1. サイトTOP>
  2. 【連載第1回】KCガールズとイチから学ぶ『キングダムコンクエスト2』

【連載第1回】KCガールズとイチから学ぶ『キングダムコンクエスト2』

2013-06-29 02:47 投稿

大人気MMORPG『キングダムコンクエスト2(以下、KC2)』がついに2nd Seasonに突入した。これを記念して、今回から3回にわたって本作の基本から学べる初心者講座をお届け! 本作のイメージガールである“KCガールズ”とともに、遊び方を学んでいこう。

 

KCガールズとは?

『KCII』の2nd Seasonを記念して結成した、鈴木咲・沢口けいこ・林紗久羅・武田あやりで構成される4人グループ。本作の強く・美しくといったテーマをもとに誕生した。

KCガールメンバー紹介

鈴木 咲(すずき さき)
4人の中でもリーダー的存在。あらゆるゲームに精通しており、その知識をもってグループを引っ張っていく。本記事での先生役でもある。

沢口けいこ(さわぐち けいこ)
グループの最年少。最年少ではあるもののしっかりしているが、どこか黒いものが見え隠れすることも……。

林紗久羅(はやし さら)
趣味は筋トレ。その影響もあってか、ゲームでもガッツで乗り切ろうとする熱血タイプ。

武田あやりたけだ あやり)
独特の空気を持っている。おっとりとしたマイペースな性格で、グループ内の癒やし系。

 


KCガールチェック CASE01:『KC2』ってどんなゲーム?

鈴(以下、鈴):いやー、人気のアプリだって聞いてやりはじめたらハマっちゃって、完全に寝不足だよー。

沢口けいこ(以下、沢):何にハマったんですか?

:えっとね、『キングダムコンクエストII』っていうアプリだよ。都市を発展させたり、ダンジョンに潜って魔物とアツいバトルができるんだ。それでね、いつか大陸の王様になることが目的なの。本当に簡単に言うと、こんなところかなぁ。

武田あやり(以下、武):王様……なんだかいい響きですね~。

林紗久羅(以下、林)アツいバトルかぁ。おもしろそうかも。

:じゃあさ、みんなでやってみよう!

--数日後

:みんな、『KCII』楽しんでる?

:うーん、王様への道は険しそうです……。

:起動させたはいいものの、何が何やら……。

:……わからない。

:どれどれ……みんなのデータを私に見せてみて。あれ、まだLv2の領地が取れていないみたいだね。じゃあ、今日は私がみんなの先生になるから、Lv2の領地を取ることを目標に頑張ろう!

 


KCガールチェック CASE02城がぽつんとある場所に投げ出されちゃったんですけど……何をすればいいんですか?

 

:とりあえず“クエスト”に従っておけば大丈夫みたい。私も最初何すればいいかわからなかったけど、クエストをやっていったら自然に覚えることができたよ。だから、どんどん進めちゃおう。

:なるほど……。あ、施設を建てろって出ました。……どこに置いたらいいんですかね。

:施設は後でいくらでも動かせるから、どこでも自分の好きな場所に置くといいよ。

▲“木材工房”“石切り場”“鉄工所”はそれぞれ対象のシンボルの近くに配置すると効果がアップ! 序盤はそれを先に考えて配置していくといいかも。

 

▲施設は資源を投資することでレベルアップするの。レベルアップした施設は効果がアップするから、余裕があればしておきたいところ。
:都市の発展も大事だけど、領地も拡げていかなくちゃね。

:領地ですか?

:そう。『KC2』は、自分の領地をどんどん拡げていくことも目的なんだよ。周りの土地を自分の領地にして、勢力を拡大するの。

:じゃあ私は、この土地が欲しいので、領地にします!

:あ~、そんな離れた土地を選んじゃダメだよ。プレイヤーは、自分の領地の周りの土地しか領地にすることができないんだ。だから都市の周りから領地にしていく必要があるんだ。それにね、都市から離れれば離れるほど魔獣も強力になっていくの。領地はそこの土地にユニットを派遣して、魔獣戦で勝利したら獲得できるから、もっとユニットを強くしていかないと。
▲領地は画面下にある“Reigh(統治力)”の数だけ得られる。統治力は一定時間経過することで手に入るの。
▲地道に領地を拡げていこう。

 


KCガールチェック CASE03:魔獣戦? ユニット?

 

:ユニットは“指揮官”と“魔獣”で構成されたチームのようなものだよ。指揮官のもっている“陣形”におさまるように魔獣をセットして、ユニットを作っていくの。魔獣は……私たちの代わりに戦ってくれるペットのような仲間だと思ってくれればいいかなぁ。戦った魔獣は経験値が入り、一定まで経験値がたまるとレベルアップするから、先の領地を手に入れたかったら、まずは都市の周囲にあるLv1やLv2の土地の魔獣と戦って、強くしていこう!
▲ユニットや魔獣にはコストがあって、入れようとしている魔獣の合計コストがユニットの最大コストにおさまるようにセットする必要があるの。
▲レベルの上がった魔獣は、StatusPointが手に入る。得たポイントは、攻撃力や素早さなど、各ステータスに自由に割り振れるの。魔獣戦は、相手の魔獣数を0にした方が勝利だから、最初のうちは攻撃力にふるのがオススメかな。

:でも、たくさん魔獣がいてどれを選んでいいのかさっぱりです……。

:ユニットを組むためのポイントは、魔獣のもつスキルを考えることが大事。スキルっていうのは、戦いのときに発動して攻撃力を増加させたり、相手の動きを封じたりというような効果を発揮して戦闘を有利にしてくれる特殊能力のことだよ。たくさんの魔獣がいてユニットに入れる魔獣に迷っちゃうかもしれないけど、スキルを考えて魔獣を選ぶようにするといいかもしれないね。ちなみに、私のオススメは“ゴブリンライダー”かな。スキルも自分の攻撃力を大きく上昇させる“アタックスピリット”だから、序盤ではすごく使いやすいの。
▲陣形では後方にセットして、後ろからどんどん攻撃していこう。


KCガールチェック CASE04:“ダンジョン”ってあるんだけど……

:そうそう、そこでは3Dアクションで実際にキャラクターを操作して戦えるんだ。クリアーするとね、なんと魔獣が手に入るんだよー! それにね、スマートフォンとは思えない程しっかり作られてて、遊び始めた頃はダンジョンばかり挑戦してたよ。
▲ダンジョンに挑むためには出撃ポイントが必要で、消費した出撃ポイントは一定時間経過で回復するの。


  ▲ダンジョンクリア後は、プレイヤーに経験値が入る。一定のレベルに達すれば、新たなダンジョンが開放されるんだよ。

:でも、どんな職業で挑戦したらいいのか悩んじゃうな。

:じゃあ私なりに各職業の特徴をまとめてみたから、自分にあった職業を選択しよう。

剣士
▲剣と盾が使える、バランスの取れた職業。盾で攻撃を防ぎながら、魔獣のスキをついて攻撃ができるから、すごく戦いやすいのが特徴だよ。

 

重戦士
▲移動速度は遅いけれど、余りある攻撃力で敵を粉砕できるパワーを持っているの。そのパワーに頼って最初は力押しでもクリアーできるけど、後半になってくると敵も強力になってきて、回避とかを使いこなす必要があるから、どちらかというと上級者向けの職業かな。

 

魔導士
▲魔導士はその名の通り、魔法を使った遠距離攻撃が得意。レベルが上がれば範囲攻撃も覚えるし、魔法の見た目も派手だから使っていて面白いかもしれないね。

 

忍者
▲スピードがあって、圧倒的な手数で攻めることができちゃう。背後から攻撃したり、ステータス異常の相手に攻撃したりすると大ダメージを与えられるといった、トリッキーな攻撃が魅力だね。

 

僧侶
▲職業中、唯一回復魔法が使えるのが特徴かな。防御力は低いけど、攻撃して回復といった戦い方ができるから、特にこれから『KCII』を始める初心者にはオススメの職業だよ。

:ちなみに、ダンジョンは最大4人まで一緒にプレイすることができるんだよ。そうだ、ちょうど4人いるんだし、ちょっとやってみない?


KCガールチェック CASE01同盟に入って仲間を増やそう

 

:ゲーム内容についての質問は以上かな。みんな、わかってくれた?

:はーい!

:本当かなー? じゃあもう一度データを見せてみて。
……おー! みんなちゃんとLv2の領地まで手に入れているね。

:領地やユニットについて教えてもらったからね。それに、4人で遊んで、強力な魔獣も手に入ったのがよかったかな。

:そうですねー。

:これで脱初心者だね! そんなみんなに最後にひとつポイントを教えちゃおうかな。それは、“同盟”。同盟を組めば、ほかの『KCII』を遊んでいるプレイヤーと協力関係を結ぶことができるの。同盟では掲示板を使って情報のやりとりもできるから、熟練プレイヤーの同盟に入ればいろいろなテクニックなんかも教わることができるかもしれないよ。私も実はいろいろ教わっていたり……!

:なるほど……それなら私にもできるかもしれない。

:ありがとうございます。なんだかできそうな気がします!

:私もがんばれるかも!

:そういってもらえると、教えた甲斐があったってもんだよ。よし、じゃあ今日教えたことを活かしてさらに『KCII』を楽しもうー!

次回に続く

 

[関連記事]
【まとめ】『キングダムコンクエスト2』関連ページ一覧

キングダムコンクエスト2

メーカー
セガ
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone / iPad / iPod touch & Android搭載スマートデバイス

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧