1. サイトTOP>
  2. 【キャンディークラッシュサーガ攻略12】エピソード10~11の難問クエストを攻略

【キャンディークラッシュサーガ攻略12】エピソード10~11の難問クエストを攻略

2013-08-30 19:30 投稿

▲『キャンディークラッシュサーガ』のまとめサイトができました。

 

エピソード10~11の新要素に注意

エピソード10“ウェハースの波止場”(レベル126~140)では、新たなルール設定となる“キャンディーオーダー”が登場。その名の通りに“オーダーされた指定数だけキャンディーを消去”すれば、キャンディークラッシュが発生してクリアーとなる。ただし、スペシャルキャンディーやミックスもオーダーに含まれる点に注意。スペシャルキャンディーを複数同時に仕込んだりすると……誤爆連鎖で消える最悪の結果ともなりやすい。

さらにエピソード11“ジンジャーブレッドの湿原”(レベル141~160)では、クリーム容器よりも硬い“チョコレートクリーム”が新ギミックとして登場。見た目こそクリーム容器と大差ないけど、実質的な耐久力が“クリームの3倍”。このため、パッケージ×2のミックスを使っても、連鎖を絡めないと1回でギミックを消去できない。

 

▲指定されたキャンディーを消すごとに、カウントが減少する新モード。もちろんスペシャルキャンディーなども、そろえただけではカウントされない。また、チョコクリーム出現の前後から、“移動回数が少ない”シビアな条件ともなっている。

 

※この攻略記事は、iOS版のバージョン1.16.0をもとに執筆しています。

 

【エピソード10:クエスト1】
レベル23[モード:ゼリー/ターゲット:120000]

 

格子状に並んだクリームの下に、濃厚ゼリーが隠されたエピソード2の中級レベル。フィールドが広い上に移動回数も多いけど、スコア稼ぎを意識しないとクリアーできないことも多い。手っ取り早く稼ぐのであれば、パッケージキャンディーかカラーボムをリトライ仕込めばオーケー。ストライプとのミックスでクリームを減らした後は、残ったゼリーを連鎖で消すのが手堅い選択だ。

 

▲出現キャンディーが6色と多いので、手数を抑える意味でも事前にミックスを仕込むこと。運任せのカラーボム+スペシャルより、確実性あるパッケージ+スペシャルキャンディーのミックスがオススメ。発動位置を調整して効率よく消そう。

 

【エピソード10:クエスト2】
レベル40[モード:ゼリー/ターゲット:70000]

 

フィールドを遮る形のリコリスこそ面倒だが、階段部分にゼリーを残さないことを意識すれば……そこまで難しくないレベル。キャンディー配置がタテヨコ入れ替わっているけれど、クエスト1と基本的に同じ方針で問題ない。パッケージキャンディーを仕込む位置は、、リコリスを消去可能なこの辺りがベスト。首尾よく発動の位置調整ができれば、かなり手数を減らしてスコアを稼げる。

 

▲移動回数が30回と少ないので、カラーボムを絡めたミックスか、パッケージ+ストライプキャンディーで手数を短縮。ミックスを発動させる前に、リコリスを消せるだけ消しておくこと。事前にスコアを稼げば、クリアーの確実性も上がる。

 

【エピソード10:クエスト3】
レベル129[モード:オーダー/ターゲット:15000]

 

通常キャンディー×3種類のキャンディーオーダーで、パッと見た感じは簡単そうだけど……移動回数が9回と極端に少なく、キャンディーも追加されない特殊なレベル。下手にミックスねらいで手数を消費してしまうよりも、あらかじめ仕込んだカラーボムで3色に減らしてしまうのがオススメ。オーダーをねらい撃ちで1色分減らせる上に、マッチング連鎖もしやすくなって一石二鳥だ。

 

▲あらかじめカラーボムを仕込む際は、無理してオーダーされた色にする必要はない。キャンディーの色数を減らしたとしても、うまく連鎖しない配置になることもある。こういった場合は……素直に運が悪かったとあきらめて再チャレンジしよう。

 

【エピソード11:クエスト1】
レベル117[モード:材料/ターゲット:70000]

 

落下ポイントが中央のタテ3ラインしかなく、増殖するチョコレートで覆われた超難問レベル。とにかく材料が外側に逸れると厄介なので、できるだけ中央3ライン以外でキャンディーを消さないこと。これさえ守っていれば、セオリー通りでも大丈夫だけど……材料が最上段にあるときは要注意。材料の真下にタテ縞ストライプを作ると……出現位置が凸凹でナナメに落下してしまうのだ。

 

▲クリーム容器に“パッケージ仕込み→ミックス”を隣接させ、チョコレートを封じたまま処理するのが理想的な展開。チョコレートの処理に手間取っていると、目標スコアに届かないので……ある程度は無視して手数の温存を優先した方がいい。

 

【エピソード11:クエスト2】
レベル22[モード:材料/ターゲット:8000]

 

ぶっちゃけて言ってしまうと、“なぜコレがミステリークエストに選出されたのか?”と疑問に思うほど簡単なボーナスレベル。落下ポイントをクリームで塞がれているけど、タテ縞ストライプを使えば1発で落とすことができる。また、目標スコアも8000と低いため、材料を落下させた際のボーナス(10000)だけで達成可能。移動回数が15回と少ない点だけ、注意しておけば問題ない。

 

▲移動回数が少ないと言っても、タテ縞ストライプをリトライ機能で事前に仕込めばオーケー。最短2手で材料の1個目を落とせば、2個目に残りの移動回数を注ぎ込める。目標スコアも1個目で達成できるので、焦らずにじっくり行こう。

 

【エピソード11:クエスト3】
レベル133[モード:ゼリー/ターゲット:70000]

 

移動回数こそ多いが、渦巻き状の狭いフィールドに濃厚ゼリーが配置された難問レベル。フィールド上部でタテ縞ストライプキャンディーを作り、ゼリーのねらい撃ちが基本方針だけど……これだと目標スコアを達成しづらい。かなり運任せになってしまうが、“カラーボム+ストライプキャンディー”で手数を短縮し、残ったゼリーをタテ縞ストライプで消していくのがオススメの攻略法だ。

 

▲カラーボムが仕込めるまでは、とにかくリトライをくり返してねばるのが大安定。カラーボム+ストライプキャンディーで残ってしまったゼリーについては、その真上にタテ縞ストライプキャンディーを作って1個ずつ確実に消去していこう。

 

▲『キャンディークラッシュサーガ』のまとめサイトができました。

 

Candy Crush Saga

メーカー
King.com Limited
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch(第4世代)、iPod touch(第5世代)、及びiPadに対応。iOS 4.3 以降が必要、iPhone 5用に最適化済み。/Androidは端末により異なります。

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧