1. サイトTOP>
  2. 『ライフアフター』マルチの前に下準備!! ソロで気ままにサバイバルと物語の基礎を学ぼう

『ライフアフター』マルチの前に下準備!! ソロで気ままにサバイバルと物語の基礎を学ぼう

2019-05-24 19:12 投稿

便利すぎる生存指南のススメ

未知のウイルスによって滅びた世界を生きる数少ない生存者となり、徘徊する感染者や変異したモンスターたちを撃退。朝と夜をくり返し終わりなきサバイバルに身を投じていく。

本記事で紹介する『ライフアフター』は、『荒野行動』や『Identity V -第5人格- 』などでおなじみNetEaseが手掛ける作品。

今回はオンラインデビューする前に覚えておきたい要素が凝縮された便利なチュートリアル“生存指南”をベースに、いまからでも楽しめるサバイバルと物語の魅力に触れていく。

lifeaftersinan01

救いを求め全力で生きる人々を描く物語

暴動の原因が未知のウィルスに感染した病人によるものだと判明したときにはすべてが遅すぎた。

政府は抗体研究の失敗を公表、一時的は避難を始めるが加速するパンデミックの拡散に為す術がない。

主人公であるプレイヤーは北の地に生きる難民であり、帝国の保護を求め車を走らせていたところ感染者の襲撃を受けてしまう。

本作はそうした壮大な世界観を描く日本語ボイスのムービーから始まり、そのままの流れでプレイヤーをゲームの中に導いていく。

lifeaftersinan02書き込み
lifeaftersinan03書き込み

冒頭から容赦のない本作はゲームプレイ開始と同時に、走行中の車に飛び乗ってくるゾンビの群れと戦いが始まる。

ユーザーインターフェイスは同デベロッパーの『荒野行動』と似ているので経験のある人ならすぐに対応できるが、そうでなければ無茶ぶりだ。

それだけ危機的状況なんだという演出なのだろうが、突然の展開にエイムも荒れ放題。これがバトロワゲームなら即死間違いなし

lifeaftersinan04書き込み

そんな中で「おれ、いま生きてる!」と実感し、「こいつらと戦う!」覚悟を決めた直後に仲間たちがあっさり死亡

イケメンNPCはイケメンだけに今後出てきそうだが、数秒前に筆者が誓った覚悟をよそに物語はノンストップで進んでいくのだ。

lifeaftersinan05書き込み

そんな絶望的な状況で出会う眼帯おじさん(アレクシャー)は、言葉使いこそ荒々しいが面倒見のいい頼れる男。

その後、すぐに再会する愛犬といっしょに安全なエリアを目指そうかと盛り上がっていた直後、今度は巨大モンスターが現れ逃走劇がスタート

サバイバルの基礎は本当に最小限しか教えてくれないまま、この世界で起きている最悪の事態を全力で見せ付けてくるのだ。

lifeaftersinan06書き込み

この怒涛の展開はさらに続き、そのまま最初の街“ハッピー101”に到着。単なる派手で一方的なムービーに終わらず、ゲームプレイを通じて危機的状況を体験することができる。

冒頭から膨大な情報量で遊び方を押し付けてくるゲームは、どんなに興味があっても圧倒されて気持ちが萎えやすいが、本作にはそうした要素が薄く、自分が生きていく世界の様子をアクション主体の自然な流れで体験できた点はライトユーザーにもやさしいアプローチだと感じたぞ。

lifeaftersinan07書き込み

サバイバルの基礎を網羅する生存指南

怒涛の展開から流れ着く“ハッピー101”という最初の街。ここは、ゲームに役立つ施設が立ち並び、たくさんのプレイヤーたちで賑わう重要な拠点だ。

さっそくマルチプレイに挑戦したくなるところだが、本作はサバイバルゲーム。時間の経過とともに低下していく体力や精力など、数々のステータスを維持するための素材集めとクラフトの知恵を身に着けなければならない。

そこで注目したいのがチュートリアル“生存指南”の存在だ。

lifeaftersinan08書き込み
lifeaftersinan09書き込み

この生存指南では、武具を作成する装備製作台や自分の持ち家を建築するための建材作業台などの重要なクラフト要素。さらに、伐採に使う“石の斧”や採掘に必要な“石つるはし”など、作業台を使わずいつでもクラフトできる消耗品の扱いもシチュエーションに合わせて学ぶことができる。

lifeaftersinan10書き込み
lifeaftersinan11書き込み
lifeaftersinan12書き込み

また、生存指南は1冊の本になっており、いつでもページをめくって手順を確認できるのでチュートリアルという印象は薄い。

筆者のようにクラフトが苦手なものにとっては、まさに指南書のように何度でも見返したくなる作りだと感じた。

lifeaftersinan13書き込み
lifeaftersinan14書き込み
lifeaftersinan15書き込み

なお、本作には昼と夜の概念があり、夜になると感染者の数が増えプレイヤーに襲いかかる。

必ず事前の警報があるので、それを確認したらフィールドの各所にある小屋に避難。そこに集まるプレイヤーとひとときの交流を楽しむのもいい。

荘園レベルというものを上げればボロ屋だった我が家を2階、3階建てと立派に改装。フレンドを招待できるようになっていくのもおもしろい要素だ。

lifeaftersinan16書き込み
lifeaftersinan17書き込み
lifeaftersinan18書き込み

マルチプレイの壁と今後の課題

ボリュームのある生存指南の中盤あたりからは、マルチプレイ必須のものが登場。ボイスチャットで手軽に意思疎通を図りながら、さらにコアなサバイバル体験ができるようになっていく。

lifeaftersinan19書き込み

スマホのマイクを使うので特別な機材は不要。いつでもすぐにボイスチャットができるし、声を出しにくい環境ならテキストチャットを使うこともできる。

ただし、メリットが多いマルチプレイにおいて注意したいのがパーティーを組んでいても素材が共有されない点早いもの勝ち状態になってしまうのは、アイテムを送り合う機能があるにしてもマルチプレイがギスギスしてしまう残念ポイントだ。

また、今回注目したチュートリアル“生存指南”だが、順序立てして丁寧に作られている反面、とても長く、網羅するころには飽きてしまうかもしれない。

あくまでも“生存指南”はマニュアルと考え、やるか否かはプレイヤー次第という設計を望む声も多いのではないかと感じた。

lifeaftersinan20書き込み
lifeaftersinan21書き込み

今回触れたのはあくまでも生存指南を中心としたもの。

それ以外にもいっしょに戦ってくれる相棒の犬やさまざまな能力値を向上させる天賦スキル採集熟練度が0で習得する専門職持ち家のグレードアップに欠かせない荘園レベルなど、時間を忘れて没頭できる魅力的なコンテンツがたくさんある。

興味はあったけど出遅れたと感じているそこのあなた、これをきっかけに魅惑の終末生活を始めてほしい!!

lifeaftersinan22書き込み
lifeaftersinan23書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ライフアフター

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションアドベンチャー
メーカーNetEase Games
公式サイトhttp://www.lifeafter.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧