1. サイトTOP>
  2. あのゲームの舞台を巡る!尾道、そこはまさに“ソラとウミのアイダ”にある美しい町だった【後編】

あのゲームの舞台を巡る!尾道、そこはまさに“ソラとウミのアイダ”にある美しい町だった【後編】

2017-11-01 11:00 投稿

この冬の休暇は尾道旅行に決まり!

ファミ通Appをご覧の皆さま、再びこんにちは! 編集のさとるりです。前回私は広島・尾道に来ていたのですが……。

▼尾道に来ました!

1iあのゲームの舞台を巡る!尾道、そこはまさに“ソラとウミのアイダ”にある美しい町だった【前編】
『ソラとウミのアイダ』の舞台となった尾道に行ってあれこれ巡ってみた!

じつは東京(というか会社)に帰りたくないので、まだいます。会社のみんなにはナイショですよ?

TN4_2047
なんで私、尾道にいるの?
先日フォワードワークスから配信されたアプリ『ソラとウミのアイダ』、通称『ソラウミ』の舞台が尾道だということを耳にし、この目で確かめるべく訪れた!
本作は広島・尾道を舞台に“宇宙漁師”を目指す6人の少女たちがくり広げるドラマを描いたアクションゲーム。
原作・総監督は、『サクラ大戦』シリーズなどを手掛けた広井王子氏が務めていることでも話題を呼んでいる作品なのである!
アンドロイド用アイコン_192【新作】舞台は海沿いの町!爽やかな少女たちの青春ストーリーがまぶしい『ソラとウミのアイダ』配信開始
『みんゴル』でおなじみのフォワードワークスから、新作スマホアプリ『ソラとウミのアイダ』配信!


ここ、まさに“ウミとソラのアイダ”にある尾道は、本州と四国のあいだにある瀬戸内海を臨む美しい町です。海の向こうに山があって自然が溢れんばかり!

TN4_2051

でもそれだけでなく、漁港の町なので町にも活気があって、それもまた魅力的。なんか人が生活している雰囲気を遠くからでも感じることができます。

TN4_2064

んで、いま私はどこにいるかというと、尾道市内にある“千光寺山ロープウェイ”で登った先にある千光寺山にある展望台です。

2

この展望台は『ソラウミ』にも出てくる場所で、すっごく景色がよくて、とくに今日みたいな天気のいい日は本当に気持ちがいい~!

千光寺展望台千光寺展望台 (2)
▲展望台で微笑むルビー・安曇ちゃん。カワイイ女の子に、こんなところに呼び出されたらドキドキしちゃう!

ここ千光寺山は有名な観光名所。ロープウェイに乗れば、尾道の町と瀬戸内海を一望できる山の上に登ることができます。ね? こんな景色が見られるなら登りたくなるでしょ?

TN4_2016

ゲーム内でも登場する、こちらのロープウェイ乗り場。

千光寺山ロープウェイ乗り場400

ロープウェイ乗り場は、市街地にあります。

ここで豆知識としてひとつ。ロープウェイ乗り場のすぐ隣りにある神社も、すごくいいところなんです。

境内には立派な木が茂っています。自然の大きさを感じさせる力強い木。

都内に住む私は、アニメの中ぐらいでしかこんな木を目にしたことがないような気もするのですが、この自然が溢れる神社のすぐ上を人工的なロープウェイが通っているなんて、なんだか不思議。

TN4_2025

ここは境内も、お庭も、お手入れされていてとっても素敵な空間です。ああ、荒んだ心が洗われるようですね……。

TN4_2028TN4_2029
TN4_2024TN4_2027

さて、綺麗な心になったところで、千光寺山ロープウェイに乗りましょう。

ロープウェイから見下ろす景色はこんな感じ。尾道の海と町並みが一望できます。まさに絶景。こんなロープウェイが地元にあったら、毎日乗っちゃうよ!

TN4_2074

この山の上にはロープウェイでも登れますが、歩くと千光寺や猫がたくさんいる道など、名所に立ち寄ることができます。観光客の皆さんは、行きはロープウェイで登って、帰りは歩いて降りるという方が多いようです。

千光寺山の名所はゲーム内にもたくさん出てくるので、ぜひゲームのほうもチェックしてくださいね!

千光寺境内千光寺玉の岩
TN4_2114
TN4_2100

私も、歩いて降りてみました。海がちらっと見えたり、木々が生い茂る中歩いたり、民家の横を通ったりと、じつにいろいろな雰囲気の道があることがわかります。世の中には、こういう細道が好きな“細道マニア”なる方もいるようですが、彼らの気持ちがいまわかりました。

この細い道を見ているだけで、いろいろなドラマが浮かんできそうです。

TN4_2123TN4_2126
TN4_2128TN4_2129
TN4_2134TN4_2135

猫の細道を発見! 見るだけでワクワクしてきます。じつは一時期、ライトノベル作家を目指していた私ですが、これは舞台にしたくなる気持ち、わかりますよ。いかにも、なんかドラマが始まりそうじゃないですか?

TN4_2141

猫の細道ということは、やっぱり猫はいるんでしょうか?

疑問に思いつつ進んでいくと……猫がいた!! やっぱり港町といえば猫ですよ。RPGでも、砂漠の町と海辺の町には猫がいるものですから、尾道に猫がいてもまったく不思議ではないのですが、じっさいに間近で見てみると、ちょっと感動。

TN4_2122
TN4_2124

猫はそこらへんに転がって寝ていますが、尾道の猫たちは人には慣れているから撫でてもぜんぜん起きません。見てくださいよ、カメラを近づけているというのに、この無防備な姿。

幼いころから、野良、飼い猫問わず、猫には触ろうとする前から「シャー!」と牙を向けられていた私ですから(どうも動物にはあまり好かれない体質のようで)、じつに23年ぶりぐらいに猫を撫でることができました!

ありがとう、尾道……。猫って温かいんだね……。

尾道の人もきっとみんな猫が好きなのでしょう。この道の至る所で猫の痕跡を見ることができます。

TN4_2131
TN4_2137
TN4_2140

ここで、私にはまったく関係ないですが、恋人がいる皆さんに朗報があります!

千光寺公園には“恋人の聖地”として有名な広場があります。ロープウェイ乗り場を降りたすぐのところにある、こちら。

TN4_2038

ここは“恋人の聖地プロジェクト”というものに選定されたデートスポットです。全国にあるみたいなんですが、こちらもそのひとつ。

たくさんの芸能人や有名人のウェディングドレスのデザインを手掛けている、かの有名なブライダルファッションデザイナーの桂由美さんも選考委員のひとりで、桂さんの名前のプレートを確認できます。

そういえば、すっかり忘れていましたが、私も桂さんのデザインのウェディングドレスを着るのが夢でした……かつての話ですけどね……〈遠い目〉。

恋人の聖地

そんな私の話はともかく。この恋人の聖地はゲーム内にも出てきます。いったいどんな場面でこんなところに行く展開になるのか気になっちゃいません? ひょっとして女の子たちと永遠の愛を誓ったり、とか……? そんなうれしい展開が待っているかもしれません。

あ~私も、画面の中にいる恋人と愛を誓えばよかったかなあ。

……と、そんな私の話はやっぱりともかく。リアル恋人がいるあなたは、この猫たちが見守る中で、永遠の愛を誓ってみてはいかが?

TN4_2040

さて、たくさんの猫を拝んだところで、山を下りて市街地に出ましょう!

尾道は、商店街が有名です。歩いてみるとけっこう長くて約1.2キロもあるのだとか。活気のある商店街っていいですよねえ。ゲーム内でも出てくるキャラたちにとってはおなじみの風景です。

尾道商店街

商店街をふと見まわしてみると、こんな脇道もあります。先ほど登った千光寺山が見えますね。

TN4_2176

むむむ! ここもゲーム内で出てきたのを、私、覚えていますよ!

このザ・日本的な風景の中に、いかにも西洋風のドレッシーな姿の波乃ちゃん。このギャップがたまらないと思いません?

尾道商店街・脇道

彼女たちはふだん、この商店街のどこに行っているのでしょうか?

果たして商店街に、若い女の子の好きそうな場所はあるんでしょうか。……と、見つけたのはこちら!

尾道帆布概観

この“工房尾道帆布”が、女性に人気のお店なんです。

かつて尾道は船の帆を作る帆布生産で栄えました。現在では向島に工場がひとつあるだけですが、いまでも創業と同じ製法で制作しているのだとか。そして、その帆布を使ってオシャレなグッズを展開しているのが、こちらのお店です。

TN4_2180

工房尾道帆布の店内には、帆布を作るための機会がおいてありました! これで船の帆布を織っていたんですね。大きくて立派です。

TN4_2188

店内にはカラフルな商品が並んでいます。トートバック、リュック、ポーチ、帽子……。どれもカワイイ!

TN4_2183TN4_2184
TN4_2194TN4_2186

かつて帆布を織るというのは、女性の仕事でした。それもあって、このお店は女性5人で創業されたものなんだそうで、いまもほとんどが女性スタッフとのこと。だから女の子が好きそうな、かわいいものが多いんですね。

じっさいにお店の奥では、女性スタッフの皆さんが布を切ったり、デザインを見せ合いながら制作をしていて、店内まで活気が伝わってきました!

もちろん、もともとは雨嵐に耐えるために作られている帆布ですから、丈夫さはお墨付き。でも綿100%なので、天然素材で地球にもやさしいのがポイントです。

ロゴである船のマークもまたかわいいですね。

TN4_2187

⇒工房尾道帆布の公式サイトはこちら

いろいろ買ったところで、つぎに足を運んだのはこちら! 刀や刃物を売っているお店“山崎清春商店”です。

TN4_2214

「渋いところに行くなあ」と思われるかもしれませんが、こちらもゲーム内で登場するお店です。それもヒロインのひとり、京都出身の美剣真(みつるぎまこと)ちゃんは、有名な刀剣師の家に生まれたという設定で、“刀”つながりで縁があります。

ボーイッシュでかっこいいまこちゃん、確かに刀が似合いそう。まこちゃんになら刀で斬りつけられてもいいかな……と思ったけど、やっぱりそれは困る。

刀剣屋刀剣屋2

この山崎清春商店は大正8年に創業され、いまのご主人は4代目。すっごく歴史のあるお店です。

かつては地元の方のために刀を中心に販売していましたが、昨今やはり刀の需要は減っているため、包丁やナイフといった日用品を中心に商品を展開しています。

 TN4_2214
TN4_2217

刃物の部分だけでなく束などを作るため、動物の革の加工などもずっと行っているので、その技術を生かして、ここで作られている包丁やナイフの柄には、ふんだんに動物の革が使われ、美しい加工が施されています。

象牙とかマンモスの歯とか、ちょっと変わった素材でできたものも見ることができます。そのほかに、あわびやターコイズといった貝や石といったものも使われていて、ほかではなかなか見ることのできないキレイなデザインの包丁がたくさん!

こんな包丁で料理とかしたら、料理が好きな人はテンションがあがるんだろうな~と思いつつ、ぜんぜん包丁を握らない(というか料理をしない)私でも、見ているだけでもとっても楽しいお店です。

刃物のほかに、このお店ではベルトや財布などの革製品も展開しています。

ベルトについている飾り部分、これもじつは刀の柄のあいだに挟まれた飾り部分を使っています。“ツバ”と呼ばれるところですね。柄から“チラ見”するこのツバが当時の武士のオシャレだったんだそうで、これを作るのも刀職人さんのお仕事のひとつでした。

TN4_2216

束だけも売っていたりして、遠路はるばるこれを求め、武士を題材にしたゲームやアニメのキャラクターのコスプレをするコスプレイヤーさんも買いにくるのだとか。

確かに、真剣を携えるのは無理ですが、束だけでもこんな本格的なものを身に着けたら、本格的なコスプレができそう! ご主人にゲームの舞台になっているということに関してうかがうと、「不思議な感じだけど、ゲームの雰囲気が楽しげな感じだったので、いいですね」とのこと。

尾道の皆さんも、地元が爽やかに描かれた『ソラウミ』をとっても歓迎しているみたいです。

⇒山崎清春商店公式サイトはこちら

商店街は、いろいろなお店があって楽しいですよね。ショッピングビルと違ってフロア移動しなくていいのが楽ですが、調子に乗っていろいろ回っていたら、お腹が空いちゃいました。

何か食べようかな~と思ったら……ん!? 『ソラウミ』の広告を発見しました!

TN4_2230

『ソラウミ』のチラシも気になりますが、その後ろにあるパフェのようなメニューも気になります。ここは飲食店の香りがする……入ってみたい!

TN4_2231

このお店の外観、一見すると銭湯かな? って感じなんですが、こちらは飲食店、“ゆーゆー”。銭湯だった“大和湯”を改装したレトロなカフェになっています。こちらもゲーム内で登場するスポット。だからチラシが貼ってあったわけですね!

ゆーゆー前大和湯ゆーゆー

中はちゃんとしたカフェになっています。でも壁や天井、鏡や体重計などは銭湯だったころの名残がありますね。

ここでご飯を食べるのは、なんだか不思議な感じがします。

TN4_2249

ここの“おのみち金ごまラーメン”がめちゃくちゃ美味しそうだったのですが、残念ながら行ったときにはもうランチの時間が終わっていました……。これはぜっったい、リベンジせねば!!

TN4_2247TN4_2243

でも、カフェタイムのメニューもめちゃくちゃ美味しかった! ケーキやジュースといった、15時のおやつにちょうどいいボリュームの軽食がたくさんあります。やっぱり地域柄なのでしょうか、レモンなどを使った柑橘類のスイーツが多め。

レモンを使ったオヤツって、甘すぎなくていいんですよねえ。あ、写真を見直していたらよだれが……。もうダメ……ムシャムシャ。(←耐えられなくて記事を書きながらお菓子を食べる音)

ゲーム内でも、女の子たちが店舗にいる様子が確認できます。

ゆーゆー店内大和湯ゆーゆー1
TN4_2248

「女の子が銭湯を改装したお店に来るなんてなかなか渋いな!」と思いましたが、こんなスイーツがあったら女の子があしげく通うのも納得できますね。

私がもしこのゲームに登場するヒロインだったら、いつもここにいて、ここから動かないからストーリーが進まないわあ。……って、それってヒロインじゃなくて、“モブ”ってやつ?

お店の中で食べれるものだけでなく、お土産として持ち帰れる商品もあるので、ぜひ尾道に来たら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

TN4_2206

というわけで、最後にお土産もいろいろ変えたので、日が暮れないうちに、そろそろ新幹線に乗って東京に戻りたいと思います。あ~、楽しかった!

尾道は“ソラとウミのアイダ”のタイトルにふさわしく、海も山も町もぜーんぶキレイで、食べ物もおいしくて、住んでいる皆さんもみんな温かくて、あまりにも居心地がいいので本当はず~~~っとここにいたいけど……。モブでもいいから、いっそこのゲームの登場人物になって、尾道にいたいけど……。

とはいえまぁ、東京にいて、こういう仕事ができるのも楽しいしね! しょうがないから今回のところは大人しく帰ってあげるわよ、待ってて、編集部のみんな!

TN4_2087

さようなら、尾道。また絶対来るぞ!

今回ご紹介したスポットは『ソラウミ』に出てくる尾道の、ほんの一部です。じっさいは、ゲームの中にももっとたくさん尾道が出てきますし、尾道の中にも今回この記事では紹介できなかったステキなスポットがたっくさんあります。

スマホでお手軽にできるゲームなので、皆さんも、ぜひスキマ時間に『ソラウミ』をプレイしつつ、お休みがとれたら、その舞台となった尾道に訪れてみてはいかがでしょうか? きっと楽しい旅ができると思いますよ! ではでは、エブリデイ、ハッピースマホゲームライフ!

ソラとウミのアイダ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーフォワードワークス
公式サイトhttps://soratouminoaida.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧