1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第393回『たどり着いたマイルストーン』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第393回『たどり着いたマイルストーン』

2015-02-03 17:09 投稿

たどり着いたマイルストーン

見過ごせない“事件”があったので、短めの文章になるけどお知らせしたいと思う。

じつはちょっと前から激しく意識していたのだが、ついに本日、節目の記念日を迎えました!!!

393-1

苦節2年と10ヵ月……。

不肖・大塚角満、ようやく、本当にようやく、パズドラのログイン日数が1000日に到達しました~~~~~!!!! パチパチパチ~~~!!! ぶっちゃけ、キチンと毎日ログインできていたらもっと早くこの区切りに達していたと思うけど、早かろうが遅かろうが“1000”という金字塔的な数字に貴賎はない。ここまで遊び続けたこと自体が、尊くも美しい“事実”なのである(陶酔)。

思えば、2年10ヵ月前の4月……。

「大塚さんがアプリで遊ばないのは知っていますけど、これだけは騙されたと思って遊んでみてください!」

いきなり中目黒目黒にそう言われて触ってみたのが、当時はiOS版しかなかった『パズル&ドラゴンズ』。ゼウスもヴィシュヌもソニアもおらず、究極進化はおろか、テクニカルダンジョンすらなかった、モンスターの“進化前”のようなアプリだった。でも、そのおもしろさはあまりにも衝撃的で、俺は初めてパズドラに触った翌日に携帯電話ショップに駆け込んで、

「いいい、いますぐ俺のスマホをiPhoneに変更してくれええええ!!! パズドラがしたいんじゃあああ!!!」

と店員さんににじり寄ったんだよな。……ここ、すさまじく誇張して書いているように見えるかもしれないけど、冗談抜きでありのままを綴っている。それくらい、当時の俺が受けた驚きは凄まじいものがあったのだ。

以来、山本プロデューサーを始めとするパズドラ制作陣と仲良くなり、パズドラを通じていろいろな人(パズドラ好きのクリエイターさんとか、マックスむらいさんたちとか)と出会うことができたこともあって、俺はますますこのゲームにのめり込んでいった。残念ながら腕とランクは情熱に比例して伸びていくことはなかったが(苦笑)、それでも毎日楽しく、自分のペースで向き合えたことが、“1000日遊び続ける”という異例とも言えるプレイ時間につながったのだと思う。

……てなことを1枚のスクショとともに、中目黒目黒ガンホーのY大課長とのSMSの窓に投下した。

「感慨深い……」

と言って。すると1分ほどの後、Y大課長が、あまりにも意外な事実を伝えてきたではないか!!! なんと……!!!!

「おお! なんと私も今日です!」

え!!!!!!? と思って送られてきたスクショを見ると……!

393-2

なかよし~~~ん……w

なんとなんと!! 示し合わせたわけでもないのに、Y大課長と1000日到達がまったく同じタイミングとか!!!w これ、奇跡以外のナニモノでもないわw

となると、問題は残るひとりの中目黒目黒だろう。もしも、このSMSの窓を使っている3人全員が同じ日に1000日を記録したとなれば、パズドラ史に残る奇跡中の奇跡。「すんごいミラクルなので、我々にも公認マークくだちゃい!!」と山本さんにお願いしても許されるんじゃないかと勘違いするレベルの快挙だと思うのだ。

さっそく、俺はSMSに以下のひと言を投下した。

「↓目黒、900日のコメント」

数分後、目黒が貼り付けたスクショがこれw

393-3

足並み揃わず~~~~……w

「(´;ω;`)」と目黒。

「そんなもんサ……」と大課長。

「かすりもしなくてワロタ」と俺。

3人いっしょにお祝いを……とはならなかったが、なかなかにしておもしろいアニバーサリーな1日でしたw

おしまい。

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズなど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

[関連記事]
【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ

【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧