1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ケリ姫スイーツ>
  4. ステージ攻略>
  5. マシュマロ宮殿>
  6. 【姫さま攻略・その19】難攻不落のマシュマロ宮殿に突入だ!

【姫さま攻略・その19】難攻不落のマシュマロ宮殿に突入だ!

2013-08-02 13:15 投稿

『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

 

先週、ラムネ海岸を襲った空賊を蹴っ飛ばした姫さま。
結果として捕虜を蹴って釈放したわけで……。
今度ばかりは王様とお妃さまにこっぴどく叱られたのであった。
「わかったわよっ。私のせいでしょっ。探すわよ。連れてくるわよ」
もちろん、姫さまひとりで探すわけはなく、
いつもの蹴られメンバーたちによって捜索隊が結成された。

「たしか、こっちに飛んでいったような……」
「この方角は、マシュマロ宮殿だなぁ」
「ああ、あそこはなー。壁とか門とか、邪魔なんだよなあ」
「おい、あれを見ろよ」
「おっ、おおおっ」
「空賊が倒れてるぞ!」

 


▲なんと、キャプテンが仲間になった!

 

「はぁ、はぁ」
空賊は疲れ果てていた。
「なんか弱ってるな……おーい、ウィング、歌ってやれ」
「はいよー。ラララァ……」

「ふむふむ。なるほど……自由になっても仲間にはぐれたままだと」
「さまよっていたら宮殿が見つかったと」
「背中の大砲で船を呼んで、乗り込んだけど……」
「モンスターに返り討ちに遭ったってわけね……
 って、あんた、そのガイコツマスク、取りなさいよ」
激しく首を振る空賊であった。
「姫さま、コイツもしかしたら、本当はイケメンかも」
「なんですって?」
「マスクを取ったら、姫さまに※■◯△×●されると思って怖がってるんですよ」
「なによ、そのビミョーな伏せ字!」
「姫さま、コイツを仲間にしてはいかがでしょう」
「あら、どうして?」
 ちょっとワクワクする姫さまであった。
「我々もマシュマロ宮殿には手こずっていましたし、
 空賊も彼らだけでは勝てない。しかし、我らが力を合わせれば……」
「そうね……」

 


▲マシュマロ宮殿からの招待状に喜んだ姫さまだったけど……。

 

少し前のこと。姫さまに招待状が届いた。
イケメン王子が住むというマシュマロ宮殿からだ。
しかし、出かけてみると、そこはモンスターに占拠されていた!
イケメン王子を救い出そうと進撃したものの、壁と門を破れず撤退した……。

「いいわ、空賊よ、いや、キャプテンと呼んであげましょう
 私たちとともに戦うなら、当分の間は※■◯△×●しないわ」
「よし、そうと決まったら、行きましょう」
「先にメロン砂漠とユーリンチーを討伐して、メンバーを鍛えておいてよかった!」

“キャプテン”は密集した敵に飛び込ませろ

……というわけで、メンバーにキャプテンが加わった。自分のメンバーに加えなくても、そろそろ助っ人リストで見かけるようになったかもしれない。さっそくメンバーに加えて戦ってみよう。

キャプテンのタップスキルは “集中放火の号砲”だ。左から飛空船が現れて、大砲をバンバン撃って右へ去っていく。しかし、攻撃範囲はステージ全体ではなく、キャプテンの周囲に限られる。キャプテンを蹴るときは、敵がまとまっている場所の中央に飛び込ませよう。

 


▲宝船の1ケリ目にキャプテンを使ってみた。王冠が消えた場所が攻撃範囲だ。2ケリ目からは宝箱に集中放火してくれる。

 

ただし、火力は大きいけど集中砲火だから、キャプテンの周囲の敵を全滅させたあとも、ほぼ同じ場所を攻撃しつづける。1ケリ目、2ケリ目でキャプテンを使うと、3ケリ目からは敵のいないところばかり撃ってしまう。キャプテンを使うなら4ケリ目以降に、とどめを刺す感じがいいかも。

 


▲体力が大きい敵に何度も集中砲火を浴びせよう。

 

キャプテンは同じ場所にくり返し攻撃するという特徴を活かして、大型のボスキャラと戦うときに役に立つ。または、1ケリ目を空中の高いところでタップするという戦法がオススメ。1ケリ目は空中の敵を攻撃し、2ケリ目は地上の敵を攻撃。これで広範囲の敵にダメージを与えられる。宝船の攻略に有効だ。1ケリ目は王冠を取り、2ケリ目は宝箱にアタックだ!

 


▲キャプテンを使いこなせば、いままでクリアーできなかったステージも楽勝……かも。

 

マシュマロ宮殿で無駄ケリをなくす方法は?

マシュマロ宮殿は通常ステージの6番目。落とし穴はなくて安心だけど、壁や門などの仕掛けが多く、難易度が高い。壁はダメージを与えると崩れる。高く蹴って飛び越してもいいけれど、飛距離が短くなって敵に届かない。剣士など直接攻撃タイプで壁を崩そう。

 


▲マシュマロ宮殿の難関のひとつは壁。薄い色より濃い色のほうが硬い。剣士の攻撃力が低いと、叩いても崩れてくれない。

 


▲壁を崩せば、メンバーを低い高度で蹴り飛ばし、遠くの敵を攻撃できるぞ!

 


▲高い壁の上に敵。剣士で壁を崩して落とすか、魔法使いを使う。

 

門も同様で、ダメージを与えると開く。門はかなり高い建物だから、どのキャラも飛び越せない。門を開けるためだけに1ケリが必要となるから、ケリ数によるクリアー条件の達成が難しいぞ。ただし、侍はタップスキルで門を突破できる。スナイパーも門や壁越しの遠隔攻撃ができる。キャラの特徴を活かした戦いが大切だ。

 


▲門は攻撃しないと開かない。開かないと門の向こうに蹴り飛ばせない。

 

そこで、マシュマロ宮殿のオススメなメンバーは、Stage1から6までは、剣士、侍、魔法使いだ。門や壁の対策として、剣士をふたり〜3人でメンバーを編成しよう。主人公を剣士、ジョニー、そして助っ人に剣士で剣士3人体制になる。Stage7以降は宮殿の中で、敵が横1列に並ぶパターンが多い。横並び密集といえば侍やガンマンがオススメだ。侍をふたり以上にしておくと戦いやすい。

 


Stage1、Rank5、Battle2。Battle1は敵3体の横並び。定石通りに剣士ひとり目を右端の敵、ふたり目を左端の敵に落とし、2ケリ目でひとり目が中央の敵を倒せば終わる。Battle2でさっそく”壁”が登場する。剣士ひとりで壁の上のモンスターを倒し、同時に壁を崩す。それができないと、このStageのクリアーは難しい。

 


Stage2、Rank5、Battle3。Stage2の敵は空中だ。低い敵は侍でも攻撃可能。ただしNINジャーの手裏剣は素通り。ボス戦のStage4は2本の柱を壊す必要があるから、剣士はふたり以上いないと厳しいぞ。剣士を壁崩しだけに使うのはもったいないから、壁の近くの敵は剣士のつぎの攻撃でやっつけてもらおう。

 


Stage3、Rank5、Battle1。Stage3から “門”に邪魔される。門があるBattleは、門が左側か右側かの2パターン。どちらも先に侍を使う。門が右の場合は門を突破させて、門の向こうの敵を攻撃してもらう。門が左の場合は、門の手前の敵を侍で一掃する。つぎに剣士で扉を攻撃だ。剣士の攻撃力が低いと開かない。開かなければクリアーは難しい。

 


Stage4、Rank5、Battle4。Stage4になると、壁や門の色が濃くなって、耐久力も上がる。ひとつの壁に剣士ふたりの攻撃が必要な場合もある。この場合、壁を叩く前に左の敵を全滅させておこう。壁の右側の攻撃が壁に遮られて届かないから、メンバーが受けるダメージを減らせるのだ。硬い壁に沿って王冠がタテに並ぶんでいるから、剣士は壁の隅を攻撃して、落ちながら拾ってしまおう。

 


Stage5、Rank5、Battle6。Stage5で浮かんでいる球体の敵は、低い位置なら侍の地上からの攻撃でも倒せるぞ。高い位置にある場合、魔法使いのメテオストライクを当てると高度が下がる。そこを侍のタップスキルで切り抜けよう。Battle6のボス戦は門の位置がかなり手前にある。剣士で門をたたくときは要注意。飛距離が短く、アイテムを取ると動きが止まるのでタイミングをつかみにくい。先に侍を突破させたい。

 


Stage6、Rank5、Battle3。Stage6は宮殿の中だ。もう憎たらしい壁や門はない。剣士よりも侍を増やしてチャレンジしよう。敵が狭い間隔で横並びだから、侍をふたり使って、図のように敵を2体ずつやっつける。一撃で倒せない場合、侍は戻って攻撃するかもしれない。倒し残した敵は剣士やガンマンで倒しておく。侍は前進方向で使おう。

 


Stage7、Rank5、Battle4。Battle4の配置は侍と剣士を使うと2ケリで済む。剣士を高く蹴りあげたり、魔法使いを使う場合はシャンデリアに注意。接触したり攻撃が当たると落下し、メンバーに当たればダメージを受ける。

 




▲マシュマロ宮殿のボスはゴーレム。Stage3で大砲型、Stage7でグレー、乱入ボスはゴールドだ。ダメージは共通で顔の部分。剣士で直撃すれば大ダメージを与えられる。

 


▲マシュマロ宮殿を制覇した姫さま。しかし呆然とした表情で目に涙。よほどショックな結末だったらしい?

 

『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

 

ケリ姫スイーツ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧