1. サイトTOP>
  2. 【プレイ指南】史実を巡る新感覚なお手軽バトル!『戦国の覇業〜夢のモノノフ軍団を作ろう〜』

【プレイ指南】史実を巡る新感覚なお手軽バトル!『戦国の覇業〜夢のモノノフ軍団を作ろう〜』

2013-12-17 18:00 投稿

本格派だけど気楽に遊べる戦国時代

戦国ゲームと聞いて思い浮かべるのは、無数のカードを集めてデッキを作るタイプや、歴史好き推奨の本格シミュレーションタイプだろうか。そんなゲームが溢れるなか、Unalis Corporationが世に放つ今作は……。

・戦国物に興味があるけど詳しくない
・シミュレーションが苦手
・カードゲームはもうお腹いっぱい

こんな人でも楽しめる、間口の広いうれしい設計。
そんな『戦国の覇業〜夢のモノノフ軍団を作ろう〜』は、もちろん基本無料(ゲーム内課金あり)。iOS(5.1.1以降)とAndroid(4.2以降)に対応した、新たな戦国の世を切り開く意欲作なのだ!

▲なじみやすくデフォルメされながらも、各武将の特徴をしっかり捉えたキャラクターデザイン。
▲我が城を中心に施設を建設・強化しながら、兵の育成と戦略を練っていく。

戦術その1:すべての資源は銅貨にあり!

最初のチュートリアルに沿って進めていくと民家を建設することになる。この民家から徴収する”銅貨”を使って各施設、部隊を強化したり、新たな武将を手に入れることが可能。天下を取るためにもっとも欠かせない資産なのだ。

当然、民家のレベルを上げれば、それだけ多くの銅貨を徴収できるようになる。
つまり、この世はお金(銅貨)、民家の支えがあって成り立っているといっても過言ではない。

民家を含めた上下に広がる各施設は、本丸のレベルと同じだけ強化可能。まずは民家の強化を優先して拠点を支える銅貨獲得を目指そう。

1)武将、武具などの購入
2)戦役マップ
3)所持している武将
4)陣形の設定
5)獲得した道具を収納
6)達成した功績チェック
7)フレンド一覧
8)ランキングや競技場など
9)手持ちの銅貨、兵士の数など
10)ニュース告知など

▲左端に設置されるのが民家で徴収できる銅貨。各種施設の強化や新たな武将はもちろん、新たな陣形の購入にも必要になる。

戦術その2:兵舎を強化して待機兵士の数を増やそう

合戦はつねに生死の駆け引きをくり返すため、多くの兵士を失いながら勝利を手にすることになる。基本的な仕組みは民家と同じで、兵舎のレベルを上げれば1度に得られる兵士の数が増加。

武将たちのレベルを上げても兵士がいなければ戦に勝てないので、資産が貯まってきたら兵舎もしっかり強化しよう。

▲民家の上に兵舎があり、増やした兵士の数は画面の上部に表記される。また、失った兵士の数は勝敗を示す戦の最後の画面で確認できるぞ。

戦術その3:武将を育てて部隊戦力を強化

戦を指揮する武将を部隊に編成、その武将のレベルに応じて連れて行く兵士の数が決定。当然、武将のレベルが高ければ、それだけ多くの兵士を連れて行くことができる。

ここでも活躍するのが民家で徴収する銅貨だ。商店に行くと武将1枚を2000銅貨で購入できるぞ。民家のレベルを上げていけば序盤で銅貨に困ることはないので迷わず武将を引き、いらないものを強化素材として活用しよう。

なお、武将の兵種には足軽隊や騎馬隊、弓隊、鉄砲隊、忍者など40種類以上。織田信長や武田信玄のような名将や、服部半蔵など誰もが知る人物を集めて、夢の武士(モノノフ)部隊を目指すのだ。

▲レベルが上がることで新たな技能(スキル)を習得する。技能を持った武将はこのように暗転して表記され、特定のレベルに達すると解放されるので、より優れたものを優先して育てるといい。

ちなみに、戦で入手できる戦利品にはさまざまな武具や道具がある。武将の兵種と対応する道具を与えると昇格し、新たな兵種へと生まれ変わるのも本作の魅力だ。

▲育てるルートによってその後の兵種が変化。タップすればどんな技能を修得できるか確認できるので、先々を考えて計画性を持って育てていこう。
▲本丸のレベルを上げると兵士の最大保有数を増やすことができる。

戦術その4:史実を巡る爽快バトルに挑む

武将を部隊に編成して兵士の準備が整ったら、川中島の戦いや桶狭間の戦いなど歴史上の戦役にいざ出陣だ。難しい設定は一切なく、面倒な操作や状況判断などをする必要すらないオートバトルの結果を見守るだけでいい。

▲各戦役はこのようなフィールドマップで形成されている。表記されている敵兵をタッチすると戦闘画面に切り替わり、勝利するとつぎの敵兵アイコンが出現。それを順に追いながら敵武将をマップ上に引きずり出すのだ。

1)自部隊のステータス
2)敵部隊のステータス
3)自軍の兵士
4)敵軍の兵士
5)両軍の攻撃テーブル

▲戦に勝利するとルーレットが始まる。銅貨に紛れて兵種を強化するアイテムなども混ざっているので目押しで狙っていこう。

なお、戦の勝敗を大きく分ける重要なポイントは、武将の強化と十分な兵士の準備、そして陣形の3つだ。この陣形は、レベルが5になることで入手できる”研究所”で強化&新たな陣を獲得できる。それらを使い分けることで強敵とも戦いやすくなるのだ。おもな技術研究は以下のとおり。

・治癒術:戦闘後に兵士の損失を回復
・訓練法:効率のいい訓練で兵士たちの攻撃力UP
・竹柵 :部隊の防御力をUP
・築城技術:建築物レベルアップ後の待機時間を短縮
・屋敷増築:武家屋敷を増築、収容人数をUP
・長蛇の陣:部隊攻撃力UP、部隊を横一列に並べる基本陣形
・方円の陣:部隊防御力UP、大将を中心に円を描くように兵で囲む陣形
・魚鱗の陣:部隊速度UP、中心が前方に張り出し両翼が後退した陣形
・鶴翼の陣:戦闘後の損失マイナス、両翼が前方に張り出したV字の陣形

最初は治癒術しか使用できないが、研究所のレベルを10にすれば訓練法や竹柵、陣形はレベル2にすれば長蛇の陣以降のものを習得できる。まずは、デフォルトで習得している長蛇の陣をレベル2にして攻撃力を強化。その後、研究所レベル10を目指し、訓練法で攻撃力、竹柵で防御力を選んで攻守のスキルを高めるといい。

▲対する武将や手持ちの武将に応じて陣形を変更。万が一、戦に負けてしまったときは、武将の強化はもちろん、陣形も見直してみよう。

戦術その5:オンラインバトルも熱い!

競技場には”合戦”と”試合”、ふたつの対戦モードがある。合戦はランダムマッチでランキングを毎週実施。ランクインすれば豪華な賞品もゲットできる。また、試合では戦友を相手に腕試しを行うことも可能。戦友が多ければ、バトルにも参加してくれることがあるので、積極的に増やしていくことが得策だ。

▲ランダムマッチの合戦は、同レベル帯のプレイヤーと戦える。
▲戦友がいれば戦の勝率も大幅にUP。仲間の数だけ強くなれるというわけだ。

歴代の名将がキミを待っている

今回紹介した『戦国の覇業〜夢のモノノフ軍団を作ろう〜』には、武将に応じてレアリティが異なり、名高い名将ともなればその戦力は他を圧倒する。入手するに相当な運が必要になるが、戦乱を征する最強の部隊を目指して史実の戦に挑んでほしい。

▲左から、真田幸村と、織田信長。
▲左から、豊臣秀吉と、伊達政宗。
▲左から、市と明智光秀。
▲左から、前田慶次と武田信玄。

“if”の世界もある! 新イベント続々追加

本作では、史実に沿った戦はもちろん、外伝的ストーリーも随時追加されていくことがすでに決定されている。とくにイベントで追加される戦役では、そのイベントでしか入手できない珍しい武将も多数登場するようだ。

まずはじっくり本作を遊び、このお手軽な戦国シミュレーションバトルを体感してもらいたい。

P.N.深津庵

戦国の覇業 ~夢のモノノフ軍団を作ろう~

メーカー
Unalis Corporation
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.1.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。Android 4.2以降

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧