1. サイトTOP>
  2. 人気アクションRPG『クリティカ』の新キャラがセクシーすぎて悶絶!

人気アクションRPG『クリティカ』の新キャラがセクシーすぎて悶絶!

2014-08-14 17:30 投稿

エロカッコいいワルキューレに悶絶!

ゲームヴィルジャパンが配信する、300万ダウンロードを突破したド迫力アクションRPG『クリティカ 〜混沌の幕開け〜』。2014年8月7日に大型アップデートが実施され、以下の新要素などが搭載された。

・新キャラクター“ワルキューレ”
・3対3の対戦モード“デュエルバトル”
・最大レベルの50を超えてさらに強くなる“マスタースキル”
・サブキャラクターの能力がプラスされる“キャラクターサポート”システム

その詳細は先日の記事を参照してもらうとして、今回はアップデートでパワーアップした本作のプレイリポートをお届けする。

[関連記事]
※『クリティカ』が大型アプデ! セクシーでドSなワルキューレが参戦
※【新作】一騎当千! ド迫力アクションRPG『クリティカ』配信開始
※【事前登録】ド迫力アクションRPG『クリティカ』の爽快感がヤバイ!

本作は、元はPCで大人気の爽快アクションゲーム。スマホでは画面上のバーチャルパッドで操作することになるので、慣れるまで若干移動はやりづらいが、武器ボタンを押しっぱなしにしているだけで連続攻撃がくり出せるなど、爽快感はPC版に引けをとらない。ハイクオリティーのビジュアルや音楽もウリとなっているため、データ更新のたびにダウンロードに時間がかかるのが難点だが、基本無料でプレイできるのだから致し方なしである。

さて、今回の大型アップデートの目玉は、何と言っても新キャラクター“ワルキューレ”。モンク(♀)もエロカワなキャラクターだったが、ワルキューレはオトナの色気が増し増しで、セクシーさでは追随を許さない。とくにステージクリアー時の決めゼリフがたまらない。そのエロカッコよさは、たとえるならモリ○ンかア○ヴィーか、ベ○ネッタというところか。

▲スキルには“女王の○○”など、アブないネーミングのものが多い。これでシバかれる敵たちに敬礼!

ワルキューレは、スキルを活用すれば離れた場所にいる敵にも攻撃可能だが、基本的には近距離戦向けのキャラクター。PC版で言うところの“鎌術士”に当たるだろうか。バトルでの強みは、その攻撃範囲の広さ。長い鎌を振り回すので、通常攻撃の当たる範囲が扇状に広がっていて、ザコ戦やモンスターウェーブではとくに使いやすい。

▲とくに見ものなのがEXスキル。セクシーカット満載だが、一瞬で終わってしまうのが残念。

反面、モンクなどと比べるとボス戦などで若干小回りが利かないところもあるのだが、ある程度の被弾は覚悟しつつ、その攻撃力を活かして“ガンガン”攻めていくほうがいい。防御が弱いと感じたら、装備を鍛えればいいだけの話。このゲームは、基本的にどれだけ効率的に攻撃できるかがカギを握っているので、細かいところなど気にする必要はないのだ!

▲ロックオンされると、攻撃時に自動的に敵をターゲッティングしてしまうのが逆に仇となってしまうので、ヘタにかわそうとしないで一目散に逃げてしまうのも手。

とくに、本作では装備の強化やスキル習得&強化などで金欠に陥りやすいため、お金を稼げるモンスターウェーブで強さを発揮するワルキューレは、文字通り稼ぎ頭になってくれるはずである。

また、アバターも胸と脚を強調したすばらしいモノに仕上がっている。衣装ごとに、髪型も変わっていて、なかなかオシャレさんなのだ。

▲彼女の衣装は、基本的に布地が少ない。ドMな人は“束縛の女王”や“近衛隊の政務服”がオススメだ。

ちなみに、ワルキューレはメインキャラクター(バーサーカーもしくはモンク)をレベル15まで上げると使用可能になる。さらに、メインキャラクターがレベル35になると“デュエルバトル”が解放される。条件はきびしいが、HPがゼロになったら終わりの3対3という、ほかのモードにはないスリリングな緊張感を味わえるうえ、アクセサリ素材やカラットなど、報酬もなかなかのもの。参加に必要な“決闘の証”は、毎日午前6時に5枚ずつ配布されるぞ。

▲メインキャラクター以外の操作はオートで行われる。メイン+サブで3人以上キャラクターを鍛えておく必要があるので、なかなかハードルは高いが報酬はオイシイ。

ほかにも、レベル40でサブキャラクターの能力の10%がメインキャラクターに加算されるようになる“キャラクターサポート”が、レベル50で“マスタースキル”が解放される。いずれもやり込みユーザーへのご褒美のようなシステムだが、能力にかなりデカい加算値が得られるようになっているので、初心者を脱したらつぎはそこを目指したいところ。

とは言え、多くのユーザーにとってそこはまだ先の話。

最初のうちは、

ステージモードをプレイ
→ハートがなくなったら、ステージで稼いだオーブを使ってモンスターウェーブに挑戦
→たんまり稼いだゴールドやカラットを使って装備やスキルを強化

という流れをくり返し、キャラクターを強化していくといい。どんどんやり込んでいくうちに、追加要素が楽しめるようになり、さらにハマっていくはずだ。

本作は、アクションだけでなく、成長のほうもサクサク進んでいくのが特徴。また、1ステージあたりにかかる時間は長くても3分程度なので、空き時間にこつこつプレイを進めていくことも可能だ。また、多彩なスキルや装備品の収集・強化や、露出度満点のアバター集め、さらには対戦モードなど、本編以外で楽しめる要素が多いのも魅力。今回のアップデートを機に、本作をプレイしてみてほしい。

[関連記事]
※『クリティカ』が大型アプデ! セクシーでドSなワルキューレが参戦
※【新作】一騎当千! ド迫力アクションRPG『クリティカ』配信開始
※【事前登録】ド迫力アクションRPG『クリティカ』の爽快感がヤバイ!

クリティカ ~混沌の幕開け~

メーカー
ゲームヴィルジャパン
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、iOS 5.1 以降、Android 2.3.1 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧