1. サイトTOP>
  2. 待望のアプリ化! タクティカルバトルRPG『バニッシュメント・デイ』プレイリポート in おしゃれカフェ

待望のアプリ化! タクティカルバトルRPG『バニッシュメント・デイ』プレイリポート in おしゃれカフェ

2015-10-28 11:00 投稿

スマホだからおしゃれなカフェでも遊べちゃう♪

みなさん、はじめまして!

ブラウザゲームとして人気を博していた、DMM.com POWERCHORD STUDIOのタクティカルバトルRPG『V.D. - Vanishment Day - バニッシュメント・デイ』(以下、バニッシュメント・デイ)のアプリ版がリリースされました。ということで、今回、ゲーム紹介&筆者(♀)による『バニッシュメント・デイ』のプレイリポートをお届けしたいと思います!

[関連記事]
※【新作】土田俊郎氏、下村陽子氏のタッグが放つ『バニッシュメント・デイ』 待望のアプリ版配信!

“世界地図から消滅した日本”が舞台のサバイバルストーリー

画像1

2014年からブラウザゲームとして配信されていた『バニッシュメント・デイ』が、アプリとなって帰って来ました!

本作は、連鎖的な大地震の衝撃によって異空間に飛ばされてしまった日本が舞台。しかしそれは単なる自然現象ではなく、謎の巨大企業の影が……。

そこから半年後、異次元下にある日本で大切なものを守るため、高校生男女たちが謎の企業に立ち向かうべく、戦闘をくり広げていく……。

アプリへコンパクトに凝縮された“世界地図から消滅した日本”の壮大な世界観は、ブラウザ版に負けず劣らず。

シンプルながら中毒性のあるゲームシステム

アプリ版『バニッシュメント・デイ』のゲーム仕様は、ブラウザ版とほとんど変わりません。操作自体はほとんど画面タップで行うことができ、非常に簡単。

シンプルな操作性ながらも、キャラクターをはじめとする装備の選択やバトルの進めかたなど、あらゆる場面で頭を使う戦略的なシステムが、この作品にハマってしまうツボをグサグサと突いてくるのです!

【5つのジョブと部隊編成について】
バトルを担うキャラクターたちには、“アサルト”、“ヘビーガンナー”、“スナイパー”、“エンジニア”、“メディック”のいずれかのジョブが振り分けられており、このジョブの役割を考慮した部隊編成がバトル勝利のための大きなファクターになります。

バトルは味方と敵にそれぞれ与えられた2×4マスのフィールド上で行われ、ジョブごとに前列・後列での攻撃動作が異なります。

アサルト前列にいるときのみ攻撃可。ヘビーガンナーに強い。
ヘビーガンナー前列にいるときのみ攻撃可。スパイナーに強い。
スパイナー後列にいるときのみ攻撃可。アサルトに強い。
エンジニア前列・後列の位置によってモーションが変化。パーティーの補佐役。
メディック前列にいるときは攻撃、後列にいるときは回復をする。パーティーの回復役。

部隊は“初動部隊”と“増援部隊”に分けられており、各5人まで選択可能。

画像2
画像3
▲部隊に組み込めるキャラクターは最大10人。

【配置が最大のキーポイントのバトルシステム】
バトル開始直後のフィールドには、“初動部隊”+助っ人の最大6人が配置されています。

画像4

“増援部隊”は一定のターンが進むと使えるようになり、戦闘不能になってしまったキャラクターの穴を埋めたり、後半戦をより有利に進めるための切り札キャラクターを備えておいたりします。

image1
▲各キャラクターの配置は戦闘前に設定することができ、戦闘中でも変更可能。

基本的に味方の真後ろにいるキャラクターは攻撃を受けないので、HPが減ってきたキャラクターを後列に回すことで戦闘不能になることを防げます。

また前述のとおり、キャラクターのジョブによって前列・後列どちらに配置するかで攻撃時の動きが変化するので、バトルの状況に応じて臨機応変な配置替えが必要になります。

とにかく攻撃 (1)
▲バトル開始直後、まずはとにかく攻撃!
避難
▲バトル後半、ダメージを受けたキャラクターは後列へ避難。

戦闘不能になってしまったキャラクターはバトルに勝利しても経験値を獲得できないので、戦闘不能キャラクターを出さないでクリアーができるようにしていきましょう。

画像8

百聞は一見にしかず。バトル動画を撮影したので是非ご覧あれ!

※プレイ動画はブラウザ版で撮影しております。

【キャラクターと装備について】
基本的に、キャラクターは“スカウト”、装備(防具と武器)は“開発”を行うことで入手できます。

【スカウト】:1回につき“軍資金”、“調査ポイント”、“探索ポイント”、“交渉ポイント”と“エージェント”1体が必要。投入する資源の比率によって排出されやすいキャラクターのジョブが変化する。

画像9
▲“軍資金”が多いと“ヘビーガンナー”、“調査ポイント”が多いと“スパイナー”、“探索ポイント”が多いと“メディック”か“エンジニア”、“交渉ポイント”が多いと“アサルト”が排出されやすくなる。

【開発】:1回につき“軍資金”と“調査ポイント”、“フェロー”1体が必要。

画像10

それぞれ資源の投入量を多くするとレアリティの高いキャラクターや装備が排出されやすくなりますが、稀に少ない投入量でもレアリティの高いものが排出されることも。

すべては運次第!

さて、それではお待ちかね、プレイリポートをしていくよー!

おしゃれカフェからお届け! 『バニッシュメント・デイ』プレイリポート

アプリとなっていつでも(?)どこでもプレイができるようになった『バニッシュメント・デイ』を、筆者がおしゃれなカフェでドヤ顔しながらプレイしてきました!

カフェという落ち着いた場所(日常)と『バニッシュメント・デイ』の緊迫した世界観(非日常)の狭間で、ゲームをプレイしてみたかったのです。

食べ物もゲームもしれっとたしなむ女性(筆者)を、世の中の殿方が放っておくだろうか。いや、放っておかない(反語)。

チュートリアルはサクサク終わらせて(取扱説明書は読まない派)、目の前にあるクエストをひたすら進めます。

本当はおしゃれなドリンクもパンケーキもそっちのけです。お百姓さまごめんなさい。

画像11
▲筆者に放置された美しく素敵なフードたち。

やはり楽しみなのは“スカウト”や“開発”。資源が許す限りやってみました!

豊橋郁実(エンジニア)

画像12
▲なんか強そうな女の子が出た! 同じ女性の筆者から見ても惚れてしまいそうなプロポーション。そしてこのタクティカルなファッションが……イイね!!

やっぱり女の子ばかりか~なんて思っていると……。

亀岡凛太郎(ヘビーガンナー)

画像13
▲男の子、発見!!!!!!!!!!! ちょこっと切れ目のクールで物静か(そう)な感じが超タイプ!!

ステータスはSRの郁実ちゃん(豊崎郁美)ほどではないけど、好みだからスタメン決定。

画像14
▲ストーリーにもしっかり登場。はぁ〜、イケメン。

こんじき手甲

画像15
▲なんとなく“開発”をやったら強そうな防具をゲット。

ミッション達成でもらえる“メダル”を“メダル交換所”でSRキャラクターの“昭島千尋”と交換。

画像16
▲装備も交換できるよ!

部隊を組んで、いざ出撃!

こうして、凛ちゃん(亀岡凛太郎)を戦闘不能にせずバトルクリアーを目指す物語が始まる……(違う!)。

i
▲“エンジニア”の郁実ちゃんは前列だと敵1体に攻撃、後列だと敵一列にDEF(防御力)ダウンの効果を与えるスキルを持っています。
画像18
▲バトルのスピードは右上のアイコンで“等倍”、“3倍速”、“5倍速”、“5倍速オートプレイ”に変更が可能。

“5倍速オートプレイ”は非常に便利ではあるのですが、キャラクターにあまり優しくない(気付くと戦闘不能になってる)ので、倍速プレイ+こまめな配置替えがオススメです。

大事な大事な凛ちゃんは、自分の手で守らなきゃね!

画像19
▲バトルは圧勝。2頭身だけど必死に戦う少年少女たちが可愛すぎました。

ちなみに、クエストを進める際には各キャラクターのスタミナを一定量消費します。

スタミナが切れたキャラクターがひとりでもいると、その部隊はクエストに出撃できなくなり、部隊を編成し直す必要がでてきます。

画像20
▲一定時間待つ、もしくは“ナース”を使用すればキャラクターひとりのスタミナを全回復することができる。

キャラクターはバトル勝利で経験値を得ることによってもレベルが上昇し、一定のレベルに到達すると“スキル”を習得したりステータスが大幅アップしたりします。

画像21

こんな感じで、どんどんクエストが進みキャラクターも成長し、“世界地図から消滅した日本”での少年少女たちの奮闘が続きます。

プレイ自体のおもしろさはもちろん、慣れ親しんだ日本が舞台になっているので物語のひとつひとつにリアリティがあります。そして、世界地図から消滅したという設定がスリル満点でワクワク! ほくほく!

そしてまた、凛ちゃんを戦闘不能の危機から守る日々がやってくるのである……。

まとめ ~サバイバル感覚を味わえる!? 『バニッシュメント・デイ』~

部隊編成や各キャラクターの装備、そしてバトル中の戦略とさまざまな要素が勝敗に影響する『バニッシュメント・デイ』は、アプリから始める人はもちろん、ブラウザ版をプレイしていた人も改めて楽しめる作品になっていると思います。

日本地図をベースにしたクエスト進行やストーリー内容、そして荒廃した日本を表現するグラフィック……現代日本が舞台であるがゆえに没入感が高く、どんどん物語の世界観に引き込まれていきます。

ちなみに筆者はサバゲーがしたくなりました!

もしいま、大地震がきて我々が住むこの日本が異空間に吹っ飛んでしまったら、皆さんはどうするでしょうか? 筆者は凛ちゃんみたいな男性を探そうと思うよ!

V.D. - Vanishment Day - バニッシュメント・デイ

ジャンル
タクティカルバトルRPG
メーカー
DMM.com POWERCHORD STUDIO
配信日
2015年10月27日
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧