1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第276回『総決算!! 2013年、最後のレアガチャ!!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第276回『総決算!! 2013年、最後のレアガチャ!!』

2014-01-07 16:00 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App

iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

ファミ通App NO.012 iPhone発売中!

人気ゲームのアイテムがついてくる!
★Amazonでの購入はこちら!

総決算!! 2013年、最後のレアガチャ!!

明けましておめでとうございます!! 2014年も、熱血パズドラ部をよろしくお願いいたします!!

この年末年始、カレンダーの並びがよかったので、9連休の正月休みを満喫していた人も多いかと思う。かくいうワタクシめもそうだったわけだが、長い休み中に何をやっていたのか振り返ってみたところ、

・パズドラでレアガチャを回していた
・『パズドラZ』を始めた
・風邪を引いて咳と痰に苦しめられていた(現在進行形)

どうも、これしかやっていなかったっぽい。正直、正月休みを取った気がしないので、振り出しに戻るを出して元日からやり直したいくらいである。

まあでも、パズドラだけはやっていたので無事にこのコラムも書くことができるわけだが、前述の通り俺が年末年始に注力していたのは“レアガチャ”である。これはまえまえから、

「2013年を総括する意味で大晦日に1回、そして2014年を占う意味で元日に1回はレアガチャを回そう!」

と計画していたもので、それに則って計画的に魔法石も貯め込んでいたのである。しかも、そんな俺の想いをくみ取ってくれたのか、当初は1月1日正午から開催予定だったゴッドフェスが、なんと大晦日の正午からに時間変更。72時間という長時間にわたって開催されることになり、俺をさらに狂喜させてくれた。この粋な計らいに、応えぬ手はない。ゴッドフェスの開催直前、俺はこんな誓いを立てた。

「現在、魔法石は12個。……よぉ~し、ゴッドフェス開催までに未クリアーダンジョンを3つ制して、魔法石を15個にしてやる! レアガチャを3回回すんだ!!」

大晦日の朝っぱらから、アラフォー親父が何を言ってんだって感じですがね……。

しかし、以前だったらこうも簡単に、「未クリアーダンジョンをクリアーする」なんて言えなかったが、いまだったら無課金プレイヤーの駆け込み寺・チャレンジモードがある。しかも俺は、早急に魔法石が必要になる日が来ることを予測して、極力チャレンジモードには触れないようにしてきたのだ。

「ふふふ……。これぞまさに先見の明。今日から俺のことは、さいたまの諸葛孔明と呼んでくれ」

自宅の居間でブツブツとそんなことを言っていると、身内のHが怪訝な表情で突っ込んできた。「は? なに言ってんの??」

とりあえずHは無視して、チャレンジモードに潜ることにする。見ると、光のダンジョンまではクリアー済みで、つぎの闇のダンジョンから潰していけばいいことがわかった。魔法石を3つ手に入れるには、闇のダンジョン、試練の塔、ウルカヌ火山という懐かしのダンジョンを制することが必須である。とはいえ、すべて巡っても消費スタミナは47でしかない。いかな俺でも、安い仕事である。

「さあやろうすぐやろう!!」

ということで、テキトーに覚醒アテナ6姉妹パーティーを作ってひとつひとつ潰していく。結果、まったく危なげなく、

 

魔法石を3つゲットすることに成功!!! これで予定通り、レアガチャを3回回すことができるぜ!!!

「よおおおおおおし!!! ではさっそく、2013年の総決算ガチャ1回目、回しちゃいますか!!!」

念のため、ゴッドフェスが開催中であることをキチンと確認してから(フライングゴッドフェス怖い)ガチャルームに入る。そして、

「終わりよければすべてヨシ!!!!」

と叫びながら、レアガチャのレバーを下に下ろした。すると……!!

「ききき、金タマゴでたぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!

そう!! なんと金が出たのだ!!! 俺のレアガチャにも、キチンと金タマゴが入っていたよ!!!!><(号泣) ヨロコビのあまり、俺はTwitterでこんな報告をした。

「レアガチャ、金タマゴが出た!! ということだけはお伝えしておきます!!w」

すると、これを目ざとく見つけた山本プロデューサーから、

「!!??」

という驚きのリプライが入ったが、俺だってたまには金タマゴ出しますわい!!!(怒)

さて、ここまではTwitterで報告してしまったのでご存じの方も多いかと思う。問題の中身はナゾとされてきたが、俺はその真相を知っている(あたりめーだ)。

では発表しよう。この金タマゴから飛び出してきたのは、以下の御仁であった!

 

しろ~~~~~ん…………

「はいはいライダ…………って、ア、アレ!!? し、白メタ!!!?

Hが驚きの声を上げた。「ええええ!? 白メタ出たの!!? いいなあ!!! それ、私が狙ってるのに!!!」

そう、出てきたのは“白メタ”こと“代行者・メタトロン”であった。ゴッドフェス限定の超激レアモンスターで、“HP80%以上で、回復タイプの攻撃力が3.5倍になる”というリーダースキルの持ち主である。プレイ開始当初から回復パーティーに心血を注いでいるHにしたら、喉から手が出るほど欲しい“逸材”であろう。しかし……俺は……。

なんとも言えぬ心模様のまま、俺は小さくつぶやいた。

「俺、回復系のモンスターってゼロに等しいほど育ててないんですが……。エキドナを除いたら、まともに育ってるの大樹の精霊アルラウネくらいだし(それでもレベル54w)。これはいったい、どう喜んだらいいんだ……」

とはいえ、このタイミングで金タマゴが出たのは紛れもない事実。2013年の最後を飾るにふさわしいスタート(何かヘンだな)ではないか。気を取り直して、俺は言った。

「まあいいや。つぎのレアガチャは、2013年終了間際に回そう。これこそ、パズドラ漬けだった2013年の総決算である!!」

本当の勝負は、これからだ!!

そしてアッと言う間に11時間ほどが経過し、まもなく年が明ける……というタイミングでのこと。俺は再びレアガチャルームに立ち、この年最後の宣言をした。

「さあいよいよ大トリ!! 2013年最後のレアガチャである!!! この1年の成果がここに!!! いざ尋常に!!!」

レアガチャに、そっと指を乗せる。その瞬間、2013年のパズドラ風景が走馬灯のように頭の中を駆け巡った。

パズドラ1周年記念イベント、ネコ引き、パズドラ部200回記念、パズドラ感謝祭、そして2000万ダウンロード記念生放送……。

嗚呼……。楽しかったな、本当に……。2014年も、さらに楽しく、さらに充実した風景が広がるといいなぁ……。

そんな想いを指に乗せて、俺は「うりゃ!!」の掛け声とともにレアガチャのレバーを下げた。すると……!!

我が家の居間が、騒然となった。

「ききき、金タマゴきたぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!」と俺。

「ええ!!!? またあ!!? どうなってんの!!? 大塚角満とは思えない!!!!」とH。身内に対して、なんて失礼な発言であろうか。

でも、問題はここからなのだ。いったい中から、何が出てくる!? ライダーか? それとも、密かに狙っているソニアか?? 本命のペルセウスか!!?

結果、中から出てきたのは……!

あくま~~~~~ん…………

「バアル……かw よかったねw ゴッドフェスの対象でしょww」とH。

「あ、悪魔とか……。どう総括すりゃいいんだコレ…………」と俺。まとめようがなく、「うーんコレは……」とか「どう解釈を……」なんてオロオロしているうちに、気付いたら年が明けておりました(苦笑)。

でも!!!

過ぎた年のことなんてどうでもいいのだ。問題は、2014年を占う新年1発目のレアガチャなのである!!!

さて俺は、何を出したのでしょうか……?

このお話、続きます。

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中※ゲームを“読む!”はこちら※大塚角満のブログ (Ameba)

ファミ通App NO.012 iPhone発売中!
『チェンクロ』や『ブレフロ』などのアイテムが盛りだくさん!
★Amazonでの購入はこちら!

[関連記事]
【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ
大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧