1. サイトTOP>
  2. 【新作】挑戦者求む!高難度の落ちゲー『チュビチュビ』を遊んでみた

【新作】挑戦者求む!高難度の落ちゲー『チュビチュビ』を遊んでみた

2014-03-04 14:07 投稿

話題の高難度落ちゲー『チュビチュビ』が熱い

落ちゲーとは落ちもの系パズルゲームのこと。画面上部からブロックが落ちてきて、上まで積み上がってしまうとゲームオーバーになる。そうならないために、プレイヤーはルールに従ってブロックを並べていく。

ルールはゲームによってさまざま。例えば、『テトリス』ならば横一列、『ぷよぷよ』ならば同じ色を4つ並べることで、ブロックを消すことができる。しかし、落ちゲーはただブロックを消していくゲームではない。同時消しや連鎖など、攻めの要素が存在するのだ。シンプルながら奥深いところが落ちゲーの魅力と言えよう。

[関連記事]
【新作】落ちもの×数字×氷=爽快パズルゲーム『チュビチュビ』
【事前登録】数字と氷が生み出す爽快パズル『チュビチュビ』氷だけに歯応え満点?

では、『チュビチュビ』はどうか。本作はそんじょそこらの落ちゲーとは一線を画した、非常に歯応えのあるものとなっている。まず、基本ルールからしてちょっと難しい。シンプルなルールが好まれる落ちゲー業界への挑戦状かと見紛うばかりの難度だ。

最初は延命に必死でスコアどころではないかもしれないが、その分一気にブロックを消したときの爽快感は大きい。噛めば噛むほど味が出る、スルメのようなゲームなのである。

肝心のシステムだが、場のサイズは7×7と落ちゲーにしては少々手狭。ブロックは任意の列にひとつずつ落とせる。ブロック消去のルールは以下の通り。

ルール1:1~7の“数字ブロック”は数字と同数のブロックが縦か横に連なると“☆パン”(消える)
ルール2:同じ“数字ブロック”が縦か横に4つ連なると周囲のブロックごと“☆パン”
ルール3:“アイスブロック”は隣で“数字ブロック”が“☆パン”するとヒビが入り、もう一度“☆パン”すると“数字ブロック”に変化

“アイスブロック”は一定時間ごとに底から湧き出る。どれだけスピーディーに処理できるかが勝負どころだ。“アイスブロック”の出現で連なるブロック数が変化し、“☆パン”が発生することもある。

▲ひとつの操作でつぎつぎと“ブロック”を消していくと“コンボ”が発生する。

上の例では7つの“数字ブロック”が並んだので、両サイドの7が“☆パン”。その直後、“数字ブロック”が5つ並びに変わったことで、5も“☆パン”した。ショボいコンボしか用意できず申し訳ない限りである。

競り上がって来る“アイスブロック”のせいで状況が刻々と変わるため、コンボ難易度が高いが、リターンは大きい。累計コンボ数や連続コンボ数によって強力な効果を持ったアイテムが使用できる。

▲これは5連コンボで使用できるアイテム。落とした列の全ブロックを“☆パン”させる。

慣れないうちはコンボを狙うよりも、つぎの点を意識して積んでみるといいだろう。

コツ1:1~3など、小さい“数字ブロック”は即座に“☆パン”する
コツ2:6や7など、大きい“数字ブロック”は集めるのが簡単。積極的に4つ積みを狙う

▲同じ数字を4つ並べるだけで、簡単に多くのブロックを“☆パン”できる。

4つ積みでどんどん“☆パン”してみよう。“アイスブロック”が砕けるときの音が耳に心地よく、病み付きになること間違いなしだ。

▲特定の条件を満たすと突入する得点2倍の“フィーバータイム”。溜め込んだブロックを一気に“☆パン”すれば気分は爽快。

練習にうってつけの“ランキングモード”

メインとなる“ミッションモード”には、ステージごとにクリアー条件が設けられている。条件とは一定スコアの獲得や、全“アイスブロック”の“☆パン”などだ。どれも2分程度で終わるため、通勤通学などの隙間時間に遊ぶのに向いている。

▲“ミッションモード”にはちょっとしたストーリー要素もある。コミカルなキャラクターが盛り上げてくれるぞ。

なかにはルールに慣れるまではじっくり遊んでみたいという人もいるだろう。そんな人には“ランキングモード”内の“チャレンジモード”がおすすめだ。これはいわゆるスコアアタックなので、ゲームオーバーになるまで遊ぶことができる。

また、時間経過ではなく6ターンに1度“アイスブロック”が現れるようになっているため、つぎの行動をじっくりと考えることができる。自分なりのプレイスタイルを見つけ出すのにうってつけのモードなのだ。かくいう筆者も“ミッションモード”で行き詰まり、ここで修行したクチである……。

▲“ランキングモード”に10回挑戦すると、ゲーム内通貨などが手に入るルーレットが回せるぞ。

慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれないが、基本的には無料で遊べるので、我こそはと思う落ちゲープレイヤー諸君には是非、挑戦してほしい。また、Facebookのアカウントを持っていれば、フレンド機能でライバルとスコアを競うなど、遊びの幅がぐんと広がるようだ。新時代の落ちゲーがどれだけ受け入れられるのか、日本人のパズル力がいま、試されようとしている。

▲フレンド機能を活用すれば、ひとりで遊ぶよりもサクサク進むぞ。

[関連記事]
【新作】落ちもの×数字×氷=爽快パズルゲーム『チュビチュビ』
【事前登録】数字と氷が生み出す爽快パズル『チュビチュビ』氷だけに歯応え満点?

チュビチュビ

ジャンル
パズル
メーカー
OnNet
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Android2.3 以降の搭載端末

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧