1. サイトTOP>
  2. 【配信開始】台湾の人気ホラーアドベンチャーゲーム『返校 Detention』がアプリで登場!

【配信開始】台湾の人気ホラーアドベンチャーゲーム『返校 Detention』がアプリで登場!

2019-09-09 19:57 投稿

1960年代の台湾を描いた2Dホラーアドベンチャー

台湾のゲームメーカー・赤燭遊戲(RedCandleGames)による人気ホラーアドベンチャーゲーム『返校 Detention』。

steam、PlayStation 4、Nintendo Switchなどですでに配信されている本作のスマホ版が9月5日にリリースされた。

20190907_075511000_iOS
 

『返校 Detention』は、どこか不気味さのある1960年代の架空の学校が舞台の2Dホラーゲーム。

少年少女の出会いから始まる謎多きストーリーや、恐ろしくも美しい映像、ホラーゲームらしいハラハラドキドキが楽しめるだけでなく、60年代の台湾の歴史も追体験できる。

 20190907_075515000_iOS
 20190907_075518000_iOS
 20190907_075521000_iOS
 20190907_075523000_iOS
 20190907_075526000_iOS
 20190907_075528000_iOS
 20190907_075531000_iOS
 20190907_075533000_iOS
 20190907_075536000_iOS

<ストア情報>

[ 概要 ]
1960年代の台湾、架空世界の学校を舞台にしたホラーアドベンチャーゲームです。台湾ならではの文化を表現したいため、キャラクターやシーンも台湾人に親しみのある要素を採用しており、一膳飯、廟宇、神壇など、当時の宗教や風習をゲームに組み込んでいます。

簡単なタッチ操作で遊べる、シンプルながらも巧みな謎をプレイヤーに提供します。
少年と少女の出会いと探索からストーリーが始まり、体制と衝突する60年代の台湾歴史を奇妙な形で追体験できます。オリジナル音楽とサウンド、写実的なアートが融合し、息が詰まりそうな雰囲気を醸し出します。

『返校 -Detention-』は台湾のデベロッパーである赤燭遊戯(Red Candle Games)によって製作され、アメリカで「IndieCade 2017ベストジャーニー賞」を受賞しました。

[ 特徴 ]
◆シナリオ重視で謎解き要素も交えた2Dホラーアドベンチャーゲーム
◆台湾の伝統的な文化を取り入れ、60年代の学校風景を彷彿とさせる内容
◆総収録時間40分超えのオリジナルサウンド(ロック・Low-Fi・電子音楽)とサウンドエフェクト
◆オリジナリティ溢れる写実的なゲームアート
◆多言語対応(日本語 / 韓国語 / 中国語 / 英語)

動画でも新作紹介しています

毎週更新!ファミ通App的最新ゲームランキング

YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

返校 -Detention-

対応機種iOS/Android
価格iOS:480円[税込]
Android:無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアドベンチャー
メーカー赤燭遊戲
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧