1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 白猫プロジェクト>
  4. 【白猫攻略】新協力タイムチャレンジクエストは武者タイムチャレンジと比べて効率がいいのか考察してみた

【白猫攻略】新協力タイムチャレンジクエストは武者タイムチャレンジと比べて効率がいいのか考察してみた

2015-09-09 23:16 投稿

img-200x270虹のかけらがついてくる! ファミ通App NO.025 Android
2015年8月27日発売!
★Amazonでの購入はこちら!
top640

やはり武者が安定?

2015年9月9日より、『白猫プロジェクト』のゲーム内において新協力クエストが実装された。

実装されたのは、★6“タイムチャレンジ!!【ムカデ】”、★8“タイムチャレンジ!!【シザーズ】”、★9“タイムチャレンジ!!【ホーネット】”の3つのタイムチャレンジ系のクエスト。

※ムカデの攻略はこちら

今回の新クエストの実装により、これまで効率よくBPを稼げるクエストだった★7“タイムチャレンジ!!【武者】”以上に効率よくBPを稼げるクエストが登場したのかが気になるところ。

※効率よく段位を上げるためのおすすめクエスト攻略

候補となるのは、難易度の高い★8“タイムチャレンジ!!【シザーズ】”、★9“タイムチャレンジ!!【ホーネット】”のふたつ。

今回は、これら3つのクエストの中で、効率よくBPを稼げるのはどのクエストなのかの考察をお届けしていく。

クリアーによる獲得BP

武者タイムチャレンジ:180
シザーズタイムチャレンジ:200
ホーネットタイムチャレンジ:225

クリアータイム例

それぞれのクエストに5回挑戦して3番目によかったタイムを参考例として紹介する。

◆武者

01
▲キングで挑戦。約17秒でクリアー。
◆シザーズ
02
▲キララで挑戦。約30秒でクリアー。
◆ホーネット
03
▲ミラ(茶熊)で挑戦。約1分10秒でクリアー。

BP稼ぎには武者タイムチャレンジが安定

いきなり結論になってしまうが、今回実装された2種のクエストより、武者タイムチャレンジのほうが安定して効率よくBPを稼げると思われる。

では、そう考えるにいたった要因を以下で説明していこう。

※今回の考察はランダムマッチングを利用した場合においての効率のよさを考察しています。

要因①武者に比べて攻撃を当てにくい

武者に比べてシザーズ、ホーネットは攻撃を当てにくいのがひとつの大きな要因。

とくにホーネットは、動きが非常に素早く、攻撃が当たるかどうかは運の要素が強い。

シザーズもジャンプ行動を取ることがあるため、ホーネットよりは攻撃を当てやすいが、スキル攻撃が外れてしまう危険性は武者と比べると高い。

そのため、攻撃を当てやすい武者のほうが安定して短時間でクリアーできる。

要因②大ダメージを与えられるキャラの総数の差

対武者の場合は、特攻をつけるディオニスバンクルーシャイサミシズク、それから純粋に火力が高いシャルロットと、比較的大ダメージを与えられるキャラが多い。

それに比べて、シザーズは特攻がつけるキララか火力が高いシャルロット、ホーネットはミラ(茶熊)シャンピニオンリヴェータか、シャルロットと高ダメージを期待できるキャラが少ない。

特攻をつけるキャラはここをチェック⇒モンスターの系統と特攻早見表

大ダメージを与えられるキャラが少なく、パーティーメンバーに揃いにくいこれらふたつのクエストより、大ダメージを与えられるキャラが集まりやすい武者タイムチャレンジのほうが周回のしやすさは上となる。

固定パーティーならシザーズのほうが効率がいいかも

以上のことから、効率よくBPを稼ぐならいままで通り武者タイムチャレンジが適している、という考えにいたった。

ただ、武者タイムチャレンジとシザーズタイムチャレンジは、討伐にかかる時間や効率にそこまで大きな差がないので、気分や手持ちのキャラしだいで切り替えてもいい。

また、実際に試せていないので断言できないのが申し訳ないが、シャルロット4人や、キララ3人+コヨミ(サマー)1人、のように固定パーティーで周回できる場合は、シザーズタイムチャレンジのほうが効率よくBPを稼げると思われる。

いずれにせよ、周回するなら武者かシザーズタイムチャレンジがオススメだということだけ押さえておけばオーケー。

(竹中プレジデント)

▲高火力としてタイムチャレンジ系でも大活躍のシャルロットの強さを実感してみた!

公式白猫wiki管理人さとるりのTwitter

公式白猫wiki運営メンバーケンちゃんのTwitter

他にもゲーム色々! ファミ通Appのチャンネル登録はこちら

top640

白猫プロジェクト

メーカー
コロプラ
配信日
配信中
価格
アイテム課金制
対応機種
Androidバージョン4.0以降、iOS 6.0以降、iPhone・iPad および iPod touch対応 iPhone 5用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧