1. サイトTOP>
  2. 『どこでもダンジョン』ゲームを始めたらまず何をする?

『どこでもダンジョン』ゲームを始めたらまず何をする?

2014-09-16 19:00 投稿

育成計画、始まってた!

育成の基本と題して4つの工程と、各属性別に序盤で入手できる精霊についてガイド。

“カワイイいだけじゃ戦えない!”

といった具合に、これまでは精霊の正しい愛でかたについて語ってきた。

[関連記事]

『どこでもダンジョン』 最新情報まとめ

※画面は開発中のものです。
※各精霊の名称は、サービス開始時に変更になる可能性がございます。

いやぁ、可愛いって正義かどうかは趣味の問題だけど、良いものであることは間違いないな、と。

はい、みなさん。リリース直前『どこダン』企画これで4回目。ついに最終回でございます。

今回は過去のおさらいも含めて、ゲームスタート直後に意識しておきたいポイントをまとめてみましたよ。さらに番外編として、他プレイヤーの精霊パーティーと戦う“アリーナ”についても解説しているので、そちらもお忘れなく。

正式リリース日の解禁を待ちつつ、まずはこちらで脳内育成を楽しんでほしい!

ちなみにみなさん、事前登録はちゃんと済ませた?

まだのひとは記事を読み進めるまえにこっちだこっち!!↓

『どこダン』の
事前登録はこちらから

[その1]とにかくダンジョンを進めるべし!

「ゲームをはじめたら、まず何をすればいいのか?」という疑問に対してストレートにお答えすると

最初はダンジョンをひたすら進めるべし!

これに尽きる。

序盤は敵もそれほど強くないため、さくさくクリアーすることができる。エリアのクリアー報酬として、精霊の召喚(=ガチャ)に使用する”魔石”を手に入れることもでき、これを使用して強力な精霊を集めるのが最初のミッションだ!

また、主人公が装備できる武器や防具は”アイテム”項目で購入できるけど、これはなにかとお金がかかってしまう。

これらの装備はダンジョンの報酬としても手に入れることができ、しかも購入するより性能のいい武具が入手できる可能性が高いのだ。

[その2]コツを掴んで効率よく精霊を収集&育成

第3回目でも触れた精霊の育成術。何も知識がない状態で育成をすると、精霊やコインの無駄遣いに繋がるほか、ダンジョン攻略もスムーズにいかくなってしまう。

育成の基礎知識とコツをしっかり頭に入れておくことで、無駄なくゲームを進行できるのだ。

①卵を集めろ!

ダンジョン攻略の報酬で入手できる”卵”と呼ばれるアイテム。この卵を集めると、新たな精霊やたくさんの経験値を備えた育成素材の”スピリッツ”(”成長の花”などの精霊)と交換することができる。

②スピリッツを使って強化

上でも軽く触れたとおり、スピリッツはたくさんの経験値を備えた優れもの。これらには精霊同様に属性が設定されていて、同属性で強化を行うとことで、より多くの経験値を得ることができるぞ。

③進化は積極的に!

計3回の強化を終えた精霊は”進化”を経て、さらに強いステータスを持つ相棒に成長する。対象の精霊と同じレア度&属性の専用素材をゲットしたら、迷わず進化させていこう!

【番外編】アリーナで魔石を荒稼ぎ

メガネっ子のヘナちゃんがお出迎えしてくれる”アリーナ”。

ここで開催される武闘会のおもな目的は、勝ち点を稼いで上位ランキングを目指すことにある。

画面の中央に相手のデッキが表示されているのが特徴で、それ以外は基本的に通常のダンジョンとまったく同じ。

改まって仕組みを説明るす必要もなかった!!

自動マッチングなので、どんな相手が出てくるかドキドキするけど、基本的には自分に近い相手が選ばれているように感じる。

ちなみに、一定の期間で集計が行われ、ランキング上位に入るとガチャで使える”魔石”が大量にゲットできるのが魅力だ。

 

みなさん、良きダンジョンライフを!

全4回でお届けした『どこダン』企画もこれで終幕。

約1ヶ月間、特別にリリース前の今作をプレイさせてもらいました。
最初は精霊の育成工程に少し複雑に感じる面もあったけど、

合成=レベル
強化=スキル
進化=ステータス

こんな感じでそれぞれ育つ部分が違うんだと解釈。
ゲーム進行自体はとっても分かりやすいので、気づけば仕事を忘れて遊んでいることも多かった。

で、肝心な正式リリース日はいつなの!?

おあずけ状態のわんこのようにソワソワしながら、みなさんと一緒にその日を待つことにします!

P.N.深津庵

『どこダン』の
事前登録はこちらから

どこでもダンジョン

メーカー
ゲームオン
配信日
近日配信予定
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS:iPhone、iPod touchおよびiPad互換iPhone5用に最適化済みiOS6.0以降が必要 Android2.3(Gingerbread)以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧