1. サイトTOP>
  2. 【2016年の抱負】レベルファイブ・日野晃博氏

【2016年の抱負】レベルファイブ・日野晃博氏

2016-01-03 12:00 投稿

レベルファイブ
代表取締役社長/CEO
日野晃博氏

 hino_LEVEL5

代表作

『妖怪ウォッチ ぷにぷに』

瞬く間に日本を代表するキャラクターとなった『妖怪ウォッチ』を題材にしたパズルゲーム。ジバニャンやコマさんなど人気のキャラクターが、かわいい”妖怪ぷに”となって登場。

バトルでは上から落ちてくる“妖怪ぷに”をタップして消すだけの誰でも楽しめるカンタンルールで、つなげると“でかぷに”に変化するのが特徴。

単なるパズルゲームというだけではなく、さまざまな妖怪とともだちになったり、ボス戦では弱点にピンを挿してダメージを与えたりなど、本家のRPGらしさも再現されている。

 ぷにぷにパズル_つなげ画面

(C)LEVEL-5 Inc. (C)NHN PlayArt Corp.

2015年で印象に残っているスマホのゲームタイトル

『星のドラゴンクエスト』

『ドラゴンクエスト』の魅力をしっかりとスマートフォンゲームにしていて、くり返し遊ばせる魅力があります。マルチプレイも文章のやりとりをするわけではないのに、ちゃんと人の感情を感じることができます。けっこう課金しちゃいましたw

fb797eea9f8b4af30ffe9faa23002956 

(C)2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.©SUGIYAMA KOBO

2016年の抱負

2016年はレベルファイブもスマートフォンに大いに力を入れていく年になります。そして多くの人気作品を生み出していきたいと思っています。これから、『妖怪ウォッチ ぷにぷに』でも数多くのイベントが企画されていますし、いよいよ待望の大作『ファンタジーライフ2』も登場します。その他にはスマートフォンによる新作は続々発売予定です。お楽しみに。

日野一筆

 

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧