1. サイトTOP>
  2. お泊りデートも楽しめる!? NHNの新作『ドリフトガールズ』先行プレイレポート

お泊りデートも楽しめる!? NHNの新作『ドリフトガールズ』先行プレイレポート

2015-11-25 23:26 投稿

日本向けカルチャライズは完璧!!

2015年11月25日、NHNエンターテインメントから配信予定の新作タイトル『ドリフトガールズ』のメディア向け体験会が行われた。本作は2014年11月に韓国でリリースされ、英語版もすでにリリース済み。現在140カ国で楽しまれているという。

000

体験会には、同社の日本サービス事業責任者のナム・ヨンア氏と、『ドリフトガールズ』開発責任者のジュ・ワンホ氏が来場。開発の意図や意気込みなどを語った。

ナム氏「日本で成功したいという気持ちを込めて作った。特徴的な女の子がたくさん出てくるところがポイント。日本のユーザーに合わせて女の子の追加は行っていく。すでにサービスはしているが、本格的なサービスはこれから。日本でのリリースに合わせてグローバルでも大規模な戦略を立てていくつもりだ。」

ジュ氏「『ドリフトガールズ』は、さまざまな要素が含まれているゲームだが、恋愛シミュレーションの要素がもっとも強く特徴的だ。そこで、この要素を日本でも楽しんでもらうために、登場する女性キャラクターには沢城みゆきさんや明坂聡美さんなどの豪華声優に声を演じてもらっている。また、これからもアップデートで女の子を追加していく予定もあるので、そこもぜひ楽しみにしてもらいたい」

001
▲NHN ハンゲーム株式会社 TOAST事業チーム マネージャー ナム・ヨンア氏(写真右)、NHN ブラックピック ドリフトガールズ開発チーム ディレクター ジュ・ワンホ氏(写真左)

なお、本作は現在事前登録受付中。事前登録をしたユーザー全員に“VIPな車とパーツが当たるチケット”がプレゼントされる予定だという。

※事前登録は公式サイトから

今後追加予定の女の子たち

ドリフトガールズ体験会 発表資料_final_ページ_17
ドリフトガールズ体験会 発表資料_final_ページ_18
ドリフトガールズ体験会 発表資料_final_ページ_19

 手軽に楽しめるドリフト&カーカスタマイズ

今回は、『ドリフトガールズ』を先行プレイさせてもらったので、その感想なども記していこう。

本作は、ドリフトを主題とレースゲームと恋愛ゲームを融合させたような作品。車のカスタマイズはもちろん、助手席に乗せる女の子や、その女の子との親密さによっても車の性能が変化するというユニークな作りになっている。

レースゲーム部分は、いたってシンプル。必要なのはスタート時のアクセルワークと、ワンタップで行えるドリフト、ゲージを溜めて使用するニトロブーストのみとなっている。

002

操作するボタンが少ないことを活かし、設定画面からUIを変更、片手で操作できるようにすることも可能だ。

013

レースの主軸となっているドリフトは想像以上に爽快。緑のラインで囲まれた部分に車が突入した瞬間に、曲がるべき方向のドリフトキーをタップ、ドリフトゾーンを離脱する瞬間にボタンから指を離すだけ! ドリフトを堪能できるレースゲームはたくさんあるが、コンシューマーのレースゲームはシフト操作なども入ってくるため、操作は難しい。しかし、本作では指先ひとつでドリフトが堪能できるのだ。

車のカスタム要素もお手軽! できることはパーツの搭載とカラーリング、エンブレムの変更となっているようだ。サスペンションやらエンジンやらフライホイールやら車高やら、1個1個細かくカスタムできるシステムのレースゲームも楽しいが、それは車好きしか楽しめない要素。

本作では、それらの複雑な部分が極限まで省かれ、特定の車によさげなパーツを適当に最大4つまで組み込めばそれでオーケーというシンプルなシステムに仕上がっている。

003
004
005

女の子とデートを重ねて新密度を上げろ!! お泊りデートもアリ!?

前述したとおり、本作は助手席にどんな女の子を乗せるか、その女の子との新密度はいかほどかによって車の性能が変化する。と言ってしまうと、女の子が車のパーツ、物のような扱いになってしまうので、感覚的にはドライバーの腕が変化すると考えたほうがいいだろう。

ph006

このユニークなシステム、非常に面白い。車の性能的に勝てないステージに到達してしまっても、女の子との新密度を上げればステージ攻略ができるような仕組みは、これまでに見たことのない新しい要素だろう。

007

女の子とは、ステージ中にある特殊ステージで出会い、そこをクリアーすることで連絡が取り合えるようになっている。また、連絡が取り合えるようになって以降、デートをすることで新密度が上昇していく。

008
009

デートは、ただ会話イベントを見るだけのものもあれば、選択肢で女の子とのコミュニケーションを取るシーンもあり! 女の子は、その性格によって好みのデートスポットなどがあるようなので、女の子の好みに合わせたデートプランを立てて新密度を上げていくといいようだ。

新密度を上げると、さまざまなイベントが発生するという要素もあるのだが、なんとその中に“お泊りデート”という気になる文言を発見! 非常に気になるポイントだが、そのシーンはぜひともリリース後、直接見てみてもらいたい。

012

また、車を題材としたゲームならではの要素として、いい車に乗っていると女の子の機嫌が上がりやすくなるという、なんともリアルというか現金というか、そんなシステムもあるので、これもまたユニークと言えるだろう。

011

ここまでの情報だと、女の子の存在意義はデートを楽しみ、助手席に乗せて楽しむというだけのものに感じられてしまうだろうが、それは違う。

実は本作では、女の子に運転をさせることも可能! このモードは“ヒロインレース”という特殊なレースモード。

ドリフトガールズ体験会 発表資料_final_ページ_09

このモードは日本向けリリースに合わせて行われる大規模アップデートで追加される要素だ。ここでは、プレイヤーは女の子のドライビングに対してアドバイスをしたり、応援したり慰めたりといったアクションを取ることで、女の子がレースに勝てるよう、うまく誘導してあげるモードとなっている。

015

では最後に、プレイした感想をざっくりまとめていこう。本作は、ハードコアユーザー向けになりつつあるレースゲームというジャンルをコンパクトにまとめて、ライトユーザー向けに再解釈したものだと感じられた。シンプル操作で爽快なドリフトが味わえ、手軽にたくさんの女の子とのデートが楽しめるので、レースゲームの良さと恋愛シミュレーションの良さをパパッと楽しめる。

とはいえ、これは体験会での話。体験会ではハイスペックなマシンに乗っていたので、何の苦労もなくレースに勝てた。実際の製品版ではどんな難易度になるのかが気になるところだが、レースに勝ち続ければ新しい女の子の出会いにも繋がるので、プレイのモチベーションは心配なさそうだ。

記者は体験会ですでにお気に入りの美女を見つけたので、配信されたその美女を目指してもうチャージ決定!

日本でのリリースは2016年1月予定だ。

ドリフトガールズ

ジャンル
レース
メーカー
NHNエンターテインメント
配信日
2016年1月
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧