1. サイトTOP>
  2. ゲームショウでキラリと光っていた英国流ダークユーモアアドベンチャーが近々配信決定

ゲームショウでキラリと光っていた英国流ダークユーモアアドベンチャーが近々配信決定

2015-01-07 13:31 投稿

配信は2月下旬!

東京ゲームショウ2014のインディーズコーナーで出展されていたアドベンチャーゲーム『バートラム・フィドルの冒険』の配信が決定! 尖った海外ゲームの国内配信を精力的に行っているコーラス・ワールドワイドが、配信元のイギリスのアニメーションスタジオ、Rumpus Animation(ランパス・アニメーション)と提携し、同社初のゲームとなる『バートラム・フィドルの冒険:エピソード1』のiOS版を、国内およびアジア地域に2015年2月下旬に500円[税込]で配信する予定だ。

 logo

本作は、ヴィクトリア朝時代のロンドンを舞台に、冒険家の“バートラム・フィドル”とその従者の“ギャヴィン”“ジェフ・ザ・マーダラー”と呼ばれる連続殺人犯を追うミステリーアドベンチャーゲームの第1弾だ。

At Arthwipes

英国流ダークユーモアと、産業革命時代を連想させる暗い雰囲気を持った独特な世界観、アニメーションスタジオならではと言えるユニークなキャラクターが特徴。ゲーム中の会話はフルボイス(英語音声・各国語字幕)で提供され、従来のモバイル用アドベンチャーゲームでは体験できないゴージャスなプレイ感と、英国のコメディファンにはたまらない会話の応酬と仕込みの数々がプレイヤーを待ち受ける!

Meeting a quite famous detective

ディレクター兼イラストレーターのセブ・バーネットのコメント

ランパス・アニメーションは英国ブリストルに拠点を置く、CGアニメーションスタジオで本作『バートラム・フィドル』で初めてゲーム制作を手がけた。ディレクター兼イラストレーターのセブ・バーネットは、今回の発表にあたり以下のコメントをしてくれた。

私たちがコーラスの代表、金親晋太郎に出会ったのはヘルシンキのゲームイベントでした。あっという間に仲良くなりました。彼はとてもオープン・フレンド リーな人で、彼の助力もあって、私たちはバートラム・フィドルの米国および英国のローンチにおいて、AppStoreのフロントページフィーチャーをもらい、欧米のゲームファンから好評を得ることができるきっかけをつくることができました。2014年秋のの東京ゲームショウのインディーゲームコーナーで は、コーラスとはたまたま隣同士のスタンドに並びました。そこで私たちがわかったのは、コーラスのような真のインディーゲームサポーターであるパートナー と結ぶことが私たちのような小さなスタジオにとって重要かということです。ユニークなタイトルラインナップを擁するコーラスと一緒に私たちの“バートラ ム・フィドル”を日本のゲームファンに提供できることは何よりの喜びです。『バートラム・フィドルの冒険』はエピソード形式で構成されています。本作(エ ピーソード1)リリース後、順次新エピソードを提供していく予定です。
制作チーム

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧