1. サイトTOP>
  2. 【新作】iOS版『INSIDE』配信開始!少年と世界の秘密に迫るアクションアドベンチャー
下記の期間、システムメンテナンスを予定しております。 なお、期間中は、一時的に当サイトをご利用いただけない場合がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】 2018年12月17日 午前1時~当日午前5時まで
※メンテナンスの状況により上記期間が変更になることがあります。

-

【新作】iOS版『INSIDE』配信開始!少年と世界の秘密に迫るアクションアドベンチャー

2017-12-15 22:48 投稿

世界中で人気を博した話題作がスマホで登場

デンマークのインディーゲーム開発会社PLAYDEADによって開発、販売された横スクロールアクションアドベンチャー『INSIDE(インサイド)』がiOS向けに配信開始。冒頭は無料で遊ぶことができるが、全編遊ぶには840円で追加購入をする必要がある。

S__52838405

『INSIDE』は2016年6月にXboxでリリースされ、シンプルな操作とストーリーやセリフが一切ない陰鬱な世界観でのゲームプレイが話題を呼んだ作品。プレイヤーはどこから来たのか、何が目的なのかもわからない少年を操作しながら、謎の研究施設に侵入していく。

研究施設には数々のギミックが用意されており、それらを回避、解読しながらストーリーの核心に迫る横スクロール型のアクションアドベンチャーとなっている。

PLAYDEADの前作『LIMBO』のゲーム性を踏襲したとも受け取れる本作。2016年7月にPC、2016年8月にPS4とハードを変えてもその人気は衰えず世界的にヒットしたタイトルだ。果たしてスマホ版でも、その魅力は感じられるのか、冒頭のプレイの模様をお届けしていく。

▼前作『LIMBO』の詳細はこちら

ゲームの見どころ
・陰鬱な世界に突如放り出される恐怖
・周りを俯瞰しなければ解けないパズル
・ストーリーの全貌は自分の目で確かめよう

※以下の内容はネタバレを含みます。

陰鬱な世界に突如放り出される恐怖

本作の特徴的の要素のひとつが“何の説明もなく始まる”こと。“無料でお試し”ボタンを押すと、少年が林から降りてきて、ゲームスタート。プレイヤーはこの少年を操作してゲームを進めていく。

スクリーンショット 2017-12-15 20.35.28
スクリーンショット 2017-12-15 20.06.34
スクリーンショット 2017-12-15 20.07.04
▲何の説明もなく始まるので、最初は手探りで操作を確認。基本的にはスワイプで移動、フリックでジャンプの2種類の操作となっている。

ひと通り操作を覚えて、つぎに疑問になるのが“このゲームはいったい何を目的にするゲームなのか”。操作方法同様にストーリーや世界観の説明も一切なく、プレイヤーは、ゲーム内で起こることを考察し、「おそらくこういうストーリーなのだろう」と想像しながらゲームを進めることになる。

スクリーンショット 2017-12-15 20.07.26
▲暗い森を少し進むとトラックが。どうやらほかにも人間がいるようだ。
スクリーンショット 2017-12-15 20.08.14
▲もう少し進むと、今度は立ち話をしている大人たちの姿。助けてもらおうと近づいてみると……。
スクリーンショット 2017-12-15 20.08.19
▲すごい勢いで捕らえられてゲームオーバーに。

ここまで来てようやく、“この少年を捕らえようとする集団がいる”こと、“彼等に見つからずに進む必要があること”が確認でき、本作の大まかな目的を汲み取ることができる。

基本的には右に進むことでゲームが進行。謎の集団の目をかいくぐりつつ、死にゲーの要領で何度もそのシーンにトライしながら、ストーリーを進めていく。

スクリーンショット 2017-12-15 20.09.07
スクリーンショット 2017-12-15 20.11.23
▲人だけでなく、犬も少年を追いかけてくる。足がとても早いので、全力ダッシュで脱げるのが吉。
スクリーンショット 2017-12-15 20.10.43
▲銃弾を撃たれることもあるため、謎の集団はこの少年を捕らえるのではなく、殺すことが目的なのだろうか。

画像を見てもらうとわかる通り、つねに何かに追われるため、緊張感がとてつもなく、自分の手汗で操作を誤ってゲームオーバーになることもしばしば。

何の説明もないからなのか、ストーリーが気になってしまってどんどん『INSIDE』の世界に没入していく。

スクリーンショット 2017-12-15 20.11.59
▲ちなみに水中を泳いで逃げるシーンもあるのだが、一定時間以上水中にいると溺死してしまうので、少年の身になって息継ぎしてあげることもお忘れなく。

周りを俯瞰しなければ解けないパズル

なんとか追手を振り切り暗い森を抜けると、今度は大きな建物にたどり着く。建物に入ると、先ほどまでの緊張感溢れるアクションとは打って変わって、頭を使った“謎解きパズル”が始まる。

スクリーンショット 2017-12-15 21.12.57
▲ロープをよじ登って振り子の要領で大きく揺らしてジャンプ!
スクリーンショット 2017-12-15 20.12.59
▲この高さの壁は登れない……。
スクリーンショット 2017-12-15 20.13.36
▲上にある箱を落とせば登れそうだ。

これらのパズルの突破は、ステージ全体を俯瞰して、使えるアイテムを見つけてくることがとても重要。つまづいたら一度戻ってみたり、無視して奥へ進んでみると、案外ヒントが隠されているかも。

パズルを解いて安心して進んでいると、思いよらないタイミングで豚の強襲に遭う。こいつがなかなか手強く、タイミングよくジャンプしてかわさないと途端にゲームオーバーだ。

スクリーンショット 2017-12-15 20.14.01
スクリーンショット 2017-12-15 20.14.51
▲豚の突進を利用して進むパズルもあるので、“なぜこのギミックが用意されているのか”を考えるとうまく進めるかも……!?

と、ここまでは、現実的なアクションとパズルに溢れているのだが、この後のパズルでとんでもない衝撃を受けることになる。

スクリーンショット 2017-12-15 21.39.51
▲気絶している豚さんを、ライトの下まで引っ張ってケーブルをつたって上に昇るパズルだな……なんて思っていたら。
スクリーンショット 2017-12-15 20.16.58
▲ライトじゃねぇえええええ!!

頭に謎の装置を装着したと思うと、画面奥の4人の大人を同時に操作できるように。一瞬理解に苦しむが、マインドコントロールで画面奥の大人たちを操り、少年の道を進めるようにするパズルのようだ。

スクリーンショット 2017-12-15 20.17.30
▲奥の大人たちも少年同様にフリックとスワイプで操作できる。

ひとつひとつのパズルの難易度は総じて高く、あれやこれやと試行錯誤しているうちに、いつのまにかハマってしまう『INSIDE』。パズルの中にもストーリーを紐解くヒントが隠されているので、ストーリーを考察しながら進めていくのが本作を楽しむ秘訣だ。

ストーリーの全貌は購入して確認しよう

いくつかパズルをクリアーすると、ようやく光が射す明るい空間に出られる。

スクリーンショット 2017-12-15 20.18.18
▲ストーリーの謎は一切明らかになっていないが、光を見たときの安心感がすごい。

安心するのも束の間、つぎのシーンで驚愕の事実を突きつけられる。

S__52838402
▲ちょっと進むと、これまでのものとは比べものにならないスケールの建物と、一列に並んでいる(並ばされている?)大人たちの姿。

どうやらここまでがチュートリアルだった模様。無料版はここで終了し、全編をプレイするには840円の課金が必要になる。しかしながら、疑問だらけのタイミングで無料版は終わるので、先が気になって仕方がない。一日分のランチ代だと思えばそう高くないようにも感じるので、気になる人は購入を検討してみてもいいだろう。

ちなみに無料版のボリュームは30~40分ほど。これだけでも充分『INSIDE』の世界観を楽しむことができるので、とりあえずダウンロードしてプレイするのもおすすめだ。

S__52838404
S__52838403
▲ちょっと先まで進めただけでも謎は深まるばかり。ストーリーの全貌が気になる人は、買うしかない!

INSIDE

ジャンルアクションパズル
メーカーPlaydead
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧