1. サイトTOP>
  2. 【新作】DMMの新作『UNITIA 神託の使徒×終焉の女神』は異世界で美少女とわちゃわちゃできるハイクオリティなファンタジー

【新作】DMMの新作『UNITIA 神託の使徒×終焉の女神』は異世界で美少女とわちゃわちゃできるハイクオリティなファンタジー

2018-07-31 14:00 投稿

RPGとしての重厚感もバッチリ

人気作『神姫PROJECT』を手掛けるテクロスが開発した、2018年7月31日に配信されたスマホアプリ『UNITIA 神託の使徒×終焉の女神』(以下、『UNITIA』)。

UNITIA_01

キービジュアルの美少女たちの作画からして、かなり気合が入っていることがうかがえると思うのだが、本作は、そんな美少女たちと出会いながら、王道ファンタジーのストーリーを楽しめるRPGとなっている。戦闘はターン制コマンドバトルで、戦略性も抜群だ。

本記事では、この『UNITIA』をひと足先にプレイさせていただくことができたので、そのレポートをお届けしていく。

ゲームのみどころ
・透明感あふれる美少女たちとハーレム調査団を築け!
・スキル回しと大技での割り込みがアツいコマンドRPG
・6人パーティー×4タイプの装備で戦略は無限大!?

透明感あふれる美少女たちとハーレム調査団を築け!

まずは本作の舞台をご紹介。ここは、かつて別々の存在であったふたつの世界が融合して生まれた“クロスワールド”と呼ばれる世界。

魔法文明“ミストレア”と、科学技術によって繁栄する“ネオラント”は、突如として共存を強いられた。しかし双方ともにこれを受け入れがたく、覇権争いを続けていた。

UNITIA_2

▲そんな動乱の中、“ダスト”と称される異形の怪物が出現し、人々に襲いかかる!

主人公は、“ダスト”が出現する際に起こる“虹災”という自然現象を追うべく、“虹の調査団”を結成。“ミストレア”と“ネオラント”の架け橋となって、世界の謎を解き明かすことになる。

UNITIA_3

▲そして恐らく、世界を救ううえで鍵となるのが、記憶喪失の少女・テラ。ストーリーに差し込まれる、美麗なスチル絵にも注目だ。

チュートリアル部分では、テラと謎の少年が言葉を交わす、意味深な回想シーンも用意されていた。

主人公が彼女をひと目見て、「懐かしい感じがする……」と漏らしたことからも、ふたりのあいだに何かがあったことは間違いないハズだが……?

……このように、壮大な冒険ファンタジー要素もありつつ、さまざまなタイプの美少女たちと出会い、そして絆を深めていく王道の“ボーイミーツガール要素”がふんだんに含まれたのストーリー楽しむことができる。

UNITIA_sutiru

▲かわいい女の子がたくさん登場! 理想のハーレムパーティーを編成するのが本作のいちばんの楽しみかもしれない。

「個性豊かな美少女たちと、剣や魔法で大バトル!」な異世界ファンタジーものが好きという人に、ぜひオススメしたい一作だ。

UNITIA_5

▲メインストーリーとは別に、各キャラクターとの出会いなどを掘り下げるキャラストーリーが完備されているのもうれしいところ。

キャラストーリーはキャラクター入手時に解禁されるほか、そのキャラクターを進化させることで新たなストーリーが追加されていく。

進化システムも、進化素材+ゴールドというお財布にやさしい仕様なので、お気に入りの女の子を見つけたらバンバン進化させて絆を深めていこう。

 IMG_7392

▲敵側のボスキャラクターまでもが超絶クオリティ! このお美しいモンスターお姉さま、どうやったら仲間にできますか……?

スキル回しと大技での割り込みがアツいコマンドRPG

戦闘パートでは、敵・味方のターンがシームレスに入れ換わるコマンドRPG方式が採用されている。

UNITIA_6

▲画面左端のタイムラインが、バトル中の行動及び攻撃順を示す。画面下に並ぶのが、各キャラのアクティブスキルのアイコン。

スキルアイコンをタップすることで発動予約ができ、該当キャラの行動時にスキルが放たれる。また、発動予約したスキルはタップした順にストックされていく。

UIを見ると複雑そうに見えるかもしれないが、忙しい操作や複雑なコマンド入力などは必要ないため、「目まぐるしいバトル展開が苦手……」という人でも大丈夫。

基本的に、スキルを予約した後は眺めているだけでバタバタと敵をなぎ倒すことができる……が、強大なボスが現れた際は、状況に合わせて適切なスキル選びが必要という、手軽さと戦略性のバランスが丁度いい。

UNITIA_7

▲なかには、発動時に迫力満点のアニメーションムービーが流れる強力なスキルも。

UNITIA_8

▲複数の敵を巻き込んで攻撃できるような強力スキルは、そのぶん再使用可能になるまでに必要なターン数が長めに設定されている。

UNITIA_8

▲敵に攻撃を与えたとき、味方がダメージをうけたときに画面右下のオラクルアシストゲージが上昇。

また、ゲージが最大まで溜めればオラクルアシストという、味方へのサポート効果を含む強力な一撃が使用可能になる。

オラクルアシストは敵味方問わず行動に割り込んで発動するため、戦況の打開にはうってつけ。たとえば、強力なボスが出現するステージで前座のwaveに出現する雑魚を一掃したり、はたまたボス戦まで温存して短期決戦を狙ったりと、使いみちは幅広い。

先述のアクティブスキルとあわせて、このオラクルアシストをどのタイミングで使っていくかが、プレイヤーの腕の見せどころだ!

UNITIA_111

▲オラクルアシスト発動時の神秘的なテラのカットインには、思わず息を飲む……!

6人パーティー×4タイプの装備で戦略は無限大!?

パーティーは、最大6キャラクターで編成できる。

同時に戦闘参加するのは5人までで、6人目はメンバーが倒れたときに自動交代するサポートメンバーという位置付けだ。

UNITIA_9

▲6人目として、フレンドなどの所持キャラクターを連れて行くことも。自前で用意するか、フレンドの力を借りるかは悩みどころ。

UNITIA_10

▲フルメンバーでの戦闘は壮観のひと言。スキル操作が忙しくなる反面、戦略性はさらにアップ!

 IMG_7222

▲ちなみに、キャラクター詳細画面からはバトル中のボイスをすべて再生可能。お気に入りのセリフを無限に聞けるので、キャラ愛の加速が止まらない!

また、個々のキャラクターたちに装備品をセットすれば、キャラクターのさまざまな能力を引き上げることが可能となる。

装備品は大きく分けて、攻撃力アップ、防御力アップ、素早さアップ、HPアップの4タイプが存在する。

UNITIA_11

▲各キャラクターに1タイプずつ、計4つの装備品をセットできる。

装備品には、各タイプで固有のメイン効果武器固有のサブ効果、同名装備でも個別に内容が異なるランダム効果の3種類が設定されている。

ステータスに直結するメイン効果はもちろん、反撃やブロック(ダメージ軽減の効果)の発生率などをアップできるサブ効果やランダム効果も、セットすべき装備品を見極めるうえで重要だ。

ちなみに、各キャラクターには個別にキャラタイプが割り当てられており、以下の5種類のどれかに属している。

【キャラタイプ】
・アタッカー(火力が高い攻撃役)
・ヒーラー(HP回復や蘇生など、味方のサポート役)
・ディフェンダー(味方の防御力の強化や、壁役)
・トリッキー(状態異常の付与役)
・バランス(味方の強化、敵の弱体役)

火力に優れるアタッカーにクリティカル率が上がる装備品をセットしてみたり、敵の攻撃を引きつける壁役のディフェンダーに反撃率が上がる装備をセットしてみたりと、キャラタイプと装備品の組み合わせかたは数多にある。

そのうえ、「この装備品に、あの効果がついていたら……!」などと装備品のランダム効果にまで厳選し始めたら、睡眠不足待ったなし!?

対人&交流要素もいたれりつくせり

今回紹介した以外にも、本作の楽しみかたは盛りだくさん。

ほかのプレイヤーとパーティーの強さを競えるアリーナや、リアルタイムでメッセージを送り合えるチャット機能、最大30名が所属できるギルド機能など、プレイヤー間での対戦&交流の場も、豊富に用意されている。

UNITIA_12

▲アリーナでは、スキル発動がオートモードに固定。移動中などでもサクッと、激アツの総力戦を味わえること請け合いだ。

どっぷり浸れる重厚なストーリー、スキル&オラクルアシストが生み出す戦略性、キャクターと装備品の組み合わせの試行錯誤など、とにかく腰を据えて楽しめる本作。

かく言う筆者も、第1章だけで30クエストほどの大ボリュームで待ち構えるメインストーリーを、あっという間に駆け抜けてしまった。

IMG_7347

▲モッフモフの不思議生物も登場。こちらは、グモモという本作のマスコット的な存在で、後に驚きの特殊能力を発揮してくれる。

なお本作では、スマホアプリ版のほかに、PC版の同時リリースが予定されている。もちろんデータ連動にも対応しているので、出先ではアプリ版、家では腰を据えてPC版といった使い分けができるのもうれしい。

配信開始の折には、ぜひフレンドたちと情報交換をしつつ、魅力的なキャラクターたちとともに“クロスワールド”の謎を解き明かしていきたいところだ。

UNITIA 神託の使徒×終焉の女神

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDMM GAMES
公式サイトhttps://unitia.net/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧