1. サイトTOP>
  2. 【毎日15時更新】おっさん世代感涙のゲームボーイライクなゲーム『Tiny Dangerous Dungeons』

【毎日15時更新】おっさん世代感涙のゲームボーイライクなゲーム『Tiny Dangerous Dungeons』

2015-04-28 15:00 投稿

600×150_2
▲再生リストはこちら

ドット絵と色合いが懐かしすぎる!

アイコンを見てトキメキを感じてしまったのが、本作『Tiny Dangerous Dungeons』。

実際にプレイしてみて、久しぶりにゲームボーイを引っ張り出して昔のゲームを楽しんでいるような感覚に陥った。

見れば一目瞭然! わかる人にはわかる感覚だろうし、わからない人も逆に新鮮な驚きを感じるのでは?

ふたりは、どうかな?(とくに編集長)



※ファミ通Appのチャンネルはこちら

※ファミ通AppのTwitterはこちら

 

動画に出ている2人のTwitterはこちら!

※中目黒目黒のTwitterはこちら

※みいこのTwitterはこちら

『Tiny Dangerous Dungeons』
ってこんなゲーム!!

移動とジャンプだけのシンプルアクション

アプリ名の通り、かわいらしいドット絵で描かれたこうもりやカエルが巣食うダンジョンが舞台のアクションゲーム。ダンジョン内には鍵が隠されており、これを見つけ出して扉を開け、ダンジョンを探検していこう。

tiny001

 

敵は踏んづけても死なない!

カエルやこうもりなど、いかにも弱そうで、“踏んづけてくれ”と言わんばかりの敵ばかり。しかし、世界的人気の某配管工ブラザーズのようにジャンプで踏もうとすると、ダメージを受けてしまうので注意。飛び越えてやりすごすしかない。

 tiny002

 

セーブすることを忘れずに

ステージ中には、マリア像のような銅像が点在する。ここで上ボタンを押せばセーブすることができ、死んでもそこから再開できる。意外と死ぬことが多いので、その都度セーブすることを心がけよう。

 tiny003

(企画協力・原稿)深津庵、斎藤えいこう

※深津庵のTwitterはこちら

もう1本いっとく??



※ファミ通Appのチャンネルはこちら

※ファミ通AppのTwitterはこちら

Tiny Dangerous Dungeons

メーカー
Jussi Simpanen
価格
120円
対応機種
iOS 6.1 以降

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧