1. サイトTOP>
  2. 『ウイニングイレブン クラブマネージャー』 理想のクラブ作りを追求できるスマホ最高峰サッカーゲーム!

『ウイニングイレブン クラブマネージャー』 理想のクラブ作りを追求できるスマホ最高峰サッカーゲーム!

2016-12-24 12:00 投稿

クラブマネジメントに特化したスマホ版『ウイイレ』!

提供:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

KONAMIの『ウイニングイレブン』シリーズ。

プレイステーションで産声をあげた同タイトルは、その後さまざまなプラットフォームで展開し、その歴史は20年以上に及ぶ。『ウイニングイレブン』は、まさにサッカーゲームというジャンルにおいて金字塔を打ち建てたシリーズだ。

その『ウイニングイレブン』シリーズのアプリ版『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(以下、『ウイクラ』)が配信中。

ウイクラ01

本作は、ドリブル、パス、シュートなど、プレイヤーがピッチ上の選手を操作して試合を行う従来の『ウイニングイレブン』シリーズとは一線を画し、オーナー・監督の立場からクラブと選手を育てていくクラブマネジメントに特化している点が最大の特長であり魅力。

ウイクラ03

本記事では、そんな『ウイクラ』の魅力に迫っていく。

『ウイニングイレブン クラブマネージャー』公式サイト

シリーズでおなじみの”マスターリーグ”好きにはたまらない要素が満載!

自分が監督になり理想のクラブ作りを追求できたら……。

サッカーファンなら誰もが夢に見る”自分だけのクラブ作り”を楽しめるモードとして、『ウイニングイレブン』シリーズファンにおなじみの”マスターリーグ”。

プレイヤーは選手を操作するのではなく、オーナーとしてさまざまな設備をグレードアップさせたり、監督として采配を振り試合に勝たせるために手腕を振る。

選手の育成やクラブ運営など、マスターリーグで味わえるおもしろさがスマホに凝縮されたのが『ウイクラ』。

始めにチーム名やホームタウン(国・都市)を決め、ゲーム内に収録されているユニフォームやエンブレムの中から好みの組み合わせを選んだら、自分だけのオリジナルクラブの完成だ。

ウイクラ02

1シーズンの中で行われる試合は、所属ディビジョンのリーグ戦(全18試合)とカップ戦。所属ディビジョンは、ENTRY DIVISION 1から始まり、リーグ戦最終順位が昇格圏内(3位以内)ならひとつ上のカテゴリーに進める。

まずはリーグ戦で結果を残し、上のディビジョンを目指すのがプレイヤーの目的となる。

ウイクラ05
ウイクラ04

そして、プレイヤーがクラブを強化するために行っていくのが以下の要素。

プレイヤーがやるべきこと
●選手の育成(トレーニングポイントと特性を活用して一流の選手を育てる)
●試合時の采配(攻守レベルと戦術の変更、選手交代で勝利を目指す)
●クラブ施設の拡張(施設をアップグレードさせクラブ運営を有利に進める)

選手の育成

選手の能力をアップさせるために必要なのが、トレーニングポイント。

トレーニングポイントは、試合終了後のボーナスやマイタウンのトレーニング施設、ログインボーナスなどから獲得できる。ホーム画面の”選手育成”から育てたい選手を選んでスペシャルトレーニングを選択。内容に応じて能力がアップする。

ウイクラ14

【スペシャルトレーニング内容(一部)】
・シュートトレーニング⇒決定力、ヘディング、キック力
・走りこみ⇒スピード、瞬発力、スタミナ
・セットプレー練習⇒グラウンダーパス、プレースキック、カーブ、

基本的なスペシャルトレーニングは1回実行するたびにトレーニングポイントを5消費。また、エラシコや無回転シュートなどの特殊スキルはトレーニングポイントを40消費(+そのスキルに必要な基本能力が一定値に到達)して習得させることができる。

ウイクラ13

ほかにも、リーグ戦、カップ戦の試合終了時やキャンプ、代表試合に召集された選手の活躍度合いで能力値が上がることも。

さらに、”選手特性”と呼ばれる能力を各選手にセットすることも可能。選手特性とは試合中の特定の条件で発揮される能力で、特性持ちの選手が試合に出場するチームの総合値が上昇し、試合を有利に進められる。

これら特性は、コーチトレーニングを行うことで特性レベルをアップさせられる。

ウイクラ12

【選手特性内容(一部)】
・接戦⇒後半以降に得点状況が1点差以内のときに能力が上昇
・カップ戦に強い⇒カップ戦で一定時間だけ能力が上昇
・リード⇒試合に勝っている状況で能力が上昇

このように、選手の育成はプレイヤーの方針次第で、その個性が大きく変わってくる。自分だけのオリジナルクラブを作るという”マスターリーグ”の魅力をそのまま味わえる要素だ。

試合時の采配

選手たちを育てるのも大事だが、試合に勝利することこそ最も重要。『ウイクラ』は選手を自由に操作することができないため、試合前のチーム編成が勝敗を左右すると言っても過言ではない。

チーム編成では、スターティングイレブン+ベンチ入り選手を決めたり、フォーメーションやセットプレイ設定、攻撃タイプや守備タイプなどの戦術を選ぶことができる。

所属選手の中から能力値が高い選手を起用するのはもちろん、モチベーションや体力といったコンディションも加味し、クラブの総合値がより高くなるベストイレブンで試合に臨もう。

ウイクラ08

試合が始まると、監督であるプレイヤーが各選手を操作することはできないが、攻守レベルや戦術、フォーメーションの変更、選手交代(3人まで)を随時行えるので、試合の流れを把握し、戦況を見極める必要がある。

ウイクラ07
ウイクラ09
▲試合シーンは2D試合、3D試合、オートから選択可能。3D試合及びオート時は、ピッチの視点を4種類から選択できる。

試合終了後は、得点シーンを中心としたハイライトやスタッツの確認ができる。

また、試合報酬としてGP(ゲーム内通貨)やサポーター数の増加(減少する場合もある)、トレーニングポイント 体力回復アイテム、モチベーション回復アイテム、ケガ回復アイテムがもらえる。

ウイクラ11

クラブ施設の拡張

ホーム画面内の”マイタウン”をタップすると、クラブのホームタウンを一望できる。

マイタウンには、スタジアムやクラブハウスなど、さまざまな施設が存在。一定時間が経過すると、各施設にGPやトレーニングポイント、体力回復アイテムなどのアイコンが表示され、そこをタップするとアイテムを獲得できる。

定期的にマイタウンをチェックして、クラブ強化に必要なアイテムを収集しよう。

ウイクラ10
▲施設のレベルが上がっていくと、ホームタウンの見た目も徐々に華やかになっていく。

【施設の役割(一部)】
・オフィス⇒契約できるスポンサーの種類が変わり、内容も向上
・ユース施設⇒リストアップされるユースの選手の質が上がる
・トレーニング施設⇒試合終了後のトレーニングポイント獲得ゲージの増加量が増える

ちなみに、各施設のレベルは、GPを使ってアップブレードさせることが可能だが、一定のレベルを過ぎてからは、”建築許可証”というアイテムが必要になる。

建築許可証は、ユーザー間で行われるマネージャーカップを始めとする大会報酬として獲得できる。施設のレベルが高いほど、選手の強化や新戦力の補強などがしやすくなるので、監督としてではなくオーナー目線で施設を拡張させていこう。

選手はどうやって獲得するの?

クラブを強くするためには、上で説明した3つの要素だけでもダメ。そう、クラブの力になる新しい選手を獲得する必要がある。

選手の獲得方法はさまざま。ひとつは、ログインボーナスやイベント報酬、課金などで得られる”PES Coin”を消費して、選手をスカウトする方法。スカウトの種類によって、ランダムで★4~7の選手、★5~7の選手が獲得できる。

ウイクラ15
ウイクラ16

また、ログインボーナスやイベント報酬で得られるチケットでもスカウトできる。チケットはゲーム内のフレンド間で送り合うFPを貯めて獲得することも可能。さらにFPは特定の選手の獲得にも使える。

ウイクラ17

そのほか、ユースから若い世代の選手をクラブに昇格させたり、マーケットにリストアップされている選手をGPで獲得することもできる。

ウイクラ18
ウイクラ19

このように、さまざまな方法で選手を獲得し、自分好みのクラブ編成を考えられるのも醍醐味と言える。

ウイクラ20
ウイクラ21
▲有名クラブから試合の招待状が届くイベントも発生する。試合に勝利すると、相手クラブの所属選手の中からランダムでひとり選手を獲得できる。強豪クラブと対戦するほど、レアリティーの高い選手の獲得チャンス!

選手視点から監督視点という新たな楽しみを提示してくれた『ウイイレ』

サッカーゲーム好きな筆者。過去、さまざまな作品に触れてきたが、とりわけ『ウイニングイレブン』シリーズはいちばんハマったサッカーゲームと言える。

週刊ファミ通編集部時代は、暇さえあれば同僚と対戦プレイに興じ、互いに切磋琢磨し合った。

が、ハードと『ウイイレ』の進化に反比例するように筆者は歳をとり、コントローラーさばきに切れがなくなってきた。さらにいまはファミ通App編集部というスマホを取り扱う部署にいるため、昔のように対戦プレイする環境もなくなり、ベテランサッカー選手同様、まさにプレイヤーとして引退のふた文字が頭をよぎった。

「サッカー選手は引退後に監督になるケースが多い……ならば俺も」

そう、アクションサッカーゲームは無理でも、監督視点でクラブを育てるサッカーマネジメントゲームなら、自分はまた輝けるのではないかと思ったのだ。そして、虎●竜よろしく”ちょうど1年前”、筆者は『ウイクラ』と出会い、プレイを始めた。

『ウイクラ』は、ここまで記事を読んだらわかってもらえると思うが、『ウイイレ』のマスターリーグがいつでもどこでも楽しめるアプリで、マスターリーグにハマった人にとってはまさにハットトリック(意味不明)。

筆者自身、『ウイイレ』のマスターリーグはかなりプレイした。その時代の旬な選手や自分好みの選手を獲得し、現実のサッカーでは考えられないメンバーで試合に臨む夢のような体験は、マスターリーグだからこそ味わえた。

だから、そのマスターリーグの”イズム”をスマホに継承している『ウイクラ』に、筆者がドハマりしたのは言うまでもない。

ウイクラA
ウイクラ_クラブヒストリー
▲108シーズンまでは、フランスの某クラブをモデルにしたチームを指揮していたけど、諸事情でいまはブラジルのコリチーバFCの監督になっているよ。

では、筆者に1年間もプレイし続けさせる『ウイクラ』の魅力とは何なのか? そもそもマスターリーグが好きだったことも理由のひとつだが、自己分析した結果が”リアリティー”。

『ウイクラ』は、本家『ウイイレ』のゲームエンジンをスマホ向けに最適化しているため、試合シーンがとにかくリアル! 飲み屋で『ウイクラ』をプレイしていたら、店主に「サッカー中継観ているの?」って言われたし(笑)

ウイクラF

もちろん試合シーンは見ているだけでも楽しめるが、筆者の言う”リアリティー”はそこではない。そう、世代交代のリアリティーだ。

『ウイクラ』は選手に年齢が設定されており、1シーズンを終えるたびに歳をとる。レアリティーの高い選手やお気に入りの選手も、30代を迎えれば能力は衰え、やがて引退してクラブを去っていく。

この年齢と引退の概念によって生まれる世代交代を、いかにうまく行うのかを考えるのが個人的に楽しくてたまらないのだ!

「え~、せっかく獲得した選手がいなくなっちゃうの?」と思う人もいるだろう。もちろん、一度獲得した選手が永久に残って、レアリティーの高い選手だけを集めまくるのもおもしろい。

ただそうすると、ある程度メンバーが固定したままのクラブ編成になって、自分のクラブに対する新鮮味と刺激が薄れるし、継続して続ける気にはならないと個人的には思う。

その点、『ウイクラ』はどんなにいい選手が揃った黄金期を迎えても、そのままのメンバーで戦い続けることはできない。ある程度歳をとってきたレギュラー選手の2年、3年さきのことを考えて、同じポジションの若い選手を獲得したり、格下のクラブとの試合は若手主体で挑んだりして、次世代の選手を育成していく。

目の前の試合に勝つことも考えつつ、その先のシーズンを戦うために、うまく世代交代させる方法を長期スパンで考える必要がある。そして新たな黄金期を迎えたときの、「あのときのメンバーに匹敵する強さだ……」と思える瞬間……プライスレス! 筆者がプレイを続ける理由はまさにそこにあるだろう。

ちなみに、さきほど”選手が引退する”という話をしたが、試合で活躍したりクラブが優勝したりと、条件を満たすことで溜まる名声がMAXになると、その選手をクラブ殿堂入りさせることが可能。

ウイクラE

殿堂入りした選手は、現在進行形で育成している自分のクラブではなく、殿堂入りチームのメンバーとして試合に出場させることができるので、ご安心を。”CLASSIC MASTERS”と呼ばれるほかのプレイヤーの殿堂入りチームと試合するモードに、自分の殿堂入りチームで参加できる。

ウイクラC
▲こちらが筆者の殿堂入りチームのメンバー。レアリティーごとに最大登録人数が決められている。

このように、現在進行形で育てるクラブに加え、この殿堂入りチーム作りも楽しめるので、ひと粒で2度おいしいというわけだ。

『ウイイレ』、とりわけマスターリーグ好きな人は、ぜひ一度『ウイクラ』をプレイしてほしい。

©2016 Konami Digital Entertainment
All UEFA Champions League names, logos and trophies are the property, registered trademarks and/or copyright of UEFA. All rights reserved. adidas, the 3-Bars logo, the 3-Stripe trade mark and Climacool are registered trade marks of the adidas Group, used with permission. The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV. © 2016, DFB Copyright FFF © Official Licensee of the FIGC The FIGC logo is a registered trade mark of the Federazione Italiana Giuoco Calcio All copyrights and trademarks are KNVB respectively Team Holland property and are used under license. Licensed by OLIVEDESPORTOS (Official Agent of the FPF) Producto Oficial Licenciado RFEF Liga BBVA 15/16 Product under Official License from the LaLiga www.laliga.es © 2002 Ligue de Football Professionnel ® Officially Licensed by Eredivisie C.V. and Stichting CAO voor Contractspelers ™ © 2016 THE ARSENAL FOOTBALL CLUB PLC, ALL RIGHTS RESERVED © S.L.B. Producto Oficial. Official Licensed Product of A.C. Milan Official product manufactured and distributed by KDE under licence granted by A.S. Roma S.p.A and Soccer s.a.s. di Brand Management S.r.l. Official Videogame(s) of CORINTHIANS All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are used under license.

ウイニングイレブン クラブマネージャー

ジャンル
クラブマネジメントゲーム
メーカー
KONAMI
公式サイト
http://www.konami.jp/pescm/jp/
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS / Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧