1. サイトTOP>
  2. どこまでも続く広大な世界にア然! MMORPG『キャラバンストーリーズ』βテストプレイリポート

どこまでも続く広大な世界にア然! MMORPG『キャラバンストーリーズ』βテストプレイリポート

2017-09-08 09:00 投稿

本リリースがいまから待ち遠しい

2017年8月29日~8月31日の3日間、Aimingの新作MMORPG『キャラバンストーリーズ』(以下『キャラスト』)のクローズドβテスト(以下、CBT)が実施された。

受付開始からものの数時間で事前登録150万人を突破したと言われる期待値の高い本作が、どのような仕上がりになっているのか!? 本記事ではCBTをプレイした筆者なりに、見どころをいくつかに絞り、要素を紹介しながらリポートしていく。

01
【『キャラバン ストーリーズ』事前登録&配信日情報まとめ】

■『キャラバンストーリーズ』とは

スマートフォン向けタイトルとしてAimingが開発を進めているMMORPG。2016年夏の発表以来、ハイクオリティなゲーム体験を実現するべく着々と開発が進行している。現在は、事前登録受付中だ。

宣伝手法もさまざまな挑戦が施されており、現在は、登場キャラクターのボイスを担当する声優たちによるアイドルグループの誕生、CDデビューなど、今後の活躍にも目が離せない。ほかにも声優オーディション、イラストコンテストなどが実施されている。

【ゲームの見どころ】
●手のひらに広がる広大な世界に感動
●MMORPGだけどソロでも堪能できるバトル
●やり応え抜群の成長システム・エンドコンテンツ

手のひらに広がる広大な世界に感動

本作を語るうえでまず触れていきたいのは、スマートフォンという手のひらサイズの端末に“これでもか!?”と思えるほどの広大な世界が広がっている点だ。

各マップは3DCGにて描かれているのだが、その規模がこれまでに配信されてきたどのスマホアプリとも異なるほど広く作られており、筆者は「コンシューマー向けのゲームでもプレイしているのではないのか?」と錯覚を覚えた。

マップには素材アイテム(キャラバン設備の強化などに必要)も点在しているので、景色を楽しみながらアイテム探索もこなす……この流れが『キャラスト』の景観をフルに楽しむプレイスタイルなのではないかと思われる。

■一部ゲーム内風景紹介。

02
▲山道の一部。細かな自然の描写が『キャラスト』の世界観に没入させてくれること必至だ。
03
▲草原の一部。この澄み渡る空を、ぜひ、自身の目で確かめてほしい。
04
▲とある町の一部。中世ヨーロッパを彷彿とさせるような、味のある建造物が印象的。
05
▲こちらもとある町の一部。各マップごとに歴史が異なり、建造物の違いなどからその様子が伺える。

MMORPGだがソロでも堪能できる快適バトル

続いては『キャラスト』のバトル関連に触れていきたい。

MMORPGというジャンルは、多くのプレイヤーが同じ世界にログインし、プレイヤーどうしでパーティーを編成、バトルをこなしていくのが基本。

しかし、『キャラスト』では、バトルに必要な6人パーティーを【プレイヤーアバター(ゲーム開始時に作成するキャラ)+キャラクター(NPC)+ビースト(モンスター)】の中から自由に編成できてしまう。

つまりは、ソロで楽しめるRPGに良く見られるシステムが採用されているのだ。

MMORPGとはいえ、この仕組みはソロプレイでまったり進行したいといったプレイヤーにはうれしい機能だと筆者は感じた。

06
▲こちらが戦闘画面。右上にバトル離脱および戦闘をAUTOで進めるボタンが備わっている。敵を全滅させれば勝利。逆に敗北条件は“キャラバンの破壊”なので、キャラバンは絶対死守しよう。
07
▲バトルの演出も派手なものが多く、各プレイヤーのモチベーションもうなぎ上り間違いなしだ。
08
▲パーティー編成画面。各ユニットの戦闘開始時の配置は陣形に沿っている。また、リーダーに応じて戦闘に反映されるパーティー効果が異なるぞ。

なお、キャラクターはストーリー進行時のクエストや、ガチャから仲間にすることが可能。ビーストは戦闘勝利時、ランダムで起き上がり仲間になる。各ユニットにはそれぞれ得手不得手があるため、できるかぎり多くの仲間を揃え、その場その場に適したユニットに切り換えながら戦闘を有利に進めていきたい。

19
▲ガチャ結果画面。キャラクターの進化に必要な素材、キャラバンの外装パーツ、装備などもガチャから排出される。
21
▲ビーストは戦闘終了時、上記のような画面が出て仲間にするかしないかを選べる。同じビーストでもキャラバンに空きがあればいくらでも仲間にできるぞ。

やり応え抜群の成長システム・エンドコンテンツ

3つ目の見どころとして、『キャラスト』をやり込むうえで通るであろう“エンドコンテンツ”ならび“成長要素”について触れていく。

■成長要素

本作の成長要素の中には、“ユニットの強化・進化”、“装備の強化”、“キャラバンの成長”などがある。いずれも『キャラスト』でトッププレイヤーを目指すなら欠かせないもの。記事ではCBT内で判明した範囲で触れていこう。

・ユニット強化・進化

最初に作るプレイヤーアバターをはじめ、戦闘に参加可能なユニット(キャラクター、ビースト)はそれぞれレベルアップのための“強化”、そしてレア度を底上げさせるための“進化”が用意されている。

強化でレベルを最大にし、一定の素材と資金を用いることで進化可能。本作の基本となる成長システムなので、本配信までに覚えておくとゲームをスムーズに進められそう。

09
▲レベルアップすると各種ステータスが成長。通常バトルの経験値でもレベルアップは行えるので強化素材が不足気味の際はコツコツバトルをこなそう。
18
▲進化を行うとアイコンとアバターの見た目が大きく変化し、能力も上昇する。

・装備の強化

物語などで仲間になるキャラクターには、それぞれ武器、防具といった装備が備わっている。これらは、お店で購入したり、ガチャでの入手が可能。

そして身に着けた装備はスゴロクのマスを進めるような形で強化させられる。レア度に応じて用意されたマスの量が異なるぞ。

11
▲武器強化画面。各要素ごとに攻撃力、防御力などが上昇していく。専用の素材とお金が足りればどこまでも成長させられるぞ。

・キャラバンの成長

プレイヤーの後ろをつねに追従し、内装でさまざまな生産施設や、キャラクターとの交流が行えるほか、戦闘時に後方より砲撃を行ってくれるのが、本作のタイトルの一部として用いられている“キャラバン”だ。

このキャラバンも、育成要素が備わっており、レベルの概念が存在する。レベルアップには、キャラバン内装に設置した施設の増加、ならびに強化などを一定回数行う必要がある。

キャラバンがレベルアップすることで、内部施設が解放されるほか、設置スペースが増加。さらには戦闘時のステータスまで強化されるなど、まさに至れり尽くせりの状態となる。

12
▲こちらがキャラバンの内装。各種メニューを表示したり、生産施設からゴールドなどの回収が行える。左下の外装から、キャラバンの見た目・武装のカスタマイズが可能。
13
▲内装設備のレベルがあがると、キャラバンに経験値が蓄積され、一定量獲得でレベルが上昇する。

今回触れておきたい成長要素は以上となっている。このほかにもトッププレイヤーを目指すための用語がチラホラ見受けられたが、それらは本配信時に各プレイヤーの目で確認してみてほしい。

エンドコンテンツ

本作もMMORPGということで、エンドコンテンツがいくつか用意されている。中でも多くのプレイヤーと協力して戦う“レイドバトル”、1-1の対人戦が楽しめる“デュエル”には注目してもらいたい。

レイドバトルは、多くのプレイヤーと協力して強敵の撃破を狙うもの。敵の部位が多数用意されているため、ほかのプレイヤーと分担して迎撃しよう。見事討伐に成功すれば、レアな報酬の獲得につながるぞ。

筆者のプレイ時間などもあり、画面を埋め尽くすような大勢での交戦は経験できなかったが、それでも違うプレイヤーと強敵を協力して挑むのは、通常戦闘とは異なる快感を得られた。

22
14
▲マップの上空に得体のしれない岩塊が浮かび、BGMが微妙変化するとレイドボスがどこかに出現しているぞ。いろいろ歩き回ってレイドボスを見つけよう。
15
▲レイドボス戦は通常よりも引きのカメラで多くのプレイヤーと1体のボス撃破を目指す。敗北条件は通常戦闘と同じく“キャラバン破壊”で、レイドボスは積極的にキャラバンに攻撃を仕掛けてくるので、キャラバンの成長も忘れずに行っていきたい。

続いてデュエルだが、こちらは戦闘で使用してきたユニットを最大10体まで選び、対戦相手との1-1のバトルを行う要素。決められたタイミングでコストを消費し、敵のキャラバンを撃破できれば勝利となる。

こちらは、ほかの要素とは異なり、手札からユニットを選び、場に出して戦うなど、ここだけの操作方法が用いられる。そのため、慣れに少々の時間を要するかもしれない。それでもやり応えは高く、こちらにだけハマってしまうユーザーも出てくるのでは? とも感じられた。

16
▲こちらが対戦画面。中央の赤いマークが左から増えていき、5つ揃うとコストが増加するほか、事前に設置しておいたユニットが場に召喚されるぞ。
17
▲10体でのパーティーを編成しよう。キャラ名がわかるユニットはコストが多かったりするので、偏らずにバランスよく編成したい。

3日間のCBTを終えて

3日間のCBTを終えた筆者の感想は「すごいボリュームで時間が足りない」でした。

MMORPGらしい簡単すぎず難しすぎずのバトル難易度に四苦八苦しながら、コンテンツ解放までの道のりを歩み、その道中でNPCから受注できるクエストなどをコツコツこなしていく。そんなプレイスタイルを行っていたら、3つ目の町到着が3日目になってしまいました(汗)。

通常戦闘がソロ向けにデザインされている本作なら、もう少しサクサクいくかな……と思っていただけに、やれることの多さに感動しました。

仕事の合間や移動中などよりも、自宅でしっかり時間を決め、腰を据えてプレイするゲームが好きなプレイヤーにこそ、ぜひ遊んでもらいたいと思いました。

『キャラスト』は現在事前登録受付中なので、本記事を読み、興味を持っていただけたら、ぜひ事前登録をし、今後の更新を楽しみにしていただければ幸いです。

【『キャラバン ストーリーズ』事前登録&配信日情報まとめ】

キャラバン ストーリーズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーAiming
公式サイトhttps://caravan-stories.com/
配信日2017年
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧