1. サイトTOP>
  2. これでクレカがなくてもアプリを買える!MasterCard付きプリペイドが登場 

これでクレカがなくてもアプリを買える!MasterCard付きプリペイドが登場 

2014-05-13 13:14 投稿

アプリの購入から飲食店の支払いを1枚で

ウェブマネー、クレディセゾン、MasterCardは、共同でWebMoney加盟店とMasterCard加盟店で利用できるプリペイドカード“MasterCardプリペイド付きWebMoney Card”(以下、WebMoney Card)の提供を2014年5月14日より開始すると発表した。

WebMoney Cardとは、WebMoneyをMasterCardとして利用できるプリペイドカードのこと。チャージした金額内であれば、クレジットカードのように利用できる。そのうえ、WebMoney Cardはクレジットカードと違い、審査が不要なことも利点だ。

本人名義の“WebMoney Card”(本人確認必須)と固定表記“WebMoney Card Lite”の2種類があり、ともに有効期限は発行から5年。5月14日に配信されるスマートフォンアプリ『WebMoney カードケース』から申し込みができる。金額のチャージは、auショップで現金によるチャージ、クレジットカードによるチャージ、WebMoneyプリペイド番号によるチャージの3種類があり、上限額は10万円。

これまで、クレジット決済を使用しないユーザーは、各ストアで利用できるiTunes cardやGoogle Playギフトカードで、ストア内のコンテンツを購入するのみだったが、WebMoney Cardを使えば、従来のWebMoney加盟店に加え、App Store、Google Play、飲食店、コンビニなど、ネット、リアルの両領域を含めて、世界210カ国以上に約3810万あるMasterCard加盟店でプリペイドサービスを利用できる。

以下、リリースより抜粋

▽おもな特徴
WebMoney加盟店でもMasterCard加盟店でも利用できる。
インターネットでも実店舗でも利用できる。
事前にチャージ(購入)した分だけしか利用できないプリペイド形式のため、使いすぎる心配がない。
クレジットカードのような審査が不要なためどなたでも持つことができる。
スマートフォンアプリ「WebMoney カードケース」と合わせて使うと残高管理や再発行手続きができさらに便利。

項目WebMoney CardWebMoney Card Lite
カード名義ご本人様固定表記(WEBMONEY USER)
有効期限カード発行より5年
お申込み方法スマートフォンアプリ「WebMoney カードケース」よりお申込みください
チャージ方法auショップで現金によるチャージ、クレジットカードによるチャージ、WebMoneyプリペイド番号によるチャージ
チャージ上限額10 万円まで
WebMoney 利用の上限額残高の範囲内
MasterCard利用の上限額残高の範囲内3万円/日、5万円/月
利用条件お申込みの際に ご本人確認が必要ですご利用の際にスマートフォンアプリ「WebMoney カードケース」へカード登録が必要です

詳細は公式ページにて

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧