1. サイトTOP>
  2. 【新作】「なんでやねん」が止まらない!ボケ倒しのRPG『フルボイスクソゲーRPG』がじわじわくる

【新作】「なんでやねん」が止まらない!ボケ倒しのRPG『フルボイスクソゲーRPG』がじわじわくる

2019-07-24 14:55 投稿

全編フルボイスの怪作RPG!

『フルボイスクソゲ-RPG』はその名の通り、すべてのセリフにキャラクターボイスがあてられているRPGだ。

このゲームレビューの執筆依頼をもらった筆者は、テストプレイをして困ってしまった。なんと10分でクリアーできてしまったのだ。

それだけ短いと記事内で完全攻略できてしまい、レビューの範疇を超えてしまう。

ゆえに編集のおこめちんさんに記事執筆の断りを入れようかと思ったが、おもしろい。ゲームの内容はおもしろいのだ。

今回はその独特すぎるゲーム性と魅力について、ネタバレを極力避けながらも紹介していきたいと思う。

kuso1

▲アプリ起動時にまず目に入る斬新なクレジット画面に不安を誘われる。

ゲームの見どころ
・ザコキャラから女性まで、作者みずからが吹き込んだフルボイス
・独特なセリフ回しとユニークなゲームバランスからにじみ出るギャグセンス
・短時間でクリアーできるお手軽さ

ザコキャラから女性まで、作者みずからが吹き込んだフルボイス

ゲームをスタートさせると、もはや様式美、玉座から王が勇者に語りかける場面から物語は始まる。

「俺が、王だ。よく来た! 勇者よ」

それに対し勇者はかしこまって答える。

「俺が、勇者だ。何の用だ!王よ」

いや、偉そうだな!

kuso2

▲「お集りいただいたのはほかでもない」っていやなんで王様がちょっと下手に出てるんだ。

ふつうすぎるほどの設定から、ふつうではないセリフの応酬。しかも、フルボイス。ちょっとだけイケボなのが小憎らしい。開始10秒、制作者のセンスに心がぎゅっと掴まれること請け合いだ。

ちなみにキャラクターボイスが吹き込まれているのは主人公や王様といった主要キャラだけではない。

兵士や村人といった脇役キャラまでフルボイスが使用されているのだ。ご丁寧に。

kuso3

▲「……zz」。こうしたRPGでよくある寝息もフルボイスが吹き込まれている。寝息がこのゲームでどう表現されているかは、ぜひその耳で確かめてほしい。

王に魔王討伐を託された勇者。城から出て出会う女性キャラ。イラストはかわいい。

ここでひとつ、読者に質問をしよう。もしあなたがゲームを自主制作していて、女性キャラのボイスがほしいときに、どのような手段を取るだろうか。

女性声優の起用は難しいにしても、ふつうは身内の女性に声を吹き込んでもらうことを思い付くのではないだろうか。

しかし、『フルボイスクソゲーRPG』のソリューションは違う。

制作者みずからが、高音を喉からひねり出して女性ボイスをカバーするのだ!

なんという力技!!なんという奇想!

kuso4

▲男性が声色を変えて女性の声を出すシーンこそ『フルボイスクソゲーRPG』の名にふさわしい。

この手があったか…と日本中のゲーム制作者がうなるであろう瞬間である。絶対に誰もマネはしないだろうが。

独特なセリフ回しとユニークなゲームバランスからにじみ出るギャグセンス

ちなみにこの女性キャラは強い。魔術師の名に恥じず、強力な魔術を使いこなすぞ。

だがしかし、この魔術師は物理攻撃をすると、その魔術攻撃以上のダメージをたたき出すのはご愛敬だ。

kuso5

▲拳でわからせる女性魔術師エイダ。いや、魔術師ちゃうんかい。

とはいっても戦闘シーンは少ない。まともな戦いは、ボス戦と、途中に出てくる“小汚いオーク”くらいなものだ。

この“小汚いオーク”も、自分で自分のことを“小汚いオーク”と名乗っており「なんでやねん」と突っ込まずにはいられなかった。

kuso6

▲このゲームのオークの名乗りかたはなかなか自虐的だ。

雑だ。万事、雑だ。このゲームはすべてが雑だ。雑なのだが、作者の絶妙なセンスでいちいち、笑いを取っていくのがずるい。

短時間でクリアーできるお手軽さ

敵のラスボスのところにはゲーム開始後、間もなく辿り着く。いかにもたくさん苦労してきたような口ぶりのキャラたちに突っ込みたい気持ちを我慢すればボス戦だ。

kuso8

▲プレイ開始して間もなく辿り着くラスボスの城。さまざまな苦難というセリフに突っ込みたい気持ちを我慢だ。

サクサクしたプレイ感。ボリュームは正直、薄い。

しかし、ボリュームの乏しさは果たしてデメリットなのだろうか?

たくさんの魅力的なアプリがたくさん世に存在する昨今、こういった短時間でさっと楽しめるゲームの価値もまた意外に高いのではないだろうか。

ゲームをなかなかプレイできない忙しい人、現代RPGへの強烈なアンチテーゼを体感したいゲーマーにはぜひぜひおすすめしたい怪作だ。

kuso7

▲エンディング後に流れる声優たち。勇者を演じる声優には、製作者のぬか漬けパリピマンみずからが登板。王を演じる声優には、ぬか漬けパリピマンを抜擢。姫にはなんとぬか漬けパリピマンを起用している。そして小汚いオークももちろんぬか漬けパリピマンだぞ。

個人的にはかなり楽しめたので、おすすめしたい。

(BY ponta
pontasmile

フルボイスクソゲーRPG

対応機種iOS/Android
価格無料
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
公式サイトhttps://homepage.nukadukeparipiman.com/appli.html
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧