1. サイトTOP>
  2. スクエニ、平成30年3月期決算を発表。スマホタイトルは『FFBE』『星ドラ』『DQMSL』などが好調で増収増益に

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

スクエニ、平成30年3月期決算を発表。スマホタイトルは『FFBE』『星ドラ』『DQMSL』などが好調で増収増益に

2018-05-11 16:05 投稿

家庭用タイトルでも過去に発売したタイトルのダウンロード版などリピート販売が好調

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、2018年5月11日、平成30年3月期の決算発表を行った。

WS000021

※詳細な情報は、本日開示の決算短信 ⇒http://www.hd.square-enix.com/jpn/18q4tanshin.pdf を参照。
※参考:スクウェア・エニックス・ホールディングス IRページ

平成30年3月期は、家庭用ゲーム機向けタイトルにおいて、『ドラゴンクエスト』シリーズ最新作である『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』や『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』を発売したものの、大型新作タイトル数が前期よりも少なかったことから、前期比で減収となった。

他方、『NieR:Automata』をはじめとする過去に発売したタイトルのダウンロードを中心とした利益率の高いリピート販売が引き続き好調だったことから、前期比で増益。

スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』、『星のドラゴンクエスト』、『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』、『キングダム ハーツ ユニオン クロス』などの既存タイトルが国内外で好調に推移したほか、ロイヤリティ収入の増加により、前期比で増収増益となったという。

多人数参加型オンラインロールプレイングゲームにおいては、『ファイナルファンタジーXIV』及び『ドラゴンクエストX』の拡張版の発売によるディスク売上と課金会員数の増加により、前期比で増収増益となった。

アミューズメント事業においては、店舗運営が堅調に推移したものの、アミューズメント機器の新規タイトルの発売が減少したことから、前期比で減収減益に。

出版事業においては、コミック単行本の売上が好調に推移し、特に電子書籍形式による販売が増加している。ライツ・プロパティ等事業では、自社コンテンツのキャラクターグッズ、サウンドトラック等の販売・許諾等が好調に推移したとのこと。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧