1. サイトTOP>
  2. 『リトルノア』ギルド内でギスギスしないために覚えておきたいレイドの基本

『リトルノア』ギルド内でギスギスしないために覚えておきたいレイドの基本

2015-03-23 22:11 投稿

littlenosh_wikibanar_600

公式攻略wikiも鋭意更新中!!

※『リトルノア』公式攻略wikiはこちら

和やかギルド運営

『リトルノア』のお役立ち情報を紹介していく。今回は最大30人で参加可能なレイドボスバトルについて。

レイドボスバトルは、キャラクター育成のために幾度となくプレイすることになるモードなので、できればギルド内で円滑に回して効率アップに励みたい。

そこで今回はギルド内のみんなが知っていれば、より効率よく、より和やかにプレイできるイロハをお届けする。

覚えておきたい6ヵ条

※細かい説明は下に書いてあります。

・最初はギルドメンバーだけで戦う

・おすすめプレイヤーは少し経ってから呼ぶ

・自分の強さに見合った敵に挑む

・ときにはBPを消費して再戦

・スキルを切らさない

・ボスを定期的に探して放流してあげる

最初はギルドメンバーだけで戦う

ギルドメンバーがランキング上位に入れるように、最初は“ギルドメンバーを呼ぶ”のみを使用して戦う。先にダメージを稼いでおいて、時間的に余裕を持たせれば上位にランクインする可能性が高くなるからだ。

 s001
▲ギルドメンバーだけで戦えば、ギルドの力の底上げもできる。火力不足を時間で補えるため、育成ができていないメンバーも助かる。

おすすめプレイヤーは少し経ってから呼ぶ

ほかのメンバーがバトルに参加する際、経過時間を確認して適宜“おすすめプレイヤーを呼ぶ”を行う(目安は残り時間10分くらい?)。ほかのプレイヤーが加勢してくれれば、ボス撃破の可能性も上がるからだ。自分が一時撤退したあとで要請してもオーケー。

 02
▲ギルドメンバーの参加状況を見ながら、メンバー以外の力が必要な場合はおすすめプレイヤーを召喚しよう。

自分の強さに見合った敵に挑む

とくにボスのレベルが31以上になる超級では、ひとりひとりの働きが非常に重要になる

キャラクターが育っておらず、あまりダメージを出せないうちは超級への参加は控えるのがベター。もし参加した場合は、参加枠を埋めただけに何度も挑戦して貢献したいところ。

06
04
▲勝てれば何でもオーケー。でも30席しかない参加枠を埋めるからには貢献したい。

ときにはBPを消費して再戦

レイドボス戦ではバトルをやめると“一時撤退”扱いになり、再戦することで累計ダメージを上乗せできる(じつはあまり知られていない?)。

うっかり事故ってダメージを稼げなかったり、参加プレイヤーが少なかったりしたときは、空気を読んでBPを消費してでも貢献したほうがいいときもある。ほかに、ダメージレースのTOP3に入れそうなときなどにも再戦を利用して、順位報酬を狙いたい。

03
▲続けてバトルしてもいいし、ホームに戻ってからでも大丈夫。

スキルを切らさない

ノアのアクティブスキルの“パンサーオーラ”“キャットバリア”は、効果中に続けて使用することで効果がアップしたり時間が延長したりする。それを利用した連携が非常に大事。

鉄巨人の弱点露出時など、チャンスに大勢が一気に使うのもいいが、つねにスキルを発動してダメージの底上げを狙うのも重要。とくに超級のボス戦では、スキルリレーをうまくつないで、極力長い時間効果が発動するように心掛けよう。

05
▲ふだんから効果をつないで、チャンスにはドーンと使用したい。

ボスを定期的に探して放流してあげる

ギルドメンバーの育成に協力するためボスを探して呼んだあと、自分は戦わずに“放流”してあげるのもいいだろう。こうすることで自分はBPを消費せず、仲間も初めの1度目はBP消費なしでバトルに参加できる

メンバーどうしで放流し合えば、長時間レイドバトルを続けてプレイできる。ゴールドに余裕があればぜひ定期的に行っていこう。

s002
▲余り気味なゴールドのいい使い道になる。

以上が、覚えておきたいレイドの基本である。上記を意識して、みんなで仲よく強くなろう!

実況動画始めました



↓『リトルノア』担当編集者が日々のプレイをつぶやき中……。

※岩田ジュビ漏のTwitterはこちら

littlenosh_wikibanar_600

公式攻略wikiも鋭意更新中!!

※『リトルノア』公式攻略wikiはこちら

 

リトルノア

ジャンル
リアルタイムストラテジー
メーカー
ブレイズゲームス
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降/Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧