1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. VR>
  4. 単体で使える視野角120度の軽量VRデバイス“IDEALENS K2”今秋発売 

単体で使える視野角120度の軽量VRデバイス“IDEALENS K2”今秋発売 

2016-06-16 14:00 投稿

中国ブランドIDEALENSの最新VRデバイスを体験!!

VR関連の製品機器を企画・開発・販売のほか、VRソフトウェアの開発・運用を行う中国成都市のIDEALENS社(以下、アイデアレンズ社)。
同社が広視野角120度を実現した一体型VRデバイスの“IDEALENS K2”を発表(2016年秋発売予定)した。
気になるそのスペックを、6月15日に恵比寿で行われた発表会の様子と合わせて紹介していく。

 ILVR01

 

アッパーミドルレンジに位置づけされたVR装置

アイデアレンズ社のCEOソン・ハイタオ氏は、IDEALENS K2の魅力として一体型であることを上げ、本体には32GBの内蔵メモリーやmicroSDカードスロットがあり、Wi-Fi経由で同社がサービスを行う専用ストアからゲームや動画をダウンロード。スタンドアロンで各種コンテンツを体験できると語った。

 ILVR02
▲アイデアレンズ社のCEOソン・ハイタオ氏。

ソン氏によれば、本製品はディスプレイは有機EL、3.81型のパネル2枚を使用。解像度は2.5Kで9軸センサーを搭載、視野角120度であるほか、無線LAN、Bluetooth 4.0、GPUはMali-T760 MP8、RAMは2GBのRAMに、32GBのストレージがあると説明。

また、本製品のプラットフォームはAndroid OSをベースに独自にカスタマイズしたIDEAL OSであることを発表。今後オープン予定の専用ストアでは、100万時間以上のビデオコンテンツ、100タイトル以上のゲームを用意していることを明言。
さらに、パフォーマンスと省電力性能を重視、内蔵CPUにサムスンのExynos 7420を選んだことを付け加えた。

 ILVR03
▲ソン氏が語る8つのハイライトはどれも興味深いもの。力強い説明からも、本製品への手応えが感じられた。

本製品8つのハイライト

1.極めつきの軽さ:本体部分はわずか295g
2.広大な視野角:IDEALENS K2のFoV値は現在業界トップクラスの120に到達
3.極小のタイムラグ:全タイムラグ17msを可能に
4.超速のリフレッシュレート:両面LEDパネルのリフレッシュレートは90Hzに到達
5.手早く容易な装着:3秒で装着完了、メガネを取る必要なく、瞳孔間距離の調節も不要
6.長い装着時間:連続2時間の装着でも拒絶感なし
7.革新的なバッテリー収納部後置:最も合理的な重量配分設計
8.独自開発のIDEAL OS:アプリストアと支払システムをビルドイン

ILVR04
▲頭部を前後から挟むように装着、後部にバッテリーを内蔵。なお、ステレオミニの音声出力はあるが、HDMIなどの映像出力はなし。
ILVR05
▲屋外でもさまざまなVRコンテンツが楽しめるよう4G LTE対応のオプションを設けることも検討中だという。

 

価格レンジとしては、巷でも話題のPSVR、HTC ViveやOculus Riftをハイエンド、GearVRをミッドレンジと位置づけるなら、本製品はちょうどその中間に該当するアッパーミッドレンジだと説明。
さらに、上位機種にあたるIDEALENS K3も予告され、IDEALENS K2の具体的な販売価格などを含め、来月北京で開催するローンチイベントまで待っていてほしいと語った。

 ILVR06
▲アッパーミドルレンジ製品として本製品を説明するブレント・ジェンツ氏は、同社のビジネス開発ディレクターを担当。アッパーミドルレンジと例えたブレンド氏は、ビジネスにもコンシューマー向けにも使いやすい製品だとアピールした。
 ILVR07
▲同社のビジネスパートナーであり、テレビ番組や映画、ゲーム事業などさまざまなコンテンツ制作に多くのクリエイターを送り出してきたクリーク・アンド・リバー社の代表取締役社長である井川幸広氏は、VRにも積極的にサポートを行うこと、アイデアレンズ社との連携に強い意欲を見せた。
 ILVR08
▲ゲストとして登壇したハウステンボスの澤田秀雄社長。ハウステンボスでは3年以上前からVR、ARを使ったイベントを行なってきた実績と経験があり、今後本格的なVR時代が来ると感じていると、その可能性を示した。
 ILVR09

 

実際に触れて感じた可能性と改善点

軽さに関しては数値化されている通りで、これまで使ったことのあるVR装置のなかでは圧倒的。業界トップという視野角120度の映像も十分な迫力を感じられた。また、わずらわしいケーブル類がないので、周囲を見渡しやすかったのも高評価。試しにメガネをかけて遊んでみたところ、ゴーグルの内側は広めにスペースが設けられているので問題なく楽しむことができた。

 ILVR10.jpg書き込み

しかし、軽量ゆえの弱点というか、せっかくの120度映像を堪能しようと周囲を見渡すとゴーグルがずれてしまい、何度も手で押さえてしまった。柔軟なフレーム素材で頭部を支えてくれるのはうれしいけど、もう少し固定できる設計になればうれしいかな。

 ILVR11.jpg書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

VR▲VRのまとめページができました

■IDEALENS K2製品概要
価格 :未定
タイプ :オールインワンVRヘッドマウントディスプレイ
重量 :295グラム
リフレッシュレート :90hz
OS :IDEAL OS(Android TM based)
メモリー :32GB
センサ :9軸センサ、Wi-fi Bluetooth4.0
入出力 :マイクロUSB、3.5mmオーディオ入力、
microSDカードスロット
Wi-Fi・4Gサポート:Wi-Fi、4G

■IDEALENS Technology Co., Ltd. 会社概要
社名 : IDEALENS Technology Co., Ltd.
本社 : Sichuan, Chengdu, Tianfu Software Park, CHINA
設立 : 2014年
代表者 : Chief Executive Officer 宋海涛
事業内容: VR関連製品機器の企画・開発・販売およびVRソフトウェア
(プラットフォームを含む)の開発・運用

IDEALENS K2(VRデバイス)

ジャンル
オールインワンVRヘッドマウントディスプレイ
メーカー
IDEALENS Technology Co., Ltd.
価格
未定

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧