Purple(パープル)”も初公開された。PurpleはNCモバイルゲーム専用サービスでモバイルとPC間の完璧なクロスプレイを提供する。

最大10万人まで会話が可能なチャットルームも開設することができ、チャットルームでは、ゲーム内の関連さまざまな通知を受け取ることもできる。コミュニティメンバーを招待したり、プレイ中にストリーミングも実行することができるという。

[엔씨] 퍼플(PURPLE)_01

質疑応答

以下、発表会の最後に行われた質疑応答のおもな内容を紹介。

DSC06508

Q:『リネージュ2M』の正式サービス開始日は?
A:今日公開したいという気持ちもあったが、現在検討している段階だ。確実に言えることは、“遠くない”ということだ。事前予約から一般的な期間内に開始する。

Q:日本で『リネージュ2』は多くの人気を得たタイトルだった。本作を展開する予定は?
A:日本の市場の性質はよく知っている。ローカライズをはじめ、多くの準備をしている。ただし、いまは韓国市場でのリリースを優先している。

Q:Purpleはすべてのタイトルがサービスの対象になるか?
A:『リネージュ2M』が最初のタイトルになり、以降NCSOFTのすべてのゲームが順次追加されるだろう。

Q:『リネージュ2M』の具体的な必須スペックは?
A:多くのユーザーがプレイをすることを望んでいるので、3〜4年以内に発売された端末ならプレイすることができるだろう。

Q:PurPleという名前の由来は?
A:紫は青と赤の中間色でもあり、これはモバイルとPCをクロスプレイでつなぐという意味でも解釈してもらいたい。

Q:『リネージュ2』とユーザーを取り合うことなるという懸念は?
A:『リネージュM』を出すときも同じ質問が出た。『リネージュ』と『リネージュM』の現状のように、それぞれの領域で、それぞれの道をお互い歩いていると思っている。

公式ホームページはこちら(韓国語)

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧