1. サイトTOP>
  2. 必殺技の大乱射は必見!『エレメンタルストーリー』試練のクエストがアツすぎる!

必殺技の大乱射は必見!『エレメンタルストーリー』試練のクエストがアツすぎる!

2015-04-30 12:00 投稿

elemental-01

必殺技! 必殺技! 必殺技! と、“必殺技の大乱射”が爽快な4人共闘型の王道RPGが、CROOZの『エレメンタルストーリー』。

潔いほどの超王道な雰囲気やサウンド、4人共闘でよりアツく有利に運べる試合展開、そして冒頭の、特定の形状にピースを作ることで“大乱射”できる必殺技の数々。“誰でも簡単にプレイできる”と標榜する通り、召喚やバトル、ログインを通して次々に個性豊かなモンスターたちをゲットできる点も、ライトユーザーから支持を集める大きな理由。

また、本作の目玉のひとつが“試練のクエスト”。ステージの開放具合に応じて挑める☆4~5の同クエストは、ここでしか手に入らない超レアで“使える”モンスターばかりなので、ぜひ挑戦したいところ。

そんなわけで、今回はこの“試練のクエスト”に挑戦してみました!

そもそも“試練のクエスト”とは?

レアを含めモンスターを“ゲットしまくれる”多様な仕組みが用意された本作ですが、その中でもとりわけ魅力的なのが、一定のステージ到達度・レベルで挑戦できる“試練のクエスト”。

本作は火炎、水凍、森林、光明、夕闇の各属性の5大陸を自由に行き来し制覇することが目的のRPGですが、各大陸にこのクエストは用意。ステージを10までこなすことで挑戦できる☆4、16までこなすことで挑戦できる☆5とそれぞれあり、開催時期は不定期、また期間内でも日によって出現・獲得できるモンスターは違います。

ele002

クエストを攻略すると、そのクエストの名前が冠されたレアモンスターのゲットが可能で、これらをゲットすることで今後のゲームプレイがいっそう充実したものになるのです。

クエストの開催時期は不定期ですが、わりと頻繁に開催されている印象で、かつステージ10や16ならば、ちょっと本気を出して遊べば到達にそう難しくはないので、ぜひ目指してみてください。

強力な全体攻撃が魅力の“ウェンティ(☆4)”

new_ele03

そんなわけで、筆者も“試練のクエスト”に挑戦。今回挑んだのは、光属性より“ウェンティの試練(☆4)”、闇属性より“バアルの試練(☆5)”のふたつ。

elemental-02

ウェンティはビジュアル的に見ても西洋風女天狗みたいな感じでクールですが、さらに☆6まで進化させた際のスキルを見ても、全体攻撃+全体回復効果を持つ“輝きの風”を使用可能だったりと、才色兼備なことでも評判。

ele005

このウェンティは、最終進化系と第二進化系の2体でプレイヤーをおもてなししてくれますが、攻略する上でのキーワードは“混乱ピース”。

2体とも通常攻撃、混乱ピースによる攻撃を交互に仕掛けてきますが、この混乱ピースに変えられたピースを消すと、敵の攻撃力が上昇。大ダメージを食らってしまいます。

なので、これを避けつつ攻撃を仕掛けるのがポイント。

また、同じ混乱ピースでも、最終形態と第二進化のそれでは、消したあとに加算される攻撃力がまったく違うので、とくに最終のピースは消さないように気をつけつつバトルを展開しましょう。

ele006

そんな感じで上記(とにかく“最終”の混乱ピースを消さない!)を念頭に実際に挑んでみると、

ele007

ちょこちょこHPを削られることはあっても危ない場面に遭うこともなく、

ele008
ele009

わりと順調に倒せました。

new_ele04

西洋風女天狗・ウェンティちゃん!
スタミナ消費なし、アイテムドロップ率が上昇するという“リアルタイム4人共闘モード”で挑んだというのも大きいです。

上記のメリットにくわえて、バトル中にちょっとした顔文字スタンプで意思表示もできるので、少し抜けてることで定評のある筆者がミスったりすると怒ったスタンプが表示され、

“そういや混乱ピースはほっとけば数ターンで消えるからパスするというのも一つの手だった”

と自身のプレイを客観視したりもできるので共闘プレイは有意義です。まとめると、

・最終形態の方のウェンティが作る混乱ピースに注意
・第二のそれや、通常のピースを消すことを念頭においてバトルを展開しよう
・混乱ピースはほうっておけば数ターンで消えるので、パス(自ターンで何もしない)することもひとつの手

といった感じでしょうか。

※ウェンティの攻略情報はこちらから

二段がまえの鬼畜仕様で接戦必至の闇属性“バアル(☆5)”

で、バアル(☆5)。バアルは石版利用で☆7まで成長させることができますが、単体へ超強力な闇属性攻撃を狙える“メテオインパクト”など、単体攻撃に秀でたモンスター。

アビリティを見てみても、“攻撃力増加+50”や“HP増加+200”など、攻防両面から見てもバランスの良い成長をするので、狙う価値は十分あり。

ele011
ele012

バアルは“バリアコア”をピースの下部一列に生成してくる点が大きな特徴。これを壊さないまま攻撃してもダメージを1しか与えられません。いかに毎ターン確実に、このバリアコアの耐久を削ることができるかが大きなポイント。また、攻撃力自体も非常に高いため、適宜回復させつつ、バリアコア破壊、一気に総攻撃をしかけていく、というのが基本的な戦い方。

ele013

☆5のクエストともなると、道中の“雑魚キャラ”ですら侮れない強さ。“まだ大丈夫だろう”などと侮って回復をしそびれると突然気絶、なんてこともありうるので、ピースを消ししぶることなく“回復できるときにしておこう”という頭でいることも大切だと思います。

ele014

バリアコアを破壊しやすくする“バリアコアブレイカー”を持ったモンスターがパーティにいたからか、バリアコア破壊→総攻撃という流れは割りと順調に続いた印象。

ele015

が、もうひとつやっかいなのが、HPが減ってくると、今度はバリアコアの代わりに“毒ピース”を盤面に撒き散らし、かつ攻撃力上昇という“新鬼畜仕様”に変化する点。

バリアコアがなくなればこっちのもの、と気を抜いていると、

ele016
ele017

ひとり、ふたりと、つぎつぎに気絶状態にされてしまう恐れがあるので、最後まで気を抜かずに。というか、むしろここからが勝負と一気にゴールまで突っ切ることがバアル戦の最大のカギだと実感しました。

ele018

なんとか押し切って勝つことができました! とかいいつつ、じつは“大人のパワー(コンティニュー)”を一度使ってしまっていたり(^_^;)

・バリアコアを毎ターン確実に破壊し、攻撃をしかける
・HPが減ってきたら毒ピース&攻撃力上昇とパターンが変わるので、一気にたおしてしまおう
・道中は、“回復できるときにしておく”ことを念頭においておいたほうがいい

ぜひ挑戦してみてください!

※バアルの攻略情報はこちらから

“蜃気楼の塔”で伝説のモンスターをゲット

すでに本作のプレイをある程度進めており、もっと強いモンスターに飢えているという人もいるでしょう。現在開催中のイベント“蜃気楼の塔”には挑戦しましたか?

elemental-05

“史上最も超高難度”な本イベント。最上階に君臨する☆5 モンスターをめざし、各階のモンスターを撃破していきましょう。本イベントの簡単な概略は以下のとおり。

・“ひとりで”しか挑戦できない(みんなでは不可)
・24時間に1度のみ挑戦可能
・コンティニュー不可

さらに、各階には、上述の“試練のクエスト”に登場した☆4と☆5のモンスターが出現という鬼畜仕様。一体一体がボスレベルだというのに、それが総出でおもてなしとか……ただ、道中で気絶しても、各階で得られたモンスターや石版等の報酬は得られるので、頂上を目指さない場合も、挑む価値はありそうです。

elemental-06

ちなみに第1回目に登場のモンスター“タオフェン(☆5)”のステータスはこちら。いや、手放しに言いたいです。強すぎ。今後登場のモンスターも注目です。

と、そんな感じで今回は各試練についてスポットを当てて紹介してきましたが、軽く触れたとおり、モンスター獲得のしやすさや、強化方法の多様さなど、初心者・ライトユーザーにとってもなじみやすい仕組みが多い本作。

現在、Android版ではダウンロード数30万突破、近々iOS版もリリース予定とノリにのっているので、上述の“試練の塔”関連も含め、魅力的なイベントが続々開催されるかもしれません。それに備えて、はじめるなら、いま!?

[関連記事]
※スキル乱射で大ダメージを狙え! 4人共闘型の王道RPG『エレメンタルストーリー』が大型アプデを実施!

※公式サイトはこちら

エレメンタルストーリー

メーカー
CROOZ,Inc.
配信日
配信中(iPhone版は近日配信予定)
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android 2.3.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧