1. サイトTOP>
  2. 『サマナーズウォー』いまさら聞けない召喚士の手引き【モンスター育成編】

『サマナーズウォー』いまさら聞けない召喚士の手引き【モンスター育成編】

2015-07-03 15:15 投稿

初心者召喚師に贈るモンスター育成のコツ

『サマナーズウォー: Sky Arena』は、召喚したモンスターを育成して戦わせていくRPG。ほかのRPGと本作を比較した際の一番の違いは、モンスターを育てる幅が非常に広い点にある。モンスターの希少度(レアリティ)と強さは星印の数で示されるのだが、本作ではすべてのモンスターを最高ランクである“☆6”まで育てることが可能だ。たとえ召喚直後は弱いモンスターであっても、手をかけて育てていけばいずれは強力な存在になってくれるので、育成のしがいがあるだろう。

そこで、全4回にわたってお届けする本作の攻略第1回目は、ゲームを始めたばかりの初心者召喚師に向けて、モンスターの召喚と育成方法、必要なアイテムの入手手段などについて解説していく。この先待ち受けている先輩プレイヤー、つまり熟練召喚師とのバトルに勝つための基本的な知識を、この機会にしっかり身につけておこう。

02

モンスターを召喚して☆3パーティを目指す

もっとも基本となるモンスターの召喚は召喚魔法陣で行うが、必要とするアイテムによって、以下のように召喚を実行する難しさと結果が変わってくる。ゲームを始めたばかりの序盤でも利用できるのは、以下の3種類だ。

・未知の召喚書:アイテム“未知の召喚書”を消費する(召喚モンスター☆1~3)
・不思議な召喚書:アイテム“不思議な召喚書”を消費する(召喚モンスター☆3~5)
・不思議召喚:マナクリスタル(課金アイテム)を75個消費する(召喚モンスター☆3~5)

このうちもっとも手軽なのは“未知の召喚書”を使ったモンスター召喚。未知の召喚書は、序盤のダンジョンでも手に入れることができるので、入手したそばから遠慮せず使っていこう。

召喚できるモンスターは全般的に☆の数も少なく弱いモンスターばかりだが、最初に説明したようにどのモンスターにも将来性はあるからだ。また、チュートリアルで必ず手に入るモンスターのなかでも“フェアリー”と“ヘルハウンド”を成長させていくための合成素材として用いるのもいいだろう。

03

残りのふたつは強力なモンスターを召喚できる可能性があるが、“不思議な召喚書”は高難易度ダンジョンのドロップ品として、“不思議召喚”はおもに課金で手に入るため、気軽に頼るのは難しい。それでも利用できる機会があったら、積極的に使って強いモンスターを召喚しよう。

☆3以上のモンスターを5体そろえることができれば、次項で解説する育成もスムーズに進められるので、まずはそれを目標に召喚を行うといいだろう。

04
▲未知の召喚書の入手手段の中には、上の画像のように魔法ショップを利用するというのもある。

まずはダンジョンを周回してモンスターを育成

たとえ☆5モンスターであっても、召喚した直後のモンスターをそのまま強敵にぶつけると確実に返り討ちにあってしまう。そうならないためにも、モンスターのレベルを上げて体力や攻撃力などのステータスを高めることが重要だ。そんなレベル上げの手段には、おもにふたつの方法がある。

ひとつは“ダンジョンに送り込み経験値を獲得させる”こと。本作のストーリーはダンジョンをクリアーすると進んでいくが、一度クリアーしたダンジョンは難易度Hardが解禁され、さらに難易度Hardをクリアすると難易度Hellが解禁される。

難しくなるほどモンスターが獲得できる経験値が増えていくので、育成に最適だ。とはいえ高難易度ダンジョンをクリアーすること自体、弱いモンスターには荷が重い話。難易度Normalのダンジョンを何度も周回させ、十分な実力がついたと判断したら難しいダンジョンに挑ませよう。

05

合成や進化は慎重に

ふたつ目の育成方法は、前項でも少し触れたが“育てたいモンスターに別のモンスターを合成させる”ことだ。合成させたモンスターは消滅する代わりに、育てたいモンスターは経験値を得られる。ダンジョン攻略と違い、低レベルのモンスターでも負ける心配なく育てられるのが強みだが、手持ちのモンスターの数を減らしてしまうというデメリットもある。

ほとんどすべてのモンスターに将来性がある本作では、うかつにモンスターを消してしまうのは避けたいところ。モンスターの所持可能数が限界に近い場合など、どうしてもモンスターを消費したい場合に利用するほうが無難だ。

06

すべてのモンスターには☆の数ごとに最大レベルが設定されており、それ以上成長させることはできない。しかし、レベルが限界に達したモンスターは“進化”させることで☆をひとつ増やせる。進化したモンスターはステータスが高まるだけでなく、最大レベルも上昇するのでさらに強化させることが可能となる。

ただしモンスターを進化させるには、以下のように☆の数に応じたモンスターを消費する必要がある。

・☆1モンスターの進化:☆1モンスター×1を消費
・☆2モンスターの進化:☆2モンスター×2を消費
・☆3モンスターの進化:☆3モンスター×3を消費
・☆4モンスターの進化:☆4モンスター×4を消費
・☆5モンスターの進化:☆5モンスター×5を消費

このように星印が多く、強力なモンスターほど進化には多大なる犠牲が必要となる。けして気楽には行えないので、どのモンスターを進化させるかはよく考えて決めよう。

ルーンを刻んでモンスターを強化

レベル上げと進化によるモンスターの育成は、手間と時間がかかる地道な手段だが、特別なアイテムを使えば手っ取り早く強化することができる。“ルーン”はおもにダンジョンで手に入れることができるアイテムで、モンスターに刻むことでステータスを高めたり、特殊な力を持たせられる。

07

各モンスターにはルーンを刻むための6か所の枠があり、それぞれの形をひとつずつ、最大6つまで同時に刻むことができる。組み合わせ次第で任意の強化も可能。しかも、“元気のルーン”のように、基本名称が同じルーンを特定の数以上同時に刻むと、セット効果が働いてステータスにさらなるボーナスを加えられる。ルーンの能力は異なるが、セット効果の内容は名称に応じて決まっているので、モンスターに持たせたいセット効果を持つルーンを選ぶといいだろう。序盤で手に入るルーンの名称とセット効果は以下のとおり。

元気のルーン:2個以上でセット効果“体力+15%”(ガーレン森でドロップ)
猛攻のルーン:4個以上でセット効果“攻撃力+35%”(シーズ山でドロップ)
刃のルーン:2個以上セット効果“クリティカル率+12%”(カビール遺跡でドロップ)

ルーンの名称は手に入るダンジョンの場所で、ルーンの形はダンジョンの番号で、それぞれ決まっている。また個々のルーン能力は、ルーンのレア度が高いほど強力になりやすく、高レアのルーンは高難易度のダンジョンで手に入りやすい。欲しいルーンがあったら、ダンジョンの場所と順番、難易度を吟味して挑んでみよう。

なお、ルーンは一度刻んだあとで元に戻すには、大量のマナストーンが必要になる。戻さず上書きすると、もともと刻んでいたルーンは消滅してしまうので注意。刻む前のルーンは、マナストーンを使って強化することができるので、強力なルーンは刻む前にあらかじめ強化しておくのがオススメだ。

08

覚醒で大幅パワーアップ!

続いて紹介するのは“覚醒”。モンスターをヒーローモンスターに変身させる特別な強化方法だ。覚醒したモンスターは星印の色が変わり、外見が変化するほか、ヒーローモンスターとしての固有名を有する。そのほかにも、モンスターによっては新たなスキルを身に付けたり、基本ステータスが大幅にアップしたりする。

その効果は絶大だが、覚醒には“~の聖水”と呼ばれる特殊なアイテムが必要となる。こうしたアイテムは、カビール遺跡クリアー後に解放される特殊ダンジョン“カイロスダンジョン”でおもに入手できるので、まずはそこまでストーリーを進めていこう。そのためにも、これまで解説してきた手段でモンスターを強化しておくことが大切だ。

09

準備を整えいざ対戦の場へ

強化したモンスターがそろったら、いよいよ本作『サマナーズウォー』の真骨頂である、“アリーナ”での戦いに挑むことになる。ということで次回の記事ではパーティに組み込むモンスターの選び方を中心に、アリーナで勝ち残る秘訣を伝授。難しさを増すダンジョンの攻略にも、合わせて役立ててほしい。

お知らせ

2015年7月2日に発売された週刊ファミ通に『サマナーズウォー: Sky Arena』の情報が掲載されているぞ。しかも、袋とじDLCとしてアイテムまでついてくる! 内容は上でも紹介した不思議な召喚書1枚。☆3~5までのモンスターが手に入る召喚書となっているので、強力なモンスターをもう1体欲しいというときに活用しよう。

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

※『サマナーズウォー: Sky Arena』公式サイトはこちら

サマナーズウォー: Sky Arena

メーカー
Com2uS
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPad、およびiPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧