1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第355回『“パズドラ”に関する最後のブログ?』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第355回『“パズドラ”に関する最後のブログ?』

2014-07-28 17:32 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App

iPhone版はこちら →Android版はこちら

パズドラのエンジェリットが付いてる!『ファミ通App NO.015 Android』5月22日発売 ★Amazonでの購入はこちら!

“パズドラ”に関する最後のブログ?

突然ですが、これが『パズル&ドラゴンズ』について書く最後のブログになると思います。

思えば2年3ヵ月前--。

中目黒目黒がふいに放った、「大塚さん、『パズル&ドラゴンズ』ってアプリをやってみてください」というひと言に乗せられ、なんとなくの興味本位で自前のiPad2にアプリを落としたのがすべての始まりだった。当時、パズドラはiOSの端末でしか遊ぶことができなかったので、Androidユーザーだった俺はiPad2で強引に遊ぶしか手段がなかったのだ。

わけのわからぬままゲームを起動し、チュートリアルで指示された通りにギクシャクと指を動かしてみる。

「ふむふむ。ナルホド」

ゲーム雑誌記者の威厳を維持するためか、しかつめらしい顔でもってすべてを理解したかのような発言をしてみる。そのくせ、俺の頭の中は無数のクエスチョンマークで飽和状態だった。

(ドロップって、横に1マス動かすだけじゃないの……?)

(コンボってなんだ……??)

(なんでいま、同じ色が3つくっついたんだ……???)

パズルの部分だけでコレである。加えて、モンスターの成長、合成、進化なんて要素もあったものだから、俺はしばしのあいだどうしていいかわからず、恐慌状態に陥ってしまった。

(この“ナントカりん”ってのを育てたら負けな気がするが、どうなんだろう?)

(ドラゴンシードってのが、ゲームの鍵のようだけど……?)

(超激レア……ってことは、キングメタルドラゴンってのはとてつもなく強いんだろうな)

キングメタルドラゴンについては初めて手に入れたときに本当に驚いて、うれしさのあまりFacebookに「とてつもないものを入手しちゃったかも!!!」とスクショ付きで投稿したんだよなあ(苦笑)。でも、わからないなりにパズドラというゲームのポテンシャルをひしひしと感じ、初プレイのその日のうちに俺は目黒に宣言したんだよな。

「……明日、スマホをiPhoneに機種変してくるわw」

って。そして、その1週間後には当ブログ“大塚角満の熱血パズドラ部”を始めちゃったんだよねえ。

当初、「パズルゲームが基本になっていることを考えると、パズドラはプレイ日記に向いているとは思えない。ブログも、20本も書ければいいほうじゃないかね?」なんて目黒と話していたものだが、アレヨアレヨと言っているうちに軽く20回を越え、俺ら編集者のあいだで“単行本にできるかどうかの分水嶺”と言われている“連載50回”も突破してしまった。と同時に、パズドラのダウンロード数も100万に到達--。

「書くことなんて、きっとすぐになくなっちゃう」

そんな風に思っていた時代が、確かにあった。でもそれはほんの一瞬のことで、圧倒的に「アレも書きたい! コレも書きたい! でも時間がない!!!」とわめいていることのほうが多かったと思う。100万ダウンロードを突破したあたりからの情報ラッシュがとにかくすさまじくて、ゴーストライターとしてアシュラマンを雇いたくなったくらいだからな。そんな、目が回るほどの追加要素と、日ごとにジャンプアップしていくダウンロード数を間近に見ながら、俺と目黒は口々にこんなことを言い合ったものだ。

「もしかしたら俺たち、ゲームの歴史が変わる瞬間に立ち会っているのかも」

その予感が確信に変わるまで、さほど時間はかからなかった。

まもなく始まったAndroid版の正式サービスを皮切りにパズドラの人気は爆発し、社会現象と呼ばれるほどのムーブメントを巻き起こす。

ダウンロード数は「あ」と気づいたときには300万となっており、「え?」と呆けているうちに500万になった。それでも勢いはまったく衰えず、「zzzz」と居眠りをしているあいだに1000万の大台を突破し、「!!?」と驚いている隙に2000万。そして、もうすぐ3000万に……。そして、「20回で終わる」と思われていた俺の熱血パズドラ部も地道に読者の数を増やし、気がつけばこれが355回目の更新だ

俺はこれまで、いろいろなゲームのプレイ日記を書いてきたけど、まさかひとつのゲームをテーマに355回もの記事を綴ることになるとは夢にも思っていなかった。ただあったことだけを記すのならともかく、起承転結を意識して書く長文のブログを、これほど長期にわたって続けられるとはね……。

でも、そんなパズドラに関する記事も、これをもって終了となってしまう。

一抹の寂しさは、確かにある。でも、永遠に続けられるとも思っていなかったので、これはこれで仕方のないことなのだ。

ありがとう、『パズル&ドラゴンズ』。出会えて、本当によかった。そして2年前の4月に、「このゲームのプレイ日記、書いてみよっかなwww」と思った自分。いまからタイムマシンに乗って、頭を撫でにいきたいくらいだよ。

嗚呼……。

もうすぐ日付が変わる。

今日(7月28日)を終え、明日の朝日を拝んだころには、まったく新しいゲーム体験が始まっているに違いない--!

そう……!!

今日をもって、『パズル&ドラゴンズ』の“第一部”は終了する……。

そしてすぐに、“第二部”とも言うべき『パズドラW』のサービスがスタートするのだッ!!

我が熱血パズドラ部もパズドラWの要素を取り込み、さまざまな新要素に関する記事を書いていく予定です! 果たしてどんな遊びや冒険が待っているのか!?

パズドラって、こんなに楽しい!!」

↑これをひとりでも多くの人に伝えるために、今後も一生懸命書いていこうと思います。

これからも熱血パズドラ部を、よろしくお願いします~!!

※誤解を招く書き方をしちゃってゴメンナサイ。文末に“我が熱血パズドラ部もパズドラWの要素を取り込み、さまざまな新要素に関する記事を書いていく予定です!”とある通り、今後もブログは書いていきますので! ……と、あえて追記しておきます^^;

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズなど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

大塚角満の熱血パズドラ部(改訂版)

好評発売中!

※文庫サイズになって復活です

※Amazonでの予約はこちら

[関連記事]

【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧