1. サイトTOP>
  2. 名作『ワギャンランド』の しりとりパートをアプリに!『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)のサポーターを募集

名作『ワギャンランド』の しりとりパートをアプリに!『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)のサポーターを募集

2016-01-22 14:00 投稿

楽曲プレゼントや企画提案など、嬉しいリターンが

ステアシステムは、2016年1月22日(金)、『ワギャンランド』のしりとりパートだけをゲームにした、スマホ版『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)のクラウドファンディングを、クラウドファンディングサイト“Makuake(マクアケ)”で行っている。

※“Makuake(マクアケ)”WEBサイト

img_87169_1

しりとりパートだけ遊びたい!

『ワギャンランド』は1989年に発売されたアクションゲーム。敵を倒しながらステージを進むアクションパートと、しりとりや神経衰弱でボスと知恵比べをするボスパートがあり、しりとりは文字ではなくパネルに描かれた絵を利用して行う点が特徴だった。

detail_1491_1453019024detail_1491_1453019387

今回のプロジェクトを立ち上げたステアシステムの代表取締役社長である高橋 伸夫氏は、子供の頃、テレビゲーム版『ワギャンランド』を楽しんでいたユーザーのひとり。とくに同作の特徴であるしりとりが大好きだったようだが、「しり とりゲームは好きだけどアクションゲームは苦手……」「ずっとしりとりだけを遊んでいたい……」という思いを抱いていたそうだ。

そこで生まれたのが、スマホアプリ『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)開発プロジェクト。

クラウドファンディング実施の背景と展望

今回、クラウドファンディングという手法を使いサポーターを募集する背景には、資金調達だけでなく、スマホアプリ『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)を、更に面白く遊べるコンテンツに育てたいとの思いがあるという。

『ワギャンランド』のしりとりでは、1つのイラストに対し何通りものユニークな読み方ができるため、様々な人の発想を取り入れることで、より一層ゲームを面白くできると考え、クラウドファンディングを通してユーザーからの募集も取り入れることにした。

資金は、主にグラフィックの品質向上のために使われる。

「カタログIPオープン化プロジェクト」参加企画アプリについて

今回制作される『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)では、オリジナル版の8bitのドット絵を可愛らしくアレンジしている。

img_87169_2
img_87169_3
img_87169_4
img_87169_5

また、音楽は数々のゲームサウンドを手掛ける高田雅史氏が担当する。クラウドファンディングのリターンとして、高田雅史氏がアレンジした、他では手に入らない楽曲のプレゼントや、しりとりパネルのイラスト案・読み方などが提案できる権利が付与されるという。

ステアシステムは、バンダイナムコエンターテインメントが実施している“カタログIPオープン化プロジェクト”へ参加しており、今回のプロジェクトもその一環となる。

これは、バンダイ・ナムコ統合10周年記念企画として、バンダイナムコエンターテインメントが実施している、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目的とした取り組み。クリエイター登録することで、カタログIP(同社保有のオリジナルIP)17タイトルを使った二次創作が、デジタルコンテンツの領域において可能となる。

※“カタログIPオープン化プロジェクト”WEBサイト

img_87169_6

クラウドファンディングとは?

自らのアイデアをWEB上でプレゼンテーションし、そのアイデアへの賛同者を集り、資金や協力者を得ることができる仕組みのこと。協力者には特別なリターンなどがもらえることがある。

『ワギャン しりとりで勝負だ!』(仮称)

ジャンル
カジュアルゲーム
メーカー
ステアシステム
配信日
2016年春ごろリリース予定
価格
未定
対応機種
Android/iOS

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧