1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第224回『“神秘の絵画龍”、降り立つ!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第224回『“神秘の絵画龍”、降り立つ!』

2013-09-03 13:27 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App
iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

“神秘の絵画龍”、降り立つ!

“神秘の絵画龍”

この名称を見て、あなたはどんなオーパーツを想像しただろうか? 思うに、ほぼすべての人が、南米の大地に描かれた無数の巨大な幾何学模様を思い浮かべたんじゃないかと思う。

神秘の円盤龍・ネブラディスクを紹介したときも書いたが、オーパーツをモチーフにしたドラゴンを山本プロデューサーに提案し、それが採用されて「5属性に対応したオーパーツを教えてください!」と言われたとき、俺はこう考えた。

(メジャーなオーパーツとマニアックなオーパーツを、バランスよく配分したいな)

と。

マニアックなオーパーツの代表格が、いまスペシャルダンジョンで暴れている闇の神秘龍のモチーフ、ネブラディスクだ。これはきっと一部の人を除いて、「なにそれ」「初めて聞いた」という反応がほとんどだったんじゃないかと想像する。

では、メジャーなオーパーツとは何か?

その名を口にしたとき、老若男女から「それ知ってる!」、「聞いたことある!」、「実物を見てみたい!」という反応が返ってくるオーパーツは、俺が考えるに“ふたつ”しか存在しない。

オーパーツの定義を“誰かが作った工芸品”と限定するなら、もしかしたら今回のモチーフは逸脱しているのかもしれないが、俺がオーパーツ好きになったきっかけであり、「いつかこの絵画の近くに永住して、ずっと眺めていたい」と思わせた少年時代の憧れは、絶対に神秘龍のひとつに加えてほしいと考えていた。

あまりにも巨大で、あまりにも精緻なこれらの絵画を、上空から全体像を把握する術のなかった太古の人々がどうやって描いたのか? そして、何のために……?

もうおわかりですね。南米、ペルーの大地に描かれた巨大な絵画“ナスカの地上絵”が、4体目の神秘龍の正体です。

木属性のドラゴンとして命を吹き込まれた、その名も“神秘の絵画龍・ナスカ”をご覧ください--。

おおおお……。こ、これは……!!

ドラゴン本体の下にあるのは、ナスカの地上絵の中でも有名な“コンドル”だ。大地の怒りがドラゴンに姿を変え、いままさに地上絵・コンドルから召喚されんとしている……。そんな妄想を掻き立てられるイラストではないか……! バールベックアンティキティラ、そしてネブラディスクとも違う、悲しみや怒りといった感情を迸らせているドラゴン……という気がしてならない。このナスカがダンジョンに置かれたら、どんな感じになるのか……? 早く見てみたい!!

この神秘の絵画龍・ナスカは、来週月曜日(9月9日)からスペシャルダンジョンに登場するとのこと!

正式名称:神秘の絵画龍・ナスカ
配信予定:2013/9/9 ~ 2013/9/22

その実力は……? そしてスキルは!? つぎの情報が楽しみでならない!!

 

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)
『パズドラ』のアイテムも付いてます!
『ファミ通App NO.009 Android』9月5日発売!
★Amazonでの購入はこちら!

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧