1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第538回『+297ヘラの恐怖(その2)』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第538回『+297ヘラの恐怖(その2)』

2016-06-14 18:15 投稿

h1(1)ファミ通App NO.028 Android
2016年5月12日発売!
★Amazonでの購入はこちら!

【ファミ通App Android】『パズドラ』の特典は10000モンポのハイぷれドラ

+297ヘラの恐怖(その2)

前回の続き。

+297ヘラダンジョンの途中で中目黒目黒が立ち往生している……というはなしを聞き、

「ふっwww ずっとサボっていた目黒はそんなもんだろうww ここはひとつ、4年間パズドラと向き合っていた我輩の実力を見せてくれようぞwww」

と勇ましく豪語して、パズドラレーダーから件のダンジョンをゲットした俺。初見ノーコンクリアーを信じて疑わず、

「バステトアーマー・エースの超火力が、すべてを灰燼に帰す!!!!」

そんな掛け声のもとダンジョンに赴いたが……。

 538-1

ものの見事に灰燼に帰しました。

「24時間しかないのに(p_-)」

という目黒の泣き言をかき消すように、

「あかん!!!! 24時間以内になんとかしないと!!!!>< って、嗚呼あああ!!! あと23時間48分52秒しかないぃぃいいい!!!!><」

と取り乱して、威厳もへったくれもないところを見せつけたのであった。

しかし泣こうがわめこうが残り時間のお尻が切られているのは厳然たる事実なので、その時間以内になんとかしなければならない。そこで俺は、まったく手応えなく蹴散らされた1回目の挑戦を振り返り、

「HPの低いバステトアーマー・エースパは、どうやらきびしいらしい」

と見抜き(?)、改めて、

538-2

こちらの覚醒アスタロトパで挑むことにした。

この選択は、ある意味では正解だったんじゃないかと思う。強いザコ(それザコじゃねーだろ)が襲い来る前半戦を難なく乗り切り、中ボスラッシュの序盤であるヴィーナス、セレスも撃破。そして目黒が立ち往生を余儀なくされているコイツ↓

 538-3

覚醒ネプチューンも、

 538-4

プラントアーミーズの強みか、ワンパンで消し去ることに成功する。

「いける!!! もらった!!!」

俺がそう確信したとて、誰に責めることができようか。

しかし、好事魔多し。

続いて現れた副将・覚醒ハーデスが思いのほか堅く、会心のダメージを入れることができない。仕方なく“ヘラ戦の取っておき”と思っていた覚醒フレイヤのルーンエンハンス・木闇を発動し、「に、2ターンのうちに決着つけたる!!!」と勢い込んで攻撃を叩き込んだが、

 538-5

あと1歩のところで削り切ることができなかった……。

それでも、手応えを感じたのは確かだったので「何回かやってりゃクリアーできるだろ」と軽く思って挑戦を続けた結果、本当にヘラまでは行けるようにはなった。

が……。

 538-6
 538-7
 538-8

連続で憤死……。じつはコレ、敗因ははっきりしていた。

何を隠そう原因はヘラそのものではなく、前出の覚醒ハーデスだった。倒せるようにはなったのだがギリギリの戦いを強いられることには変わりがなく、それはイコール、すべてのスキルを使い尽くさないと撃破することができないってこと。どうにか突破したときには皇居1周5キロマラソンを終えた後の豊泉三兄弟(後輩編集者)のようにヘロヘロで(死ぬ勢いです)、おかげでヘラに出会ったとたん冥界へのヘルマラソンに旅立ってしまう……という感じなのである。

このパーティーのままではきっと、何度やっても同じことをくり返すだけであろう。……何かいい手はないのか!!?

そこで俺は考えた。

やられるパターンはいつもいっしょで、

覚醒ハーデスでヘトヘトに→ヘラ、毎ターン攻撃→耐え切れず撃沈
↑これなのだ。

覚醒ハーデス戦で青色吐息になってしまうのは、俺の実力からしてもうどうにもならない(決定事項)。なのでこれはすべて飲み込み、その分ヘラ戦で余裕を生み出すことを考えたほうがいいのではなかろうか?

「となれば……!!」

俺は、中途半端に育てたっきり放置していた、あるモンスターのことを頭に思い浮かべていた。ヤツのスキルをヘラ戦の冒頭でぶちかますことができれば……悠久とも言える時間の余裕を得ることができるはず!!!

俺がモンスターボックスの中から指名したモンスターは……もちろん覚醒ヤマタノオロチ!!! そのままパーティーに入れるのは得策ではないので、彼の凶悪スキル“八相の暴圧”をスキル継承してダンジョンに持っていこうではないか!!

そして急遽、覚醒ヤマタノオロチの育成スタート。レベルだけは最大にしてあったが、覚醒スキルも中途半端、スキルレベルなんて見られたものじゃなかったので、まずはたまドラを食わせ、余りまくっているミズピィも食わせ……。

 538-9

スキルマになったのを見て「よし! すぐに継承だ!」と思ったが今度はモクタンが足りず(苦笑)、

 538-10

慌ててパズドラレーダーでモクタンを調達w これでスキル継承が可能になったので、継承枠が空いていた覚醒アスタロトに載せることにした。

 538-11
 538-12

よし!! これで“新生・覚醒アスタロトパ”ができたぞ!! この面子で、+297ヘラにリベンジだ!!!

でまあ、思った通りに覚醒ハーデスで苦戦したもののどうにかヘラまで到達し、すぐさま八相の暴圧を発動。

 538-13

(スクショを撮り忘れていたので、参考写真です)

「もらったあああああ!!! あ、あと5ターンも余裕があるとかwwwww 勝ったも同然すぎて笑いが止まらねえwwwwww 5ターンもイラネーだろwwww」

すっかり勝ち誇るも、ヘラがくり出した“6コンボ吸収”の壁をなかなか越えることができずに、アッと言う間に5ターンの貯金を使い尽くす。

「うおおおおお!!!! 振り出しに戻ったあああああ!!!><」

驚いている間にヘラの怒りの報復を喰らってゲームオーバー(苦笑)。

 538-14

でも、あと1回、7コンボが決まれば勝負を決せられるというところまで来ていたし、何より、

「もう二度と、ここまで削れない気がする」

という絶望の予感がしたので泣く泣くコンティニュー。見事つぎのターンで大コンボを決め、

 538-15

どうにかどうにか、1コンで+297ヘラを倒したのでありました……。

精根尽きた俺がぐったりして寝込んでいると、中目黒目黒からSMSが届いた。なんだなんだと開けてみると……。

 538-16

「大塚さん……ここで20コンティニューしたまま時間が止まっているんですけど、どうにかなりませんかね……(p_-)」

いまだ目黒は、ヘラのダンジョンから帰ってきていない……。

合掌。

←537回を読む

539回を読む→

【攻略記事】
“ヘラ(+297)降臨!”安定攻略パーティと攻略ポイント

◆◆◆お知らせ◆◆◆

6 月2日、『パズドライラストレーションズ』シリーズ待望の第3弾、『パズル&ドラゴンズ イラストレーションズ 新究極』が発売となりました~!! シリーズ第2弾である『パズドラ イラストレーションズ 究極』から1年。その間に追加された究極進化のモンスターはもとより、毎回人気を博す“季節の限定モンスター”の原画やラフイラストを多数収録! しかも 今回はシリーズ1作目と同じ“2000円+税”というお求めやすい価格での発売となります!!

パズドラ_H1

ファンはお見逃しなく!!(※書影はオビつきの状態のものです。)

amazonはコチラ

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

[関連記事]
【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ
大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ概要

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧